• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2019.08.17

フェスで大活躍! ハンターのパッカブルなバックパック&ポーチ!

レインブーツでおなじみのブランド、ハンターからフェスシーズンに持ってこいのバッグが登場! フェス現場でできるだけ荷物を少なくしたい人(もちろん、携帯電話と小銭入れだけを入れるイケてるバッグが欲しい!って人も)や旅先でちょっとした荷物を入れるバッグがほしいと思ってる人は、この“ひと目惚れ度MAX”のハンターのバッグ群をぜひチェックしてほしい!

フェスや旅の“行きの荷物”をコンパクトにしたい人、集まれ!
旅先へ向かうときの大きなバッグの中に、ミニバッグをそっと忍ばせておいて、現地では小さめのリュックやポーチで行動したいって考える人も多いと思いますが、今回紹介するハンターの3つのバッグは、その望みをおしゃれに叶えてくれる。すべてパッカブル仕様なのはもちろん、おなじみのハンターのブランドロゴが全面に歪んで表現されていて、インパクト抜群。ひと目惚れ度の高いデザインだ。耐水性・耐久性に優れたナイロン生地なので、ガシガシ使えるのもうれしい。全面に配されたブランドロゴが印象的。パッと目につくキャッチーなデザインなので、周りからの「いいね!」視線を獲得できる。丈夫ながら薄手のナイロン素材で、軽く、使い勝手もいい。

サイドポケットにはドリンクや折り畳み傘も入る。ショルダーストラップがメッシュ素材で、軽快感も増す。かさばらないフォルムでフェスや旅先でのメインバッグとしても使える。ハンターのリュック[W25×H35×D12cm]8500円(ハンタージャパン カスタマーサービス)

旅先やフェスでは、携帯電話、カメラなど必要最小限の荷物で済ませたい人におすすめ。もちろん、普段使いでも活躍するサイズ感。ストラップは外せるので、バッグの中に入れて、パッカブル状態にすることも可能。ハンターのバッグ[W20.5×H16×D10cm]5000円(ハンタージャパン カスタマーサービス)

トレンド感のあるアウトドアスタイルにマッチするフォンポーチ。コーデのキャッチーなアクセントになることはもちろん、リュックなどのメインバッグと併用するスタイリングにもハマる。ストラップ部分は取り外し可能。ハンターのポーチ[W15×H20cm]4000円(ハンタージャパン カスタマーサービス)

ひと目惚れ度の高い、このバッグ群。パッカブル仕様を有効活用した旅先バッグとして、キャッチーなデザインを生かしてフェス現場の主役バッグとして、そして、その両方として。とにかく、この夏〜秋、いろいろなシーンで使えそうだ。

INFORMATION

ハンタージャパン カスタマーサービス
TEL:0120-563-567

※バッグのサイズ表記はW:幅×H:高さ×D:マチ、サイズはすべて編集部調べ

瀬戸利樹が履く、ラクに進む〈アシックス〉のエボライド 2!‟走る”と‟遊ぶ”を両立するランニングシューズ、登場!
PR

瀬戸利樹が履く、ラクに進む〈アシックス〉のエボライド 2!
‟走る”と‟遊ぶ”を両立するランニングシューズ、登場!

ランニングシューズは“走る”と“遊ぶ”にもアクティブに対応できる1足を選びたい。そこで〈アシックス〉の最新作「エボライド 2」の出番。初心者でもラクに長く走れる機能性を備え、差し色の効いたデザインもカッコいい。俳優・瀬戸利樹がその実力を体感する!

どの時計をつけるかは、その日のコーデ次第!ザ・クロックハウスで見つける毎日着替えるリストウエア。
PR

どの時計をつけるかは、その日のコーデ次第!
ザ・クロックハウスで見つける毎日着替えるリストウエア。

時計だってファッション感覚で毎日つけこなしてほしい、そんな思いから〈ザ・クロックハウス〉のオリジナルウオッチは生まれた。その日のイベントによって身にまとう服が異なるように、T.P.O.S.に応じて時計もつけ替えておきたい。ファッション感覚で腕時計をつけこなそう!

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2021春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.19
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.2は10月23日(金)発売!
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.34
FINEBOYS どんな日常にもスニーカーは必要だ!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ20-21秋冬
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 CAMP
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY
FINEBOYS 大人の足元は主張のあるスニーカーで!
FINEBOYS FINEBOYS +plus SUIT Vol.33

ページトップへ