• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2021.10.30

GUで⁉︎今季はミリタリーアウターがカッコイイ!

正直、今の時季に着る軽めのアウターは、冬の本命アウターと比べると優先順位が低い。カットソーの上からパーカやスウェット、ニットを重ね着して乗り切ることもできるし……。でも、今季のGUを見てみてほしい。お店の人が”この秋はミリタリーアウター推しです”という通り、秋のオシャレ心をくすぐるミリタリーアウターが豊作だ。今回は、その中でもバサッとはおれて使い勝手のいい短丈アウターを2つピックアップ! 

GUのミリタリーアウターが想像以上に使える!

コストパフォーマンスのよさとトレンドをうまくキャッチしたラインナップで、毎シーズン話題のGU。この秋、数あるライトアウターの中でもとくに注目したいのがミリタリーテイストを取り入れたアイテムだ。今回ピックアップしたのは、ポケットが印象的なユーティリティオーバーサイズブルゾンと、温かみのある見た目が特徴のキルティングブルゾン。しっかり今っぽい着こなしになるデザインだから、ミリタリーは挑戦したことないという人でも安心できる。取り入れれば秋コーデの幅もグッと広がるはず!

ユーティリティオーバーサイズブルゾン

ボディの前面に並んだポケットが”THEミリタリー”なジャケット。デザインとしても目を引くポイントだが、なんといっても収納力の高さと利便性がピカイチ。衿はスタンドカラーだから、パーカーなどフードがある服を中に着ても首元がごわつかない。シャカシャカとした丈夫でタフな生地で、気負わずデイリー使いできるのがいい! 3990円。

フロントはジップ&スナップボタン仕様

マチ付き&面ファスナー付きのフラップポケット

フロントはスナップボタン付きで、ジッパーを隠せるデザイン。このアウターの一番の売りであるユーティリティポケットは、マチ付きで見た目以上の容量。面ファスナーが付いているから、貴重品も安心して入れられる!

カラバリは3色!

ブラック、ベージュ、ダークグリーンの3色展開。ブラックならモードに、ベージュなら上品に、ダークグリーンならミリタリーなディテールを存分に味わえる。どれも使いやすいベージックカラーだから、自分の普段のファッションと相談して決めよう! 

NEXT

2/2PAGE

 

キルティングブルゾン

ミリタリーアウターの中でも、武骨すぎない見た目でファッションアイテムとして取り入れやすいのがキルティングブルゾン。生地感は厚すぎず、ほどよく中わたが入っており暖かい。真冬はヘビーアウターの下にインナー使いするのもオススメだ。衿がないノーカラーだから、中に着るトップスに制限がないのも使いやすいポイント。工夫次第で秋から真冬まで長く愛用できそう! 3000円以下という値段も驚き。2990円。

サラッと羽織れるキルティング生地

サイドポケットも装備

分厚すぎないキルティング生地で、暖かさと使いやすさを両立。中わた入りアウターにありがちな”着ぶくれ”を防いで、スマートな装いが完成する。普段使いに便利なサイドポケットもしっかりと備わっている!

カラバリは4色

ブラック、ナチュラル、カーキ、オリーブの4色展開。ナチュラルは白に近い淡いカラーリングで、カーキはややベージュのような優しい雰囲気。カラーで雰囲気がガラッと変わるから、吟味して選びたい! オリーブは11月上旬発売予定で、オンラインストア限定カラー。

 

秋口から冬まで使い倒せるGUのミリタリーアウター。男臭すぎるのは苦手という人も取り入れやすいデザインだから、ぜひチェックしてほしい!

INFORMATION

GU
TEL:0120-856-452
www.gu-japan.com/

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しいコーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間
PR

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しい
コーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間

今日もお気に入りの〈ニトリ〉のボトルにコーヒーを入れ、リュックに詰めて出発── 自転車に乗って家から少し離れた公園へ。ここでコーヒーを飲みながら課題をするのが最近のルーティン。まさに僕だけの特別な時間だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.21

ページトップへ