• twitter
  • instagram
SEARCH

WATCHES- 時計 -

2018.11.23

新たな腕時計のトレンド、グリーンダイヤル5選

時間をつねに共有する腕時計は、自分らしさを映し出すツールだ。だからこそデザインにこだわるのは当たり前。“ファッション性があるものがいい”“手持ちの服に合うものがいい”“ちょっと個性があるほうがいい”。そんな欲張りなキミにオススメしたいのが、今回紹介する「グリーンダイヤル」。そしてこのニュアンスのあるカラーに多くのブランドも注目! “手元が新鮮な表情になる”と今話題を呼んでいる。さぁ、この冬キミがつけたいのはどのブランドだろう?

➀BERING<ベーリング>
北欧時計人気を牽引する
デンマークブランド

「つねに流れ続けるときの中でも、壮大な北極の自然と同じように変わることなく永遠に輝き続ける」という哲学のもとに作られる<ベーリング>は、まさに北極の大空を悠然と浮遊するオーロラのように流線的なフォルムと光彩が印象的。それはまるで腕時計という枠を超えた美しさ。デンマークブランドならではのミニマルなデザインで数々の人気シリーズを発信している。

Changes [チェンジズ]
 

ダークブラウンレザーにすると?
ケースのピンクゴールド、ベルトのダークブラウン、そして文字盤のグリーン、この3つの配色のコンビネーションでクラシックな印象へ。

ブラックメッシュブレスにすると?
モダンな雰囲気を上げるのがSSメッシュブレス。大人顔に仕上げたい日はこちらに付け替えたい。

 
豊富なラインナップをそろえる<ベーリング>。その中でも売り上げNo.1のシリーズ「チェンジズ」から、日本限定のカラーとしてリリースされたのがグリーン文字盤だ。ブランドらしい深く奥行き感のあるこの”グリーン”は、何度も試作を繰り返してできたもの。個性的でいてどこか落ち着いた雰囲気だから、これから新定番として定着しそうな予感。ストラップはダークブラウンのレザーと、ブラックのメッシュストラップの2つが付属する。ケース系40㎜、クォーツ、3気圧防水、SSケース[14240₋569]2万4000円(アイ・ネクストジーイー)

■ココが選びのポイント!
・日本限定カラー
・人気の北欧時計
・ストラップが2種付属(ベルトとメッシュ)
 
NEXT

2/5PAGE

2つめは日本の時計メーカー


➁SEIKO<セイコー>
ビンテージジュエリーのような
グラデーション文字盤

日本のトップ腕時計メーカーである<セイコー>。「セイコー アストロン」「セイコー プレサージュ」「セイコー プロスペックス」など数々の<セイコー>ブランドは、たしかなクオリティで需要は日本だけにとどまらない。その中でも手頃な価格帯で近年売れ筋となっているのが「セイコーセレクション」だ。機能性はもはや言わずもがな、デイリー使いに最適なシンプルデザインが魅力のシリーズである。時計選びに悩んだら「SEIKO」ロゴで買うのもイイかもしれない。

SEIKO SELECTION [セイコーセレクション]
 

メンズモデルは?
40㎜以下の小ぶりサイズ。ジェンダーレスだから女性が少し大きめでつけてもあり。ケース径38.2㎜[SCXP126]2万3000円

レディスモデルは?
グリーンダイヤルとゴールドのケースが印象的で、エイジレスにつけられる。ケース径30.2㎜[SCXP136]2万3000円

 
1960年に<セイコー>が発売した”セイコー ゴールドフェザー”。これは当時、秒針と時分針が中央につく腕時計としては世界最薄として話題をさらったモデルだった。そしてこの冬、「セイコーセレクション」から”セイコー ゴールドフェザー”のオマージュとなるリメイクモデルをペアで発売する。オリジナルのコンセプトでもある「羽根のような薄さとやわらかな着け心地」はそのままに、グリーンのグラデーション文字盤がビンテージな趣。クォーツ、3気圧防水、SSケース(ゴールド硬質コーティング)、レザーベルト(セイコーウオッチお客様相談室)

■ココが選びのポイント!
・ペアで展開
・人気モデルの復刻
・大人っぽいビンテージデザイン
 
NEXT

3/5PAGE

3つめはプレゼントにぴったりなブランド

 
➂Orobianco<オロビアンコ>
グリーンダイヤルから覗く、
メカニカルもアクセサリー


イタリアブランドの<オロビアンコ>は、ゴージャスな時計から汎用性の高いシンプルな時計まで豊富なラインアップが魅力。そのほとんどが、人気のイエローゴールドやピンクゴールドを使い、冬のコーディネートにも負けないインパクトを手元で演出できる。その中でブランドらしい1本を選ぶとしたなら、機械式なんていかがだろうか?

ORAKLASSICA [オラクラシカ]
  

メンズモデルは、ORAKLASSICA[オラクラシカ]
大ぶりなケースとグリーンのダイヤルカラーが、クリスマス前のこのシーズンに映える。ケース径42㎜[OR0011-TC2]4万1000円

レディスモデルは、AURERIA[アウレリア]
コロンとした厚みのあるケースが印象的。これ1本で華やかさが出せる。ケース径26㎜[OR0059-TC2]4万1000円

 
型押しイタリアンレザーベルトと玉ねぎ型のリューズ、そして文字盤の三日月オープンハートが特徴的なこのシリーズ。クラシックでありながらも高級感と風格がある、まさに唯一無二の腕時計だ。しかもグリーンダイヤルは、時計専門店チックタック限定カラーという特別仕様。身につけたときの華やかさはやはり別格だから、海外からの人気が高いのも納得だ。自動巻き、10気圧防水、SSケース、レザーベルト(チックタック池袋パルコ店)

■ココが選びのポイント!
・機械式時計
・豪華なデザイン
・時計専門店チックタック限定カラー
 
NEXT

4/5PAGE

4つめは流行のミニマルなブランド


 ④L LARSEN<エルラーセン>
限りなくシンプルに
静かなる存在感を放つ

2012年に始まった新進気鋭のブランド<エルラーセン>。デンマークの南西部の町、スベンボーのアトリエで企画から生産まで一貫して行う本格派だ。”時間を見る”という、時計本来の機能に特化し過度なデザインは施さない北欧時計の美学が表れている。また、ダイヤルカラーもベーシックな白やブルーが多く、ファッションの一部としてつけやすいように計算されている。

NIKOLAJ [二コライ]
 

メッシュブレスにすると?
ケース、ブレスともにシルバーで統一され、グリーンダイヤルの美しさを際立たせる。[143SFSM]2万9000円

レザーベルトにすると?
ファッション性を高めるイエローゴールド×グリーンのコンビネーション。レザーになることでレトロな雰囲気にも。時計専門店チックタック限定[143GFBLL]3万円

  
白やブルーの文字盤が豊富な<エルラーセン>のラインの中で、「二コライ」のグリーンは一層際立つ。このカラーはデンマークの森をイメージし、深い落ち着いた雰囲気を演出。また、ブランドが得意とするサンレイ加工を施したことで、光に当たるとキレイな放射状となり透明感のあるカラーリングに。6時位置に配置されたスモールセコンドがワンポイントとして彩る。ケース径41㎜、クォーツ、3気圧防水、SSケース(大沢商会)

■ココが選びのポイント!
・3万円で買える
・クリーンで洗練されている
・流行のミニマルデザイン
 
NEXT

5/5PAGE

5つめはドイツのブランド


 ⑤DUFA<ドゥッファ>
アートを身につけるように
美的センスの高い逸品

現代美術に大きな影響を与えた美術&建築の総合教育学校、バウハウス。その遺産を継承する<ドゥッファ>は、ドイツを代表するウオッチブランドである。ミニマルで無駄のない顔立ち、そして機能美をとことん追及した腕時計コレクションは、まさに”ドイツ時計”らしい質実剛健な信念を感じさせる。スイス製のムーブメントを使用するなど、高品質の条件がありながらも3~5万円台という価格設定も特徴だ。

GROPIUS [グロピウス]
 

メンズモデルは?
シンプルの中にもダイヤルやレザーの色みで個性を発揮。ケース径38㎜[DF-9001-0M]3万2000円

レディスモデルは?
アクセサリーとして、存在感のある腕時計。ケース径32㎜[DF-7001-0M]3万2000円

 
<ドゥッファ>のラインナップの中でも男女問わず支持されているのが「グロピウス」シリーズ。バウハウスの創始者であるヴァルターの精神が込められたスモールセコンドのモデルだ。ベーシックながらもドーム型ガラス、立体感のあるインデックス、スモールセコンドが印象的な顔立ちを作り出す。細身のベルリン書体も視認性をより高める。クォーツ、3気圧防水、SSケース(ウエニ貿易)

■ココが選びのポイント!
・モダンなフェイス
・小ぶりなサイズ感のペア展開
・腕にフィットする上質レザー

ファッションの一部である腕時計は、その人のセンスを反映させるもの。冬のおしゃれはグリーンダイヤルでグレードアップさせてみない?



INFORMATION

商品の問い合わせ
➀アイ・ネクストジーイー 03-5496-4317

➁セイコーウオッチお客様相談室 0120-061-012

➂チックタック 03-5391-8376

④大沢商会 03-3527-2682

⑤ウエニ貿易 03-5815-3277

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03デニムバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03
デニムバッグ

オシャレと実用性の両方が求められるバッグって、選ぶのがなかなか難しい。ましてや、どんなコーディネートにも合う、まわりの人とかぶらないって話になると難易度がさらに上がってくるはず。そんなバッグ探しに終止符を打ってくれるのが〈ディーゼル〉のデニムバッグシリーズ。シンプルな見た目は着こなしに溶け込むし、ブランドを象徴するタフなデニム使いで、個性も、実用性もバッチリだ!

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選
PR

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選

あのカンゴールの最新秋服を、ZOZOTOWNなどで人気を博すECブランドMONO-MART(モノマート)が別注! キミのワードローブに取り入れるだけでオシャレに格上げされる10のトレンド服をピックアップした。挑戦しやすいシンプルなデザインとリーズナブルな価格帯にも注目してほしい。

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!
PR

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!
秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!

厳しい残暑の中でも、ファッション高感度な人ほど秋支度は急ピッチに進んでいる。トレンドにいち早く反応するショップ、アベイルならコスパよく揃えられる。ってことで、今回はイチオシの秋コーデをピックアップ! 移り行く季節に、何を買っていいか分からない人は特に必見だよ!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ