• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.02.14

イケてるヘアを作る美容師ってどんな人? vol.11美容師名鑑<OLTA(オルタ)・後藤 泰さん>

ヘアスタイル連載「人気美容師に聞く!モテ髪理論」と連動して、勢いのある美容師にインタビューするこの企画。第11回目は、若手俳優やモデルも訪れる隠れ家サロン・OLTA(オルタ)のオーナー後藤 泰さん。彼のお店には、つねに最先端のヘアスタイルを求める、トレンド意識の高い人々が集まる。そんなサロンを作り上げた後藤さんって、一体どんな人なんだろう? 美容師になったきっかけから、気になるアレコレをぶつけてみました。

■OLTA(オルタ)・後藤 泰さん
原宿にあるサロン・OLTA(オルタ)のオーナー。雑誌をはじめとするメディアでも活躍するほか、ひとりひとりの個性を大切にするヘア提案で、若手俳優やモデルからの信頼も厚い。趣味はカメラ。

■このヘアを作った人!
モテ理論では高感度なウルフヘアを提案。服との相性を考慮したシャレ感や、まわりと差がつく個性的な雰囲気を打ち出し"モテ"へとつなげた。
人気美容師に聞く!モテ髪理論vol.11を読む

■人気美容師・後藤さんにインタビューみんなと同じがカッコイイじゃない、
人の色を尊重できるサロンが理想

―――以前は人気ファッション誌の読者モデルとして注目を集めていた後藤さん。彼のサロンは原宿の路地裏にひっそりと佇み、柔らかでゆったりとした空気が流れている。

「前に働いていたサロンで店長を務めるようになったとき、いつか自分の店を出したいと思うようになりました。今、4年目を迎えたところです。コンセプトは……言葉にして説明するのが難しい(笑)。たとえば、このサロンはこのスタイルが有名!っていう打ち出し方のサロンが世間には多いと思うんですけど、オルタは違うのかな。お店のスタイルを決めて、お客さまをそこに無理やり当てはめていくのはもったいないと思っていて。人はそれぞれ違う色を持っているので、その色に柔軟に対応できるサロンでありたいと思っています。そうすることでいろいろなお客さまが来てくれたらいいなと」

―――どんな個性も受け止めてくれる、それが若い役者やモデルから支持を集める理由のひとつなのかもしれない。

「若い子は”こうなりたい”というエネルギーが強いから、僕が刺激を受けることも多くて。それこそ、ここで髪を切っている子が着実にステップアップしているのをそばで見ていると、その子たちに”俺の担当はイケてる美容師だぜ"って思い続けてもらえるようにがんばらなきゃなと、背筋が伸びることもありますね」

仕事中のファッションは、基本的にラクな格好。動きやすさを重視しています。ファッションに興味を持ち始めた高校生のころは、まわりの人と同じ格好をしたくないっていう気持ちがあって。オアシスっていうバンドが好きだったんですけど、ボーカルのノエル・ギャラガーの真似をしてティアドロップのサングラスを学校にかけて行っていました。完全に黒歴史です(笑)

コンタックスのカメラです。デジタルやコンパクトも持っていますが、これが一番好きですね。ここのお店を出すくらいから、作品撮り用として本格的に使うようになりました。自分で作ったヘアスタイルをより納得いくかたちで写真に残したいと思い、自分でも写真をやってみようと。そしたらカメラ自体にものめり込んでしまって、星を撮りにいくようになったり。素人ながらに楽しんでいます。

 

―――トレンドの一歩先をいくセンスで、さまざまな方面からの信頼も厚い。だが、美容師になるまでには紆余曲折があったそう。

「23歳くらいまでフリーターをしていて、社会に出て働き始めたのが遅かったんです。なのでまわりの同世代より出遅れている自覚があって、早く一人前になりたいと思い美容師になりました。それまでは夢がありすぎてふわふわした生活を送っていたので、このままじゃいけない、手に職をつけようと。美容師は年功序列の世界じゃないし、がんばった分だけ早く結果につながるのでぴったりだと思ったんです」

―――サロンワークをこなす上でのポリシーを聞くと、「ない!」と即答。困ったような笑顔でこう続けた。

「昔はたくさんありました。それこそ、売り上げを意識していた頃はそういう自我の塊だったんですけど、自分のお店を出してからなくなってきて。もともと、自分の満足いく結果が出せたら、そういう決めごとに縛られずに仕事をしようと思っていたんです。お店を出したことが自分の中でひとつの区切りになって、ポリシーのようなものからは一度フリーになってみようと。強いて言うなら、自分の楽しいという気持ちや違和感を感じる気持ちをもっと大切にして、ひとつひとつの仕事に取り組みたいとはつねに思っています。お客さまのためにと自分の考えを押さえつけるよりも、お客さまのことを考えた上で自分が本当にしてあげたいことを提案して、一緒に納得いく髪型を作り上げていきたいですね」

―――積み上げてきた考え方を一度リセットし、仕事と素直に向き合うことを大切にする。それでも話を聞いていくと、核にある"こだわり"が見えた。

「日々の生活の中で、ふとしたときもキマっている髪型が素敵だと思うんです。毎日、ヘアカタログみたいに白い壁の前で生活するわけじゃないですよね。なので、毎日の暮らしに溶け込むナチュラルなスタイルを作るのが好きですね」

―――最後に、モテ髪連載にちなんでモテに必要だと思うことを聞いてみた。

「信念を持つこと。いろいろなモテ方があるし、誰に対してモテたいかで話が変わってくるかと思うのですが、共通して言えるのはこれかなと。強い意思を持っている人のほうが、人を引きつけることができると思います」

「FINEBOYSの読者さんが持つ感覚的に、今回提案したヘアスタイルがどれだけ"ズレて"いるか僕にはわからないのですが、みんなと一緒がカッコいいじゃなくて、いつもと違う髪型に挑戦した先に、もしかしたら自分にしか似合わない髪型があるかもしれないし、経験したことのないワクワクした感覚が待っているかもしれない。オルタでそういう髪型を一緒に考えていけたらうれしいです」

ーーーーーーーー
■後藤さんが考案したモテ髪はコチラ


INFORMATION

OLTA(オルタ)
東京都渋谷区神宮前4-28-17 ポルテボヌール原宿3F
営:12:00~21:00(平日)、11:00〜20:00(土・日・祝)

休:水曜

TEL:03-5413-6757
URL:oltahair.com

撮影/榎本洋輔 モデル/佐々木孝典

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03デニムバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03
デニムバッグ

オシャレと実用性の両方が求められるバッグって、選ぶのがなかなか難しい。ましてや、どんなコーディネートにも合う、まわりの人とかぶらないって話になると難易度がさらに上がってくるはず。そんなバッグ探しに終止符を打ってくれるのが〈ディーゼル〉のデニムバッグシリーズ。シンプルな見た目は着こなしに溶け込むし、ブランドを象徴するタフなデニム使いで、個性も、実用性もバッチリだ!

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選
PR

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選

あのカンゴールの最新秋服を、ZOZOTOWNなどで人気を博すECブランドMONO-MART(モノマート)が別注! キミのワードローブに取り入れるだけでオシャレに格上げされる10のトレンド服をピックアップした。挑戦しやすいシンプルなデザインとリーズナブルな価格帯にも注目してほしい。

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!
PR

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!
秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!

厳しい残暑の中でも、ファッション高感度な人ほど秋支度は急ピッチに進んでいる。トレンドにいち早く反応するショップ、アベイルならコスパよく揃えられる。ってことで、今回はイチオシの秋コーデをピックアップ! 移り行く季節に、何を買っていいか分からない人は特に必見だよ!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ