• twitter
  • instagram
SEARCH

SHOES- シューズ -

2022.03.13

【今履きたいナイキ】シンプルな格好はスニーカーでおしゃれに変わる!

今春、無地服でシンプルなコーディネートのとき、コーデの締め役として&コーデのアクセントとして「ナイキ」を選んでみたい。最近はとくに、「ナイキ」のバッシュが再び注目されているとあって、気になっている人も多いのでは? なので今回はバッシュだけでなく、デザイン性がおしゃれな「ナイキ」を取りそろえてみました!

ナイキの"スウッシュ"をポイントにしよう!


ストリートやスポーティな着こなしに「ナイキ」を合わせるのはもちろん、キレイめコーデのハズしやベーシックスタイルのアクセントにも「ナイキ」のスニーカーは活躍する。「ナイキ」はアクティブ感を出す手助けをしてくれるだけでなく、足元からブランド力をアピールできるのもうれしい。

NEXT

2/3PAGE

 

■シンプルコーデに「ナイキ」を合わせる!


グレーパーカにベージュのスラックス。春によくするシンプルコーデの足元を見てみよう。ボリュームのある白の「ナイキ」だ。これだけで着こなしにスポーティという個性をあたえ、アクティブ感とさわやかさも上がる。


キレイめのスラックスにはレザーシューズではなく「ナイキ」のスニーカー。堅苦しさがない等身大のカジュアルコーデが完成。白を選ぶことで春らしい清潔感を演出できる。トップスもパンツもゆるめなのがより今っぽい。


ネイビーのパーカにブルーのパンツ。青系でそろえたスタイリングにはスウッシュもブルーで統一。色を楽しんでいる着こなしは見た目にもさわやか。決して難しいアイテムではないのに地味に見えないところはマネしたい。

NEXT

3/3PAGE

 

■今春買いたい「ナイキ」のスニーカー10選!

1

出典:ZOZOTOWN
クラシックなシンプルさと快適な履き心地がストリートで賞賛されたナイキ ブレーザー LOW '77 ビンテージが、ローカットのデザインと伝統的なバスケットボールスタイルで復活。上質なスエードとレトロなスウッシュデザイン、パッドが入ったやわらかい履き口でどんなシーンにもハマる。


2

出典:ZOZOTOWN
スケートボードライン「ブレーザー」より、インナーがペイズリー柄コレクションが数量限定で登場。軽くて柔軟な履き心地を継承しながら、ヒールにはナイキのロゴのチェーンステッチを配置。スウッシュもボディと同じ黒でそろえたことでステッチが際立たっている。


3

出典:ZOZOTOWN
ナイキ ラハール LOWは、都会の生活に対応したタフでレトロなデザインを実現。厚手の丈夫なレザーと89年のラハール エスケープ ブーツのディテールを使用し、クラシックなスタイルを演出。丈夫なトレッド、丸紐タイプのシューレース、メタルアイレットで、ストリートもトレイルもオールマイティに活躍。


4

出典:ZOZOTOWN
懐かしいバスケットボールのトレーディングカードを称えて、古きよき時代のオリジナルモデルをストリートへ呼び戻す。グラフィティ風のバブルグラフィックとフルレングスのビジブルAirクッショニングで力強いコートスタイルを表現。トレーディングカードをイメージしたロゴで、ずっと手元に置いておきたくなるレアな一足。


5

出典:ZOZOTOWN
高いパフォーマンスが要求されるランニング用としてデザインされたNike Airクッショニングにより快適な履き心地をキープ。アッパーにはハリのあるレザーと、通気性に優れた素材を使用。クッション性のあるインナースリーブによりフィット感も上がり快適さが向上。アイコニックなヒールクリップと剥きだしのロゴで、90年代初頭の人気デザインをキープ。


6

出典:ZOZOTOWN
ナイキ エア フォース 1 '07は、人気のバスケットボールシューズのオリジナルモデルに新しいテイストを加えたデザイン。しっかりステッチされたオーバーレイ、クリーンな仕上げ、適度な光沢で、個性を際立たせます。ローカットのシルエットがすっきりと洗練されたスタイルを演出。


7

出典:ZOZOTOWN
ナイキ ラハール LOWは、スエードとエナメルレザーを使用したアッパーにより、現代的なデザインと美しいアウトドアスタイルが融合し、軽量で快適な履き心地を実現。厚手の丈夫なレザーと89年のラハール エスケープ ブーツのディテールを使用し、クラシックなスタイルを演出。丈夫なトレッド、丸紐タイプのシューレース、メタルアイレットで高級感もアップ!


8

出典:ZOZOTOWN
90年代を代表するランニングシューズは、今やストリートウェアの定番。 どれほどの時間が経っても、永遠にクールなスタイル、定評のあるワッフルアウトソール、露出したAirクッショニングを取り入れたエア マックス 90の魅力は色あせることがない。ワッフルアウトソールでトラクションと耐久性を強化しながら、伝統的なスタイルを演出してくれる。


9

出典:ZOZOTOWN
足にフィットする快適なデザインを追求し、ストリートの人気アイテムを復活させたナイキ エア ハラチ。滑らかなレザーと、抜群に通気性に優れ、適度な光沢のあるネオプレンのような素材を組み合わせたアッパー。ローカットの履き口とブーティーのような構造がすっきりとした快適なスタイルをキープ。


10

出典:ZOZOTOWN
ブランドの評価を高めたアイコニックなバスケットボールシューズをヒントに、現代的なスタイルと長きにわたる伝統を融合。ビジブルAir、ステッチを施したオーバーレイ、ヘリンボーンのトラクションパターンなど定番のディテールが、ブランドのルーツを呼び起こすデザイン。

今日の着こなしはシンプルだったかな?と鏡の前で思ったとき、玄関に「ナイキ」のスニーカーがあれば、おしゃれ感がグッとアップ。ぜひ、今春そろえておきたいアイテムだ!

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ