• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2022.09.20

ザ・ノース・フェイス パープルレーベル×ビームス、今冬の必携アウターが到着!

ようやく涼しくなってきた最近。気づけば人気ブランドから続々と最新アウターがリリースされている。まだまだそんな気になれないよ……と思うかもしれないが、”イイ”アウターほど売り切れが早いのも事実で、ビームスが別注したザ・ノース・フェイス パープルレーベルのジャケットもそのひとつ。確かな機能性に加え、合わせる服を選ばないベーシックなデザインは飽きることもなさそうだ。長く愛用できる一着、ゲットするなら今かもしれない。

ザ・ノース・フェイス パープルレーベル×ビームスの注目アウター

ビームスからザ・ノース・フェイス パープルレーベルの別注ボンバージャケットが登場。インラインでは展開のない型で、着膨れしにくい絶妙なサイズ感が大人っぽい一枚。ラフなスタイルはもちろん、シンプルなデザインなのでキレイめなファッションのハズしにも。あらゆる場面で重宝しそうな使い勝手のよさが魅力的だ。ベージュ、オリーブ、ブラックの3色展開。

ザ・ノース・フェイス  パープルレーベルとは?

アウトドアブランドのTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)と、スポーツ&アウトドアセレクトショップ兼ブランドのnanamica(ナナミカ)によるコラボコレクション。アウトドアブランド特有の機能性とファッション性の高さを両立させたプロダクトを送り出す。

マウンテンフィールドジャケット/3万5200円

生地には、ポリエステル65%、コットン35%の割合で繊維を混合させた65/35ベイヘッドクロスを採用。コットンの風合いながら、水分を通しにくく軽い着心地が普段使いにぴったり。超微細マイクロファイバー素材であるプリマロフトを内蔵しており、保温性も抜群だ。ポケットは腰元のフラップポケットのほか、左胸元にファスナーポケットを装備。実用性も申し分なし。

デザインのポイントは、左袖部分に施されたホワイトの刺繍ロゴ。また、裏地には同色でブランドロゴもプリントされている。全体的なデザインの主張は控えめながらも、ザ・ノース・フェイスのブランドネームはしっかりとアピールできるバランス感も絶妙。

カラー展開はベージュ、カーキ、ブラックの3色

ベージュ、カーキ、ブラックと、合わせやすいアースカラーの展開で、出番も自然と多くなりそうだ。体型やパンツを選ばない短丈のジャケットは一枚あると便利。人気のコラボ、気になったら早めにチェックしておくのが正解!

INFORMATION

●ビームス 原宿
TEL:03-3470-3947
URL:beams.co.jp

〈ニトリ〉なら「部屋で過ごす」が楽しくなる!“ひとり”でも“みんな”でも 最高に楽しい新生活を!
PR

〈ニトリ〉なら「部屋で過ごす」が楽しくなる!
“ひとり”でも“みんな”でも 最高に楽しい新生活を!

一人暮らしでしたいことっていろいろあるけど、やっぱり友達を呼んでワイワイしたいよね(お隣さんに怒られない程度に!)。でもワイワイするとき以外の、ひとりで過ごす時も重要なわけで……。そんなシーンごとに楽しい&快適な部屋を作れるのが〈ニトリ〉のインテリア。簡単にアレンジできて機能性に優れた家具なら、ちょっと動かすだけで思い通りの部屋が完成。これからの新生活は、ひとりでもみんなでも楽しめるワンルーム、作ってみない?

〈アベンヌ〉が選ばれる理由。洗顔後、ソッコーうるおう。ずーっと使いたい化粧水
PR

〈アベンヌ〉が選ばれる理由。
洗顔後、ソッコーうるおう。ずーっと使いたい化粧水

スキンケアは、シンプルに心地よく行いたい。そんな僕らの願いに"手軽でラクちん"、なのに"しっかりうるおう満足感"で応えてくれるのがアベンヌ ウオーターだ。本誌のメンズビューティ大賞で殿堂入りするほどの名品を改めて深掘り。うるサラの使用感が持ちアジのミルキージェル オイルコントロールにも注目だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2023春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37

ページトップへ