• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2019.04.09

来客の多い古着店 vol.15ヘイト&アシュバリー

今回の来客の多い古着店は、世界的な某海外誌でも紹介されるなど、東京のビンテージマーケットを牽引するヘイト&アシュバリー。古着店が増え続ける下北沢でも、27年前の創業時から変わらない人気で、多くの古着ユーザーを虜にしている。その魅力に迫ってきた。

海外の有名デザイナーも熱視線を送る孤高の古着店!
下北沢駅から徒歩3分ほど、古着店が集中する1番街に、赤いハイヒールの看板が目印となっている1件の古着店が存在ある。それがヘイト&アシュバリーだ。アンティークからハイブランドのビンテージ古着、さらには低価格なものまでと幅広く商品を展開。独特なセレクト目当てに、芸能人やスタイリスト、海外の有名デザイナーまでもがこのお店にやってくる。世界的な海外ファッション誌でも取り上げられたことがあり、その認知度は言わずもがな。今回はそんな有名店のバイヤーである定常(さだつね)さんにお話しを聞いてきた。 

NEXT

2/6PAGE

同店イチオシはコレ!

 
今季、注目してもらいたいのはダブルのジャケット

「NYの'80年代初期のバンドシーンを意識して、HIPHOPが生まれる前のストリートものをたくさん買い付けました」と意気揚々に話してくれた定常さん。「わざと大きめに着るテイラードが当時の一大トレンドとなっていましたよ」と言う。肩の位置が落ちるそのサイジングは今の時代と完全にマッチする、ゆるいテンション。同店ではスラックス合わせや、キレイめなデニムパンツと合わせることを推奨しているそうだ。


定常さんに試着をしてもらった。ダークトーンのダブルジャケットなら、大人度も自然と上昇。そのほかにも春らしい淡いカラーリング、絶妙なニュアンスの霜降り色のものなど、数多くのダブルジャケットが店頭に並んでいる。 

7800円

7800円

7800円

9800円

  
NEXT

3/6PAGE

流行だって押さえてます!

 
ワイドの次はフレアがくる予感! ここではデニムに絞ってお届け!

「数年前からリーバイスの517や646だったり、フレアのシルエットはつねに探していました。日本のストリートではじわじわ人気が出てきたので、今季は多めに仕入れてきました」と語る。リーバイスの名品やデッドストックものなど、しっかりと古着として価値のあるものをセレクト。'70年代初期から'80年代の後半のものが中心となっている。短丈のブルゾンなどを合わせ、上下でメリハリをつけて着こなすのがオススメだそう。

リーバイス517/1万2800円

'80年代のリーバイスのデニムパンツ/1万2800円

  
NEXT

4/6PAGE

下北一と自信があります!


下北沢で一番取り扱いの多いウエスタン系アイテム!

「ウエスタンシャツやウエスタンジャケットなどさまざまなタイプを展開しています。数十枚はあると思うので、ほかの店舗に比べるとその数は圧倒的に多いと思います」と話す。落ち着いた雰囲気のものばかりで、普段使いで取り入れても何ら問題はなさそうだ。

'50年代のウエスタンジャケット/1万4800円

'70年代のウエスタンジャケット/1万1800円

'80年代のウエスタンシャツ/1万1800円

  
NEXT

5/6PAGE

トップスやパンツだけではない!

 
アクセサリー類にもこだわりが光る!

「しっかりと本国であるアメリカで買い付けを行っているからこそ、手に入るのがバングルやブレスレット、リングなど。うちではインディアンジュエリーやメキシコのものを中心に集めています」と話す。5000円代から3万円代のものまで、さまざまな形や色みを取りそろえる。中にはバイヤーである定常さんが、交渉の末に譲ってもらった思入れのものなどもあるそうだ。 

右から1万1800円、3万4000円、1万4800円

すべて1万6800円

 


定常さんに試着してもらったが、コーデの中でアクセントに活躍してくれる。シンプルなニットに合わせても、同店のアクセサリーならシャレたムードを簡単に醸せそうだ。 
NEXT

6/6PAGE

気になる人はまずは足を運んでみて!


インパクト大なオブジェを発見! 

店内にはアメリカで買い付けてきたという巨大なキノコのオブジェがある。ヘイト&アシュバリーのシンボルとして、長い間お店に飾られている。また、ここで働くスタッフの方達は、古着の知識に長け、人当たりのよい人ばかり。なにかわからないことや、アイテムについて知りたいことがあれば、そんな店員さんたちにアドバイスをもらってみてほしい。そうすればもっと古着のことが好きになるはずだ。

ヘイト&アシュバリーなら古着の選択肢が広がるはず!

サンフランシスコにルーツを持つお店だけに、エントランスはどこかアメリカチック。アメカジの定番品から独特なアイテムまで、古着好きのお腹を満たしてくれるセレクト力が魅力だ。詳しいアイテムの詳細や買い付け時の状態なども、SNSやブログなどで頻繁に公開しているからチェックしてもらいたい。音楽・演劇、そして古着があふれるカルチャータウンである下北沢で圧倒的な存在感を放つこのお店に、まずは足を運んでみてほしい。

INFORMATION

●HAIGHT&ASHBURY(ヘイト&アシュバリー)
TEL:03-5453-4690
住所:東京都世田谷区北沢2-37-2 2階
営業時間:13:00~21:00(月〜金)、12:00~21:00(土日・祝)
インスタグラム:@haight_tokyo
ブログ:メンズブログ
※掲載されている商品はすでに売れてしまっている可能性がございます。ご了承頂けますと幸いです。

ほかにも気になる「来客の多い古着店」はコチラ!

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.01パッカブルバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.01
パッカブルバッグ

専属モデルの杉野遥亮がディーゼルの新作バッグの中からとくにオススメのものをレコメンドする新連載! 第1回目はあると何かと便利なパッカブル仕様のバッグ。ただ、この手のアイテムってちょっとチープに見えがちなのが難点。しかし、そこはディーゼル。ミリタリーアイテムに見られるミルスペックようなラベルを採用したり、ビンテージ感ある風合いの素材使いでそんなふうには見せないのがすごい!

シーンに合わせた時計選び1週間コーディネート術
PR

シーンに合わせた時計選び
1週間コーディネート術

T.P.O.S.に合わせたスタイルでラインナップしているのが、〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチの魅力。仕事のある平日からオフの休日も、それぞれのシーンに合った1本がきっと見つかる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10

ページトップへ