• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2020.03.31

静かなブーム!リメイク古着の現在地

アイディア豊富なリメイク古着が、にわかに注目を集めている。ただでさえ1点ものという古着が、独自にアレンジされているわけだから、スペシャル感は半端ない。古着好きであれば知っておきたいこの情報、とくにリメイク古着に力を入れる3つのショップを取材してきた。

そもそもリメイク古着とは?
その名のとおり、もともとあった古着を切ったりつなげたりして、新しい形に作り直した洋服のこと。作り手のセンスやアイディアが感じられ、誰ともかぶらないオンリーワンのアイテム。

そんなリメイク古着の現在地とは?
ひと昔前までのリメイク古着は、布をわざと切ってつなぎ合わせたようなパッチワークなどをイメージしがち。だが最近では、大胆すぎる真っ二つに古着と古着をMIXさせたコラージュ品や、あえて着丈や身幅をリサイズし今風なシルエットに再構築した古着などが増えてきている。古着っぽく見えないという点が好まれているし、新品にありそうでないデザイン性もウケている。古着好きのニーズが変わってきているこの時代に、そんなスペシャル感のある特別な古着を提供するお店が増えてきているのだ。 

NEXT

2/4PAGE

注目される3ショップを紹介

 
1/from the mind

古着店にリメイク古着のリサーチをしていると、やたら「from the mind」という言葉を聞いた。早速アポを取り、取材を敢行。オーナーである小沼さんにいろいろと話を聞いてきた。店内はクリーンな印象で、とてもアイテムが見やすい。リメイク古着は驚きの8割で、デザイナーズブランドやノーブランドが残りの2割。買い付けは主にアメリカで、小沼さんが好むジャケットやシャツを多めに仕入れることが多いと教えてくれた。じつはお店をオープンしてまだ1年もたっていないとのこと。

店内の至るところにリメイク古着を配置!

8割がリメイク古着というだけあって、ラックのほとんどがそれに当たる。どれも土臭い古着っぽさはまったくなく、洗練されたデザイン古着の印象だ。独特なディテールで人目を引きつけるもの、リサイズされた今風のシルエットのものなど時代のニーズがしっかりと反映されている。

[リメイク古着はすべて小沼さんが手がける!]

Q. どうしてリメイクを始めたのですか?
「キッカケは洋服のお直しをするようになってから。ジャケットの肩幅や着丈を変えただけで、目新しいものに見えたんです。シルエットが変わるだけで、こんなにイメージが大きく変わるんだって感じたことがすごい新鮮でおもしろかったんですよね。そこからリメイクに対してハマッた気がします」

Q.リメイク古着を作るうえでこだわりはありますか?
「作るリメイク古着は、基本的には引き算です。足して足してよりも、素材のよさを引き出したいから、削って削ってキレイにするということを意識しています。この時代にあったものだったり、この時代だからこそ目新しいものを作るように心掛けている」

Q. 製作時間はどれくらいですか?
「コラージュのシャツとかであれば1枚40分くらいですかね。作るというよりも、どんなリメイク古着を作るのかを考えるのに時間がめちゃくちゃかかります」

Q. 今後のリメイク古着市場はどうなっていくと思いますか?
「まわりでも増えてきているし、これからは市場としてもっと伸びていくと思います。ここに通っているお客さんでも、どこにもない珍しい古着を探している人が多い。着丈がめちゃくちゃ短いとか、リサイズのものが今っぽいのがとくに人気ですかね。リサイズのものであれば、あまり技術がなくても、ちょっと勉強すればできると思いますし」

クリーンなシャツがオンリーワンな表情に!

袖と裾を切り替えたリメイクシャツ。縫い目がラウンド状になっているのが特徴的だが、あくまでも使いやすさを意識して製作したそうだ。この上にニットベストなどで春らしいレイヤードを楽しむのもアリ。シャツ9000円

ジャケットをつなぎ合わせ圧倒的な個性を表現!

小沼さん自身がジャケットが好きということもあり、同店にはジャケットタイプのリメイク品が多い。チェック柄の1枚とバーガンディカラーの1枚をドッキング。ほかに類を見ない、特別なジャケットの完成だ。ジャケット1万7000円

フリルが特別感を醸すテロテロシャツ

ポリエステルを使った春に最適なフリルシャツ。丈を短くカッティングし、余った残布でボタンループやフリルを作って各所に配した。この黒のほかにもパープルやブラウンなど、カラーバリエーションも豊富。シャツ9500円

リメイクで個性を、リサイズで今っぽさを!

元はダブルのテイラードジャケット。着丈を短くし、別で購入したボタンを配置。パープルの色みも相まって、モダンな表情を醸す。ジャケット2万4000円

ジップを足したことで、いろんな着方が楽しめるセットアップ!


ジャケットは袖を一度外し、ジップをつけることで機能的に昇華。ジップがあるおかげで着方をいろいろと楽しめるよう構築。パンツはジップでシルエットが変化。リサイズがいらないよう、ウエストにはゴムを新たに配した。セットアップ3万8000円

独特な着丈&デザインの新感覚セットアップ!


ジャケットはかなり着丈を上げている。ポケットのフラップをデザインとして使い、おもしろい表情に。ブルゾン感覚で着られる。パンツはリメイク・リサイズはしておらず、リサイズしたジャケットとのセットアップ売り。セットアップ3万円

タックを作ることでシルエットが変化!

ウエストのタックを織り込み、深いタックを入れている。そうすることで上品さに加えて、裾広がりの今風なシルエットに。裾上げも基本的には無料でしてくれるとのこと。パンツ9800円
NEXT

3/4PAGE

2店舗目

 
2/NOILL(ノイル)

ノイルのウリは何といってもアレンジの利いたリメイク古着。数着の古着を解体し、再び組み合わせる手法を用いて、他店では見られないような個性的なアイテムを製作。専属スタッフがいることで、バリエーションも豊富だ。もちろんセンスのよい古着やオリジナル商品なども展開している。

[リメイク古着を担当する田中さんに聞いてきた]

Q. どうしてリメイクを始めたのですか?
「オーナーの〝リアルクロ ーズからもっと離れたアイテムを売りたい〞という想いから、リメイクアイテムを作るようになりました。今では古着とリメイク古着の数は半々くらいですかね」

Q. 製作時間はどれくらいですか?
「コラージュのものに関しては、断裁や解体をしてから再び組み合わせたりしているので、時間はけっこうかかりますね。1日に7~8枚くらい作れればOKって感じです」

Q. 人気のリメイク古着はありますか?
「2枚のアイテムを組み合わせたコラージュ品が人気ですかね。店頭にまだまだあるので、ぜひ遊びに来てもらえればと思います。今の時季にピッタリな春ものも多いですよ」

おなじみのキャラがリメイクで斬新に!

ボディ中央にデザインのあるスウェット同士を大胆にコラージュした。世界的な某人気キャラがうっすらと主張しているのもおもしろい。スウェット9800円

チェック柄同士を合わせておもしろい配色に!

配色の違うチェック柄のシャツを組み 合わせることで、独特な表情に。くたったとした古着らしさもイイ。ブルゾ ン8900円

おもしろい発想の アシンメトリーデザイン

ノイルが得意とするハーフデザインは、とくにシャツがイチオシとのこと。このリメイク品は、あえて縫い代もそのままの状態にしているそうだ。シャツ8900円 
NEXT

4/4PAGE

3店舗目

 
3/DAMAGE DONE 2ND(ダメージドーンセカンド)
軍モノやアメカジの古着を中心にセレクトし、キャッチーなアイテムまで押さえる同店。中にはデッドストックのアイテムに今っぽいエッセンスを加えたリメイク品も展開。系列店で働いていたチ ームスタッフが独立し、ダメージドーン セカンドのリメイクアイテムをすべて手がけているそうだ。

[リメイクを担当する酒井さんに聞いてきた]

Q. どうしてリメイクを 始めたのですか?
「他店と差別化を図るため4年前から展開しています。最初は日本人が着やすいようにリサイズをするといった形でやり始めました。そしたら、かなりランチャーがヒットしましたね。」

Q. 製作時間はどれくらいですか?
「アイテムにもよりますが、ラングラーのパンツは30分程度で1本作れます。ほかのアイテムも、それほど時間はかかりませんね。作る量もかなり多いので、時間をかけずにできるところは、かけないようにしています」

Q. 今後はどのような展開をする予定ですか?
「春コートなどに注目してほしいです。決定ではありませんが、色染めしたり、ライナーを付け替えたりと、いろいろ模索しています。冬の商品ではよくやっていたので、この春もやるとは思いますよ」

年間500本売れるラングラーのパンツ
フレアタイプの人気モ デル〝ランチャー〞を中心に買い付けている。またデッドストックなので、センタープレスの状態も非常によい。そこからウエストに穴を作りドローコードを配すことで、イージーパンツ仕様に。なんと、昨年だけで500本売れた大ヒット商品。パンツ各8500円

裾を上げて絞って今風なシルエットに!

長かった着丈のボディを切り、リブのみもう一度付け直している。そのままでは広がってしまうため、タックを詰めることでバランスよく着地。スウェット1万円

黒染めで一新!元はなんと青シャツ

所説あるが元は’60年代の医療用シャツ。青ボディだったのだが、染色で有名な岡山で黒染めをしている。オーバーサイズなため、今風に着られる。シャツ8000円

リメイク古着を展開するショップが注目を集めているのは、服好き古着好きの欲求を満たしてくれるオリジナリティがあるから。そんなかぶり知らずでデザイン性に特化したとっておきのリメイク古着をぜひ探してみてほしい。ひとつひとつ丁寧に時間をかけてリメイクされた古着には、僕らが求める新たな付加価値が必ず存在している。

INFORMATION

●from the mind
住所:東京都渋谷区神南1-13-4 IDOビル1階 B号室
TEL:不掲載
営業時間:12:00~20:00
休み:無休

●NOILL
住所:東京都世田谷区北沢2-12-16 三鈴ビル302号室
TEL:不掲載
営業時間:13:00~20:00
休み:無休

●DAMAGE DONE 2ND
住所:東京都渋谷区神宮前3-27-22
TEL:03-6434-0287
営業時間:12:00~20:30
休み:不定休

NEWS- 新着情報 -

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 CAMP
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY
FINEBOYS 大人の足元は主張のあるスニーカーで!
FINEBOYS FINEBOYS +plus SUIT Vol.33
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.18
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 ビジネスマナーがわかる本
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 お金のことがわかる本
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2020春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32

ページトップへ