• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2019.10.08

ヨウジヤマモトのメンズ服はカットソーがオススメ!

デザイナー山本耀司の世界観を最大限に服のクリエーションで表現するメンズブランド、ヨウジヤマモト。1984年よりパリコレクションで発表している。黒を基調としたモードなアイテムは、オシャレな人たちを魅了し続け、読者アンケートでも圧倒的人気を誇る。そんなメンズファッションの憧れブランドから、手に取りやすいカットソーを紹介していく。

ヨウジヤマモトのカットソーは
独創的で大胆なディテールが魅力!

肌触りのいいコットン素材のカ ットソー。ロングスリーブでドロ ップショルダーというヨウジヤマ モトらしいシルエットだ。「それ どこの?」と聞かれるはず。ヨウ ジヤマモトのカットソー4万8000 円、パンツ6万8000円(ともにヨ ウジヤマモト プレスルーム)

■山本耀司が手描きした文字

左腕に大胆に描かれた「低空飛行」の文字。山本耀司本人による手描きで、日本ブランドのカッコよさがある。ヨウジヤマモトの黒の世界にアクセントになるデザインだ。

■ハーフボタンが アクセントに

袖とボディの切り替えはもちろん、ヘンリーネックのデザインが、着こなしに変化をつける。

NEXT

2/4PAGE

 
■斬新なタイドアップ風の 衿元


衿元のタイドアップ風デザインが印象的な1枚。プリントがないボディには立体的な作りが着こなしたときに大きく差ををつける。中央で裾の長さを切り替えているところにもアジがある。ヨウジ ヤマモトのカットソー3万5000円 (ヨウジヤマモト プレスルーム)

NEXT

3/4PAGE

 
■アシンメトリーな衿元

魚のウロコを抜染プリントで表現したこだわりの1枚。衿元はシンプルなラウンドネックではなく、ヘンリーネックをシンメトリーにして個性を魅せる。ヨウジヤ マモトのカットソー3万4000円(ヨウジヤマモト プレスルーム)

NEXT

4/4PAGE

 
■レイヤード風デザイン

一見シンプルでいて、裾をレイヤード風にあしらったカットソー。1枚で着たときも、上にアウターをはおってもアクセントになる。フィット感のある着心地だ。ヨウジ ヤマモトのカットソー2万2000円 (ヨウジヤマモト プレスルーム)

メンズの憧れブランドであるヨウジヤマモト。ちょっとドヤれて、着こなしも上級者な見た目へを変化する。カットソーが活躍する今の季節に、まずはヨウジヤマモトのカットソーからはじめてみないか。

INFORMATION

ヨウジヤマモト プレスルーム
03-5463-1500

※FINEBOYS10月号掲載商品のため、売り切れの場合がございますのでご了承ください

●撮影/藤本孝之 スタイリング/三宅 剛 ヘア&メイク/牧野雄大(vierge) モデル/永倉佑樹[本誌専属]

永久定番の〈コンバース〉からストレスフリーな新作が到着!アップデートした名作がこれからの僕らの相棒!
PR

永久定番の〈コンバース〉からストレスフリーな新作が到着!
アップデートした名作がこれからの僕らの相棒!

スマホやSNSなど身近なツールがますます便利になる今。ファッションも利便性の高いアイテムが増え、シューズだって今までより快適性を期待しちゃう。そこでオススメなのがこれらの靴。履きやすくアップデートされた名作は、僕らの気分にぴったりだ!

どの時計をつけるかは、その日のコーデ次第!ザ・クロックハウスで見つける毎日着替えるリストウエア。
PR

どの時計をつけるかは、その日のコーデ次第!
ザ・クロックハウスで見つける毎日着替えるリストウエア。

時計だってファッション感覚で毎日つけこなしてほしい、そんな思いから〈ザ・クロックハウス〉のオリジナルウオッチは生まれた。その日のイベントによって身にまとう服が異なるように、T.P.O.S.に応じて時計もつけ替えておきたい。ファッション感覚で腕時計をつけこなそう!

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.19
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.2は10月23日(金)発売!
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.34
FINEBOYS どんな日常にもスニーカーは必要だ!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ20-21秋冬
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 CAMP
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY
FINEBOYS 大人の足元は主張のあるスニーカーで!
FINEBOYS FINEBOYS +plus SUIT Vol.33
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.18

ページトップへ