• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2018.09.24

「10年後」も履きたい靴。 Vol.2スクロバ オーナー 今泉陽介さん

スニーカーのムーブメントが刻々と変化する中で、この先のシーンはどうなっていくのだろうか。新作のリリースラッシュが絶え間なく続く今だからこそ、一つのタームとして10年後を想像してみたい。そんなシーンの未来像について、スニーカー界の重鎮たちが展望を各々に語ってくれた。珠玉の私物スニーカーも踏まえた内容は必見!

たかがヴァンズされどヴァンズ、
でもハマったら抜け出せない

スクロバ(SKROVA)オーナー
今泉陽介さん

Profile/原宿の古着ショップで経験を積み、17年に念願であった自身のショップを高円寺に立ち上げる。ヴァンズの見識は、国外の著名コレクターからも一目置かれる。今年の正月には自身のストックを商品として出し、100人以上のヴァンズフリークの行列ができた。

今回、履いているシューズはこちら!
’80年代の<ヴァンズ>スリッポン。個人的には赤×白のカラーリングがお気に入りという。現行品にはない独特なテイストを醸し出す。

収集価値のあるヴァンズに
死ぬまで魅せられていくはず
「僕は365日ヴァンズしか履かないヴァンズ狂で、好きこそ物の上手なれのスタンスで、1年ほど前に自身のショップをオープンしました。そもそも、ここまでハマっている理由は、探究心を掻き立てられるからで。掘っても掘っても見たことのないオーセンティックやスケートハイに出会い、本当にディープだと感じています。今回、紹介している個人オーダーものは、今のナイキのIDシステムみたいなもので、’80年代後半までとされていますが、実は’90年代前半まで個人オーダーができたんですよね。まあ元々の出自がワゴンで大まかに売られていたからね。だから、独特なキャラをプリントしたエラなど、世界に1足しかないデザインが山のようにあるんです。売るとなるとそれはデザインや状態次第ですが、希少性が高いヴァンズは30万円以上する高価な物もある。本当に激レアなヴァンズは内緒なんですけど。見たことがあるってなっちゃうと価値が下がるから。まあ売り買いするときは、現金ではなく、カードゲームのようにお互いのレアなビンテージを物々交換し合うので。お金ではなくて好奇心をビジネスにしているような感じで、これってヴァンズだから成り立っているところもあって。
10年後もこのサブカルチックな世界観まで残したいですね。自分が10 年後にも履くってなるとビビッドなのは無理ですが。だから実際にはネイビーのオールドスクールを履いているはずです(笑)。だけど履くことで価値が下がるビンテージスニーカーは大事に所有しておきたいので、ガチで履きたいって思うのは逆に履かないかも。”ヴァンズ愛”は誰にも負けないと思うし、死ぬまで魅せられていくと思います。もちろん、アウトプットとしてヴァンズビンテージのストーリーやユーティリティ性を10年後も変わらずにショップから発信していけたらと、思っています」

 

NEXT

2/2PAGE

 



今泉さんが選んだ「10年後」も履きたい靴はこの5足!

1_SK8-HI

 ’80年代の個人オーダーで、内側をライムグリーン、イエローのコンビでインパクトを強めただけなく、外側にはチェッカーフラッグ柄を施したクレイジーパターンが印象的なレアモデル。アート性が高く履きたいというよりも残しておきたい、コレクター欲をそそる1足。 
2_SLIP-ON
ブラックが主流のチェッカーフラッグ柄だが、こちらはピンクの配色が珍しい個人オーダーのスリッポン。踵のパッチTMやインソールが皮革張りなのは、’80年代初期の特徴。一見ベーシックな見た目だが、ヴァンズのヒストリーがしっかりとディテールに残されている。 
3_ERA
ヴァンズの個人オーダーは’80年代までが主体だが、こちらは’90年代に発注された珍しいモデル。ポップなキャラクターやカラフルな配色などレアなポイントが盛り沢山。こんなクレイジーなパターンをどんな人が発注したのか、想像も掻き立てられる。
4_AUTHENTIC
"95"のエイジメッセージがサイドテープに施されているオーセンティック。個人オーダーだが、カリグラフィのようなアレンジで、今のストリートシーンにハマるデザイン。当時はサイドテープも好きなデザインを指示することができ、自分だけのヴァンズを楽しめた。 
5_ OLDSKOOL
’70年代後半のオールドスクール。トウのスエード部分が小さく、ステッチの入り方は’90年代以降のモデルと異なる。現行品で見受けられるソールのラインがないのも特徴。インソールの"made in USA”の刻印も残っていることで希少性は高く、プレミアム度は上がる。


※この記事の内容は2018年3月に発売した「FINEBOYS靴 Vol.10」の内容を再編集して掲載しています

INFORMATION

今回スニーカーを熱く語ってくれた今泉さんのお店はこちら!
■スクロバ
住所:東京都杉並区高円寺南4-21-6 福家ビル101 ☎ 03・6873・5639

文/阿部省吾 撮影/道中貴弘

専属モデル、杉野遥亮とニュースなディーゼルロゴパーカ
PR

専属モデル、杉野遥亮とニュースなディーゼル
ロゴパーカ

ディーゼルの中でもとくにアイコニックなアイテムを紹介するこの企画も7回目。今回、専属モデルの杉野遥亮が着こなしたのはオーバーサイズのロゴパーカ。まさにトレンドど真ん中なアイテムは今のうちから早めに押さえておきたい!

〈スーツセレクト〉の新ラインでビジネスにコンフォート革命を!「4S」モデルでスーツはもっと快適に進化する!
PR

〈スーツセレクト〉の新ラインでビジネスにコンフォート革命を!
「4S」モデルでスーツはもっと快適に進化する!

働くビジネスマンにとって、スーツの着心地は非常に大切。スーツにおいて快適性の確保はもはやなくてはならない必須事項だ。〈スーツセレクト〉から今季、新ライン「4S」モデルがデビュー。「スーパーノンアイロン」「ストレッチ」「ソフトタッチ」「スリム」の4つの機能性を兼ね備えた、スーツでより快適に過ごせる新しいコンセプトのモデル。この4つのキーワードにクローズアップした、杉野遥亮が出演するコラボムービーを公開しているので是非チェックしてみて!

ビジネスマンのワードローブに、〈クロスクローゼット〉の1着を。「本物」が分かる男のシャツ
PR

ビジネスマンのワードローブに、〈クロスクローゼット〉の1着を。
「本物」が分かる男のシャツ

毎日着るシャツだから、ストレスのない着用感を味わいたいもの。今年デビューした〈クロスクローゼット〉は、そんな願望を叶えた1枚で、本物がわかるビジネスマンから人気急上昇中。迷わず、指名買いするのが正解だ。

〈SUPRA〉から2シリーズ同時リリース。「ストリート」を体現するモノトーンとレオパード。
PR

〈SUPRA〉から2シリーズ同時リリース。
「ストリート」を体現するモノトーンとレオパード。

スケーターやダンサーなどから厚い信頼を得ている〈スープラ〉。リアルシーンにて放つその存在感は、オリジナリティという唯一無二のスポットライトを浴びている。そして、今シーズンは、ハイエンドなデザインがそろうエステートラインより、2 つの顔つきを持った新モデルがデビュー。スタイリッシュにまとめるか、派手に攻めるか、いずれにせよ、これらの靴ならリアルなストリートを足元に宿せる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2018春夏
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.13
FINEBOYS ヘアREMIX2018
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.09
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.28
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ´17-´18秋冬

ページトップへ