• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2021.12.28

超特急FASHION DICTIONARY vol.74超特急タクヤ・ユーキ・タカシ meets BOOTS

今シーズンの足元事情でいえばスニーカーよりはレザーシューズ! サイドゴアブーツが流行アイテムということもあり、冬はブーツをたくさん履きたい! なので今月のFINEBOYS Online連載『超特急FASHION DICTIONARY』は、「ブーツ」をテーマに超特急が冬に真似したいファッションに挑戦。まず登場するのはタクヤとユーキとタカシ!

BULLET TRAIN No.4 TAKUYA

MOUTON BOOTS


【Mouton Boots/ムートンブーツ】
代表的なブランドUGG(アグ)人気の効果もあり、秋冬の定番となった「ムートンブーツ」。もともとは羊の毛皮で作られたブーツを差し、"ムートン"とはフランス語、"シープスキン"は英語でどちらも羊毛を意味する。とにかく暖かく、シープスキンブーツが生まれたオーストラリアでは農夫を中心に愛用されていた。しかし近年は海外セレブが履き始めたことをきっかけにファッションブーツとして流行。その丸っこくかわいいフォルムは足元にアクセントをあたえてくれる。

■TAKUYA Coordinate
今までは「ムートンブーツ」は女のコがはくのがかわいいと思っていたほうなんだが……今回で撤回します(簡単に)! だって見てよ、タクヤの「ムートンブーツ」かわいくね? 超かわいくね? あ~今冬は旬の「サイドゴアブーツ」買おうと思っていたのに、タクヤが悩ましてくる……!

 

■TAKUYA Interview

──タクヤの足元の定番ブーツは? 
「ブーツって大好きなんです。毎年冬には欠かせないファッションアイテムですね! サイドゴアやレースアップも持っているし、ヒールが少し高いものもよく履いています」 

 ──ブーツを選ぶときの基準は何? 
「デザインが気に入っても歩いていて疲れちゃうのは残念だから、履きやすさをまずチェックします。サイドジップだとラクでいいかな。フロントの形も大事で、80年代や90年代に流行したようなスクエア形のブーツがタイプです」  

──私物のブーツで一番気に入っているアイテムを教えて! 
「メゾン マルジェラのタビブーツは色褪せないかわいさがありますよね。王道のジェンダーレスアイテムでもあると思います。ヒールが高いものも人気があるみたいだけど、これについてはローヒールのほうが自分好みかな。案外合わせやすいので、気になっている人がいたらぜひ試してみてもらいたいです」 

NEXT

2/3PAGE

ユーキのヒールブーツ

 

BULLET TRAIN No.5 YUKI

HEEL BOOTS


【Heel Boots/ヒールブーツ】

「ヒールブーツ」といえば、少し前までは女性の需要のほうが圧倒的であった。しかし、近年ではメンズ人気が一気に加速! 女性の「ヒールブーツ」はヒール部分が細くて華奢なものが多い一方で、男性の「ヒールブーツ」はヒール部分が太くてだいたい5cm以上のものが多い。"ヒール"といっても安定感もあり、じつはかなり履きやすい。スタイルアップを狙えるだけでなく、エレガントでセクシーな印象にもなれる。今ならフレアパンツと合わせるのがオシャレだ。

■YUKI Coordinate
ユーキよ、ナチュラルすぎる……!「ヒールブーツ」って履くまでが抵抗あると思うんだけど、ココまで自然に履かれると『俺もマネしちゃお~』ってなる。もともと細くてスラッとしてるユーキの脚だけど、さらに脚長効果! 「ヒールブーツ」はこう履くんですよ~みなさん。

 
■YUKI Interview

──上品なヒールブーツが似合うね!
「ちょうどこういうデザインのブーツを探していたところでした! ブーツってこれまであまりプライベートで履いてこなくて、唯一愛用していたのもドクターマーチンの定番モデルくらい。でも最近、こういうスタイリッシュなデザインがけっこう使えるよと友人にオススメしてもらって。めちゃくちゃ興味があります!」

 ──それはナイスタイミング!
「僕自身があまりオシャレに詳しいわけじゃないので、まわりのオシャレな人に影響されていますね(笑)。今すごく欲しいのは、アンクル丈のブーツ。靴下をちらっと見せたり、少し短めのパンツを合わせるとかわいいかなと思っています」

NEXT

3/3PAGE

タカシのレースアップブーツ

 

BULLET TRAIN No.7 TAKASHI

RACE UP BOOTS


【Race up Boots/レースアップブーツ】
「レースアップブーツ」とは、ひもで編み上げて締めるタイプのブーツの総称。基本的には前で、レディースものになると側面にデザインがあるのものも。ひもなしのブーツと比較してパッと見のインパクトは抜群。ひもの色や結び方をアレンジしても楽しい。代表的なブランドでいうと、ドクターマーチンの"8ホール"は、8つのシューレースで締めあげた「レースアップブーツ」で、最初に買うならオススメしたい。

■TAKASHI Coordinate
『180㎝大人っぽく成長中』のヤデちゃん。セットアップに「レースアップブーツ」を合わせるなんて……。聞いてないぞ!カッコよすぎるぞ!こういう格好したかったぞ! ちょいとタカシさん?最近男前度アゲまくってません? どうか俺らを置いていかないでくれ。

 

■TAKASHI Interview

──タカシはレザーブーツが好きなんだよね? 
「革靴、よく履きますよ! とくにレースアップは僕の中の定番です。ブーツを選ぶときは履きやすさを見極めるのはもちろん、今の状態から履き込んで、どんな風にエイジングしていくのかも考えます。ちょっとマニアックかもしれないけど、歩いたときや足の甲の部分を曲げたときにどんな風にシワが入るかを確認するんです。そうやって長く愛用できそうなものを見つけていく感じです!」 

 ──その選び方、参考にしたいな! レースアップ以外で気になったアイテムはどれ? 
「エンジニアブーツを買いたいなと思っていろいろ調べてるところなんですよ。今日みんなが試したブーツの中でも、ずば抜けて男の憧れ感が強いアイテムかもしれませんね! 僕が欲しいなと思ってるのは少し短めのタイプなので、ベタかもしれないけどちょっと太めのデニムにビッグサイズの革ジャンを羽織るとか、武骨な男っぽいファッションに合わせてみたいです。それ以外にも、プレーンなブルゾンとか、ムートンジャケットとも相性がよさそうだから、幅広いテイストにハマりそうですよね」 

超特急FASHION DICTIONARY vol.75は1月18日(火)! 乞うご期待!

INFORMATION

■今までの連載記事はコチラ!
超特急FASHION DICTIONARY

■超特急プロフィール
カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシの5人からなるメインダンサー&バックボーカルグループ。現在、新曲「같이 가자」(読み: カチ カジャ)、「Добрый день(読み:ドーブリジェン)」が配信中。さらにニューアルバム『Dance Dance Dance』が発売中! また2022年4月より、デビュー10周年を記念した全国ホールツアー「BULLET TRAIN 10th Anniversary Tour 2022『Progress』」を開催予定!

■超特急10周年特設サイト bullettrain.jp/10th-Anniversary/

■超特急オフィシャルサイト bullettrain.jp/

■衣装クレジット
タクヤ/オーベットのコート10万4500円(ラウムス)、ソフネットのシャツ2万4200円(ソフ)、シックストックスのカットソー1万7600円(ノーデザイン)、パンツ2万7500円(カイコー)、アグ®︎のブーツ2万5300円(デッカーズジャパン)
ユーキ/ワンジー5万1700円(ワンジー ワークウェア & ユニフォーム)、ビームスのパンツ1万2100円(ビームス 原宿)、シューズ1万6500円(ティーケータケオキクチ)、その他スタイリスト私物
タカシ/コントローラのジャケット6万8200円、パンツ3万5200円(ともにシアン PR)、レッドウィングのシューズ5万490円(レッドウィング・ジャパン)、その他スタイリスト私物

●文/渡辺 愛 撮影/杉江拓哉(TRON) スタイリング/小島竜太 ヘア&メイク/スギノトモユキ(NICOLASHKA)、岩下倫之

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しいコーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間
PR

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しい
コーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間

今日もお気に入りの〈ニトリ〉のボトルにコーヒーを入れ、リュックに詰めて出発── 自転車に乗って家から少し離れた公園へ。ここでコーヒーを飲みながら課題をするのが最近のルーティン。まさに僕だけの特別な時間だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.21

ページトップへ