• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2020.12.28

超特急FASHION DICTIONARY vol.50超特急カイ・ユーキ・タカシmeets MILITARY OUTER

みなさんにとって、2020年はどんな1年でしたか? ライブやイベントは軒並み中止になり、我らが超特急にも会いにいけないという日々が続きました。そんななかでもこのFINEBOYS Online連載『超特急FASHION DICTIONARY』では、いつもと変わらずおしゃれでカッコイイ5人を見ることができたはず! 来年はきっと当たり前の日常が戻ってくることを、そして今年のぶんを取り返すくらい楽しいことができることを期待して……! まずはファッションの予習をしておこう。今月のテーマは「ミリタリーアウター」。登場するのはカイ、ユーキ、タカシだ。

BULLET TRAIN No.2 KAI 

Monster Parka


【Monster Parka/モンスターパーカー】
「モンスターパーカー」とは通称。特殊部隊のみに供給された保護戦闘服『PCU(Protective Combat Uniform)』に属する1着で、極寒地において最高峰の機能を発揮するミリタリージャケットだ。特徴といえば、装備の上からでもはおれるようにかなりのビッグシルエット。さらに外気の侵入を防ぐため背面はお尻が隠れるくらい長丈で、首まわりはスタンドカラーで外側に配されたジッパー内にはフードを内包している。袖口は冷気をしっかりシャットアウトできるように、ゴムとテープの二重構造のアジャスター仕様。胸部の少し下部にはジッパー付きのハンドウォーマーポケットを装備……と、とにかく-46℃という極寒地での活動を想定したディテールとなっている。当然、タウンユースとして着るのなら、特殊部隊のように着込む必要はなくインナーは薄手でもOK。このダボッとしたシルエットが、意外にも今のトレンドとマッチしているよね!

■KAI Coordinate
カイが着てるのって「モンスターパーカー」だよね!? 本来武骨になるはずのアウターなのに、なんてスタイリッシュ!! ダボッとした防寒アウターもカイにかかるとすーぐ今っぽくなっちゃうんだよなぁ~。だってピンクのパンツ合わせるんだぜ、チョーおしゃれじゃん。こういうオーバーサイズのアウターって、けっこう難しいんだけどなぁ~。カイの"着こなし力"はホント勉強になるわ。

 
■KAI Interview
──ミリタリーアイテムは好き?
「レディメイドというブランドがあるんですけど、軍服を解体し、新たにパーツを組み合わせて再構築した洋服を作っていて、そこに反戦争のメッセージ性を含んでいるんです。そういうスピリットは好きだなと思います」

──今日はおったモンスターパーカーはどうだった?
「うん! すごく暖かいから、真冬も平気そう。防寒性は重要ですよね。ミリタリーアウターって、風を通さなかったり、防水性があったりと、機能面でタフだからいいと思う」

──私服ではどんなミリタリーアウターを持ってるの?
「真っ黄色のB-3を持っています。ミリタリーアイテムというと、だいたいカーキやベージュが多いけど、そこはあえて鮮やかな色を選んでみました。中はシンプルにTシャツを着て、ボトムはデニムが定番。さらっと合わせるのが自分流です!」

NEXT

2/3PAGE

ユーキのB-3

 

BULLET TRAIN No.5 YUKI 

B-3


【B-3】
「B-3」とは、1930年代に登場した米陸軍航空隊の爆撃機搭乗員たち向けのフライトジャケットのこと。-30℃~-10℃の寒冷地用のウエアとして、当時もっとも優れた防寒素材であった羊の毛皮「シープシアリング」を取り入れたモデル。彼らは極寒の空中でもヒーターなしで飛行するため、「B-3」は毛足の長いムートンを使用したり、グローブをしたままでもつかみやすい大型のジップ、酸素マスクを取り付けるタブといった独特なディテールも。とにかくヘビーデューティで抜群の保温性を誇る"ボマージャケット(ムートンボアを使用したフライトジャケットの総称)"である。この「B-3」は数々の映画で登場したことから、近年ではデイリーウエアとしても浸透してきている。

■YUKI Coordinate
"高低差ありすぎて耳キーンなるわ!"ってツッコミ、こういうときに使うんだね。かわいい系のユーキがはおるワイルド系「B-3」! ギャップすごすぎ! 女子がドキーッ!ってなるやつ。しかもユーキって、真っ黒コーデとかちょっと奇抜なアイテムが似合うのが知ってたんだけど、こういうアメカジってなんか新鮮でずっと見てられるじゃん。 

 
■YUKI Interview
──B-3は最近街でも着ている人が増えたよね。
「モコモコで暖かいしイイですね。ちょっとかわいらしい雰囲気なのが、ミリタリーの武骨なイメージを和らげてくれている! 今回のミリタリーアウターの中では一番気に入ったかもしれないです。ただ、ミリタリーテイストの自分ってすごく新鮮。好きなんですけど、迷彩のイメージが強くて私服で着るのが難しいなと思っていました。迷彩柄じゃなくても、こうやって取り入れられるんですね!」

──”これがミリタリー?”っていうのとかあるんだよね。
「ミリタリーって定義が難しい……ライダースジャケットはミリタリーではないんですよね? Pコートも着てみたいと思っていたんですけど、これはミリタリーアウターに分類されるって知ってびっくりしました。ちょっと上品で大人っぽい印象だったから余計に!」

──Pコートはもともと水兵や船員が着ていたから軍モノなんだなぁ。じゃあ、今愛用しているアウターってどういうの?
「赤のロングコートを3〜4年愛用しています。丈夫だし、すごくかわいいんですよ。なんだかんだで毎年それを着ちゃうんですよね〜。赤って言ってもちょっと暗めの落ち着いた色味なので、意外と合わせやすいんです。コートってやっぱり大きな買い物だから、これからも気に入ったものを長く着てあげたいですね!」

NEXT

3/3PAGE

タカシのM-65

BULLET TRAIN No.7 TAKASHI 

M-65


【M-65】
「M-65」といえば、VOL.49でタクヤが着用した「MA-1」と並ぶ人気の高いミリタリーアウター。デザイン性や機能性の完成度の高さから、ファッション業界にも影響をあたえ、今では秋冬の定番として毎年のようにアパレルブランドから「M-65」タイプのジャケットがリリースされているほど。そもそも「M-65」とは、朝鮮戦争で使用されていたM-51フィールドジャケットのアップデート(後継)として1965年に誕生したミリタリーアウター。1965年から2008年までの40年以上という長い間アメリカ軍の現用戦闘服であった。それほどに傑作のフィールドジャケットともいわれている。今ではタウンユース用にデザインされたものも多い。

■TAKASHI Coordinate
視界に入った瞬間から男前です、はい。タカシといえばキレイめ系ファッションは得意だし、その長身を生かしたモードっぽい格好もイメージあるけど、「M-65」を着たミリタリースタイルって相当レアなんじゃないかぁ!? なんなら、この連載でしか見れない着こなしなのでは! だからさ、この目にその目に焼き付けようじゃないか。

 

■TAKASHI Interview
──N-65、着てみてどうだった?
「ベーシックなタイプで合わせやすそうですよね。気楽にはおるだけで完成されたスタイルが作れると思う。それに、秋と冬、季節をまたいで使い倒せそうだなと思いました。ほかには、ユーキが着ていたフライトジャケットのB-3もかっこよくて着てみたいと思いました! 僕、いろんな年代のミリタリーアウターを見るのが好きなんですよ」

──じゃあ、持っているアウターも古着?
「それが、興味はあるんだけど、実際に手に入れたことはないんです。だけど、流行に流されない普遍的な部分に憧れがあるんですよ。ミリタリーってバックボーンがあるじゃないですか。そういう観点で服を選びたいんですよね。それに、年季が入っているものほど、ストーリーを感じるし、どんな人の手に渡って今ここにあるんだろう?って想像できる! 気に入るものに出会えて、自分の元へやってきたら、きっとボロボロになるまで大切に着ると思います」

超特急FASHION DICTIONARY vol.51は1月18日(月)! 乞うご期待!

INFORMATION

■今までの連載記事はコチラ!
超特急FASHION DICTIONARY

■超特急プロフィール
カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシの5人からなるメインダンサー&バックボーカルグループ。現在発売中の新曲「Asayake」は、冬の訪れをきらびやかに彩るような極上のポップチューンになっている。

■超特急オフィシャルサイト bullettrain.jp/

■超特急インタビュー
【2020年の集大成】超特急の今。~新曲とライブとファッションと~

■衣装クレジット
カイ/ワイルドシングスのコート3万6000円(ビーミング ライフストア バイ ビームス コクーンシティ店)、ラングラー フォー ティーケータケオキクチのシャツ1万4000円(ティーケータケオキクチ)、キートのパンツ2万4000円(ティーニー ランチ)、キーンのシューズ1万7000円(キーン・ジャパン)
ユーキ/ヴェイパライズのジャケット6万5000円(ビームス 原宿)、ビーミングのシャツ7200円、カットソー2900円(ビーミング ライフストア バイ ビームス コクーンシティ店)、その他スタイリスト私物
タカシ/アルファ インダストリーズのジャケット2万6800円(アルファ インダストリーズ(エドウィン))、ビーミングのニット7900円(ビーミング ライフストア バイ ビームス コクーンシティ店)、クルニのパンツ2万7000円(シアン PR)、その他スタイリスト私物

●撮影/杉江拓哉(TRON) スタイリング/小島竜太 ヘア&メイク/池上 豪、横山雷志郎

Welcome to Men's Cosmetics Park!ようこそ、メンズコスメパークへ。
PR

Welcome to Men's Cosmetics Park!
ようこそ、メンズコスメパークへ。

2019年の春に初めて開催され、以降順調に回を重ねている「ロフト コスメフェスティバル for MEN」。この春、ついに4回目となるメンズコスメの祭典には、最新のコスメが集結! ロフト先行商品にも注目だ。

〈ウーノ〉の新スキンケアをレインボー池田直人が体験!男の肌トラブルを未然に防ぐ、乾燥対策の新知見とは!?
PR

〈ウーノ〉の新スキンケアをレインボー池田直人が体験!
男の肌トラブルを未然に防ぐ、乾燥対策の新知見とは!?

毎日真面目にスキンケアをしているのに、なぜか乾燥やベタつきが発生してしまう……。そんな悩める男の肌をサポートするアイテムが、〈ウーノ〉から登場。その魅力を、美容男子代表のレインボー池田直人がいち早く体験!

ディーゼルのスニーカーと杉野遥亮のイイ関係。
PR

ディーゼルのスニーカーと
杉野遥亮のイイ関係。

デザイン性の高いシューズは何足でも欲しくなる。ただ、そのシューズを上手くスタイリングに組み込めるかが重要なポイント。連載2回目は、都会顏のモノトーンシューズを俳優・杉野遥亮がスポーティな格好に落とし込んでいく。春らしいさわやかなコーディネートは必見だ!

〈アベイル〉の店舗はすぐそばにある!流行のアイテムはコスパよくゲットしたい!
PR

〈アベイル〉の店舗はすぐそばにある!
流行のアイテムはコスパよくゲットしたい!

トレンドに敏感なアパレルショップ、アベイル。全国に300店舗以上を構え、調べれば意外と近くにある。今までお店を通りすぎていた人も、ぜひ立ち寄ってみてほしい。店内に並んだ洋服のラインナップを見れば、クオリティとデザインのよさに感心しつつ、何よりプライスにも驚くはず。さまざまなブランドが扱われているから、こだわりに答えてくれる服がきっと見つかる! 春夏の服はアベイルで探して、賢くゲットしちゃおう!

〈スーツセレクト〉今に寄り添うビズスタイルニューノーマル時代の仕事服、リアルビジネスカジュアル。
PR

〈スーツセレクト〉今に寄り添うビズスタイル
ニューノーマル時代の仕事服、リアルビジネスカジュアル。

多様化するビジネスシーン。ルールに縛られない自由な着こなしが容認される社会において、仕事着の選択肢も広がった。〈スーツセレクト〉が提唱する“リアルビジネスカジュアル”は、そんな時代の空気感を巧みに表現。人気俳優の杉野遥亮がモデル登場する短編ムービーは、FINEBOYS+plus SUITとスーツセレクトのコラボ第8弾。働く人に寄り添うニューノーマルスタイルを、動画でも要チェック!

フランスのプレミアムブランド、〈LACOSTE〉の新作に注目!スポーティなのにエレガント。大人が履きたいレトロな靴
PR

フランスのプレミアムブランド、〈LACOSTE〉の新作に注目!
スポーティなのにエレガント。大人が履きたいレトロな靴

僕らが思い浮かべるフランスのイメージといえば、エレガントなエスプリに富んでいて、でもキメすぎていない、そんな感じ。ラコステの新作はまさにそれを体現している。紳士のスポーツ、テニス由来の上品かつスポーティといったDNAを感じながら、大人ならではのカジュアルスタイルを楽しもう。

オンラインで完結! ワンランク上の着心地を〈ソルブ〉で手にいれる!成功を収めるオーダーシャツの秘密に迫る。
PR

オンラインで完結! ワンランク上の着心地を〈ソルブ〉で手にいれる!
成功を収めるオーダーシャツの秘密に迫る。

2018年からサービスがスタートして以来、ビジネスパーソンを中心に高い評価を集めているオーダーシャツブランドの〈ソルブ〉。数多く存在する同業者との違いはどこにあるのか? またオーダーシャツの魅力とは。その秘密に迫った。

永久不滅の〈CONVERSE〉から話題の新作が続々とリリース!名作こそ「ディテール」と「快適性」を楽しもう!
PR

永久不滅の〈CONVERSE〉から話題の新作が続々とリリース!
名作こそ「ディテール」と「快適性」を楽しもう!

いつの時代も服好きを魅了するオールスターとジャックパーセル。名作と言われつつも、毎シーズン進化を遂げ、ボクらを楽しませてくれる。そんな中で今季注目したいのは、ツボをついた「ディテール」と、気の利いた「快適性」だ。安定感はそのままに、トレンドを汲んだプラスαなこだわり。名作の“最新作”を履きこなせば、必然的に差もつくはずだ。

靴好きをアツくする〈Mizuno〉の復刻と新モデル大人の足元にはノーブルなグレーが合う
PR

靴好きをアツくする〈Mizuno〉の復刻と新モデル
大人の足元にはノーブルなグレーが合う

ファッションシーンで安定感を保つランタイプ。レトロで落ち着いた顔つきと、それでいて軽快さのあるデザインは、感度の高い大人から、継続してこの先も愛されるだろう。そこでオススメしたいのがミズノのシューズ。グレーを纏った今季の新作は、都会的な着こなしをフックアップしてくれる。上品スタイルもラフな着こなしも、"ミズノのグレー"が着こなしのワガママをまとめてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.3
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.16
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.35
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2021春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.19
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.2は10月23日(金)発売!
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.34
FINEBOYS どんな日常にもスニーカーは必要だ!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ20-21秋冬
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 CAMP

ページトップへ