• twitter
  • instagram
SEARCH

SHOES- シューズ -

2018.10.30

「10年後」も履きたい靴。 vol.7SOMA下北沢オーナー 徳永勝文さん

スニーカーのムーブメントが刻々と変化する中で、この先のシーンはどうなっていくのだろうか。新作のリリースラッシュが絶え間なく続く今だからこそ、一つのタームとして10年後を想像してみたい。そんなシーンの未来像について、スニーカー界の重鎮たちが展望を各々に語ってくれた。珠玉の私物スニーカーも踏まえた内容は必見!


ビンテージスニーカーの
言わば伝達者として。

SOMA下北沢オーナー
徳永勝文さん

Profile/アディダスを中心としたビンテージスニーカーショップを運営。屈指のアディダスフリークで知られる。意外にも、スタンスミスには一度も足を通したことがないそう。オールホワイトのスニーカーを服装に合わせるのはなかなかハードルが高いのが理由だとか。

今回、履いているシューズはこちら!
’80年代のビンテージのスーパースター。比較的ソールの状態が良いもので、レア度は高い。現役としてまだまだ活躍するとのこと。

希少性が高まるビンテージ、
その行く末となる10 年後
「ビンテージスニーカーの数は減少しつつありますね。輸入制限や国外への流出などで希少なモデルは入手が困難になっています。特に’70年代から’90年代のジャックパーセルは東南アジアでは高値で売買できることから多くの外国人が買いあさっていますよ。10年後に国内で入手することはものすごく難しんじゃないですか。それにデニムは劣化することも味だけど、デッドストックが重要視されるスニーカーは、根本的な数が減っていくことが宿命ですから。それとナイキやアディダスなどの現行品がビンテージになることはないと僕は思っていて、当時は手作業の工程があるから経年変化というプロセスがあるけど、今は大量生産の時代だし、ソールもポリウレタン製が多いから残らないですよね。あと、僕がスニーカーラバーになったきっかけとして、とりわけ、’80年代の映画からの影響が強くて。『グーニーズ』の中でショーン・アスティンなどが履いていたナイキとか、『スタンドバイミー』のコンバースを見てビンテージスニーカーに傾倒していったのだけど、現行品にはそういった背景が乏しいこともあり、残していきたいとは思えないんですね。10年後にも残したいスニーカーとなると……。やっぱりアディダスのスーパースターかな。本当に奥が深いし、スーパースターの代名詞であるシェルトウが付いてない時代があるぐらい同じデザインでも作りの差があったりしますからね。それとプーマのクライドなんかも数が減っていくスニーカーで、今回紹介しているモデルは、現在では使用が禁止されている塗料を使っていて、’70年代の独特な発色を残す貴重な1足なんです。限定でレアな現行品のスニーカーを追いかけることがムーブメントになっている時代だけど、僕はビンテージスニーカーの価値観を10年後にも残していきたい。もはや使命感すらありますね(笑)」

 

 
山積みのアディダスの靴箱。プーマのロゴを捩ったステッカーやカープファンである徳永さんの似顔絵ステッカーも趣味で作ったり。男心をくすぐる様相が一杯の店内

 

NEXT

2/2PAGE

 

徳永さんが選んだ「10年後」も履きたい靴はこの3足!


1_PUMA

CLYDE 70’S
プーマのアイコニックなスニーカーであるクライド。ウォルト・フレイジャーのリクエストを叶えるためにプーマが開発した由来は有名なヒストリー。独特なイエローの発色は’70年代に使用されていた塗料によるもの。現行品にはない唯一無二な存在感を感じる。



ユーゴスラビア製でアッパーに刻まれるクライドの表記が筆記体となっている

2_adidas
SUPERSTAR 70’S
伝説的NBA選手、アブドゥル・ジャバーが愛したスーパースター。’70年代当時、オールレザーのバッシュは革新的であり瞬く間に各選手の足元をスーパースターへと塗り替えた。こちらは当時の金ベロを残す本革仕様でスニーカー史を語る上で欠かせない名品。

個体によりサイズ感が変わるビンテージ。当時の生産背景を今に残す希少性が魅力的

3_CONVERSE
JACK PURCELL 70’S
今後、国内での入手が困難になると同氏が語るビンテージのジャックパーセル。’70年代はグッドリッチ社からコンバース社製に変わり、ジャックパーセルの転換期となった時代。レトロな質感を醸し出すネイビーとインソールには”SANITIZED”(衛生的)と刻印。

かかとのジャックパーセルロゴが平面ではなく凹凸があり、’70年代のディテールを残す

 

※この記事の内容は2018年3月に発売した「FINEBOYS靴 Vol.10」の内容を再編集して掲載しています

 

INFORMATION

今回スニーカーを熱く語ってくれた徳永さんのお店はこちら!
■soma 下北沢
住所:東京都世田谷区北沢2-33-6 飯嶋ビル202
TEL:03-3481-0307
営業時間:15:00〜20:00
不定休

文/阿部省吾 撮影/道中貴弘

Welcome to Men's Cosmetics Park!ようこそ、メンズコスメパークへ。
PR

Welcome to Men's Cosmetics Park!
ようこそ、メンズコスメパークへ。

2019年の春に初めて開催され、以降順調に回を重ねている「ロフト コスメフェスティバル for MEN」。この春、ついに4回目となるメンズコスメの祭典には、最新のコスメが集結! ロフト先行商品にも注目だ。

〈ウーノ〉の新スキンケアをレインボー池田直人が体験!男の肌トラブルを未然に防ぐ、乾燥対策の新知見とは!?
PR

〈ウーノ〉の新スキンケアをレインボー池田直人が体験!
男の肌トラブルを未然に防ぐ、乾燥対策の新知見とは!?

毎日真面目にスキンケアをしているのに、なぜか乾燥やベタつきが発生してしまう……。そんな悩める男の肌をサポートするアイテムが、〈ウーノ〉から登場。その魅力を、美容男子代表のレインボー池田直人がいち早く体験!

ディーゼルのスニーカーと杉野遥亮のイイ関係。
PR

ディーゼルのスニーカーと
杉野遥亮のイイ関係。

デザイン性の高いシューズは何足でも欲しくなる。ただ、そのシューズを上手くスタイリングに組み込めるかが重要なポイント。連載2回目は、都会顏のモノトーンシューズを俳優・杉野遥亮がスポーティな格好に落とし込んでいく。春らしいさわやかなコーディネートは必見だ!

〈アベイル〉の店舗はすぐそばにある!流行のアイテムはコスパよくゲットしたい!
PR

〈アベイル〉の店舗はすぐそばにある!
流行のアイテムはコスパよくゲットしたい!

トレンドに敏感なアパレルショップ、アベイル。全国に300店舗以上を構え、調べれば意外と近くにある。今までお店を通りすぎていた人も、ぜひ立ち寄ってみてほしい。店内に並んだ洋服のラインナップを見れば、クオリティとデザインのよさに感心しつつ、何よりプライスにも驚くはず。さまざまなブランドが扱われているから、こだわりに答えてくれる服がきっと見つかる! 春夏の服はアベイルで探して、賢くゲットしちゃおう!

〈スーツセレクト〉今に寄り添うビズスタイルニューノーマル時代の仕事服、リアルビジネスカジュアル。
PR

〈スーツセレクト〉今に寄り添うビズスタイル
ニューノーマル時代の仕事服、リアルビジネスカジュアル。

多様化するビジネスシーン。ルールに縛られない自由な着こなしが容認される社会において、仕事着の選択肢も広がった。〈スーツセレクト〉が提唱する“リアルビジネスカジュアル”は、そんな時代の空気感を巧みに表現。人気俳優の杉野遥亮がモデル登場する短編ムービーは、FINEBOYS+plus SUITとスーツセレクトのコラボ第8弾。働く人に寄り添うニューノーマルスタイルを、動画でも要チェック!

フランスのプレミアムブランド、〈LACOSTE〉の新作に注目!スポーティなのにエレガント。大人が履きたいレトロな靴
PR

フランスのプレミアムブランド、〈LACOSTE〉の新作に注目!
スポーティなのにエレガント。大人が履きたいレトロな靴

僕らが思い浮かべるフランスのイメージといえば、エレガントなエスプリに富んでいて、でもキメすぎていない、そんな感じ。ラコステの新作はまさにそれを体現している。紳士のスポーツ、テニス由来の上品かつスポーティといったDNAを感じながら、大人ならではのカジュアルスタイルを楽しもう。

オンラインで完結! ワンランク上の着心地を〈ソルブ〉で手にいれる!成功を収めるオーダーシャツの秘密に迫る。
PR

オンラインで完結! ワンランク上の着心地を〈ソルブ〉で手にいれる!
成功を収めるオーダーシャツの秘密に迫る。

2018年からサービスがスタートして以来、ビジネスパーソンを中心に高い評価を集めているオーダーシャツブランドの〈ソルブ〉。数多く存在する同業者との違いはどこにあるのか? またオーダーシャツの魅力とは。その秘密に迫った。

永久不滅の〈CONVERSE〉から話題の新作が続々とリリース!名作こそ「ディテール」と「快適性」を楽しもう!
PR

永久不滅の〈CONVERSE〉から話題の新作が続々とリリース!
名作こそ「ディテール」と「快適性」を楽しもう!

いつの時代も服好きを魅了するオールスターとジャックパーセル。名作と言われつつも、毎シーズン進化を遂げ、ボクらを楽しませてくれる。そんな中で今季注目したいのは、ツボをついた「ディテール」と、気の利いた「快適性」だ。安定感はそのままに、トレンドを汲んだプラスαなこだわり。名作の“最新作”を履きこなせば、必然的に差もつくはずだ。

靴好きをアツくする〈Mizuno〉の復刻と新モデル大人の足元にはノーブルなグレーが合う
PR

靴好きをアツくする〈Mizuno〉の復刻と新モデル
大人の足元にはノーブルなグレーが合う

ファッションシーンで安定感を保つランタイプ。レトロで落ち着いた顔つきと、それでいて軽快さのあるデザインは、感度の高い大人から、継続してこの先も愛されるだろう。そこでオススメしたいのがミズノのシューズ。グレーを纏った今季の新作は、都会的な着こなしをフックアップしてくれる。上品スタイルもラフな着こなしも、"ミズノのグレー"が着こなしのワガママをまとめてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.3
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.16
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.35
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2021春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.19
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.2は10月23日(金)発売!
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.34
FINEBOYS どんな日常にもスニーカーは必要だ!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ20-21秋冬
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 CAMP

ページトップへ