• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2020.10.26

パタゴニアの新作ダウンベストが今年もスゴい!デザイン&機能性が最高レベル

今の時季から真冬にかけて活躍するダウンベスト。さまざまなブランドからリリースされるアイテムだが、中でもパタゴニアの新作ダウンベストが逸品との情報をキャッチ!ダウンの保温性はもちろんのこと、リバーシブルで着られるデザインだから1枚で2度おいしい!裏地に使われるのはボア素材だから今っぽさも十分。リバーシブルならコーデの幅が広がるし、コスパ的にもありがたい!

パタゴニアの名作ジャケットの新作も登場!

パタゴニアのダウンベストに新作が仲間入り!


パタゴニアには名作レトロXはじめ、デザインと機能性を兼ね備えたベスト類が豊富。その仲間に加わったのが、この新作ダウンベストの「リバーシブル・ビビー・ダウン・ベスト」。本体は、耐風性と耐水性を備えたリサイクル・ポリエステル100%、ヨークには悪天候に対応するナイロン素材でトレンドの切り替えデザインに。そしてこのダウンベストは実用的なリバーシブル。表と裏はどちらも使いやすいデザインだけに、スタイリングの幅が簡単に広がる!

パタゴニアの保温性の高いダウンベスト


見頃に使用した軽量な防風性シェル素材は耐久性撥水加工が施されている。600フィルパワー・リサイクル・ダウン100%のダウンで身体の芯から暖めてくれる!また軽量化にも成功しており、まったく苦にならないライトな着心地も魅力的。パタゴニアのダウンベスト2万8600円(パタゴニア日本支社 カスタマーサービス)

着用するとこんな感じ!
コンパクトなダウン素材のため、アイテムのボリューム感はそれほど気にならない。むしろレイヤードがしやすいくらいのちょうど良いサイズ感。優しげな色みを生かして、写真のように同色のパーカと合わせてみると、今っぽい雰囲気が獲得できてコーディネートとしてのバランスも完璧。

裏使いなら今っぽいボアベストに!


裏の顔は今どきなボア素材。防風性と吸湿発散性を備え、パタゴニアといえばなシェルパフリースを使っている。「結局片方しか着ない」というリバーシブル特有の悩みがあるが、この1枚は表と同様に使いやすいデザインだから裏でも必ず重宝する。表裏どちらも主役で着られるデザイン性の高さがうれしい!胸元の切り替えポケットが好アクセントになっており、おしゃれな雰囲気を高めてくれる。

着用するとこんな感じ
表のときよりもアウトドア感が強まり、アクティブな印象に。前開けでジャケットのように着こなせば簡単にサマになる。

ほかのカラーリングも魅力!
紹介してきたベージュだけでなく、表の色みがグレーベースとグリーンベースなどのカラーバリエーションも用意。好きなものを選んで、コーディネートの幅を広げよう!パタゴニアのダウンベスト各2万8600円(ともにパタゴニア日本支社 カスタマーサービス)

以上で表と裏で二面性を持つ、使い勝手抜群のダウンベストの紹介は終わり!裏返しで着るという単純な仕掛けではあるが、印象の変化は絶大だしコスパ的にも助かる!気になった人はURLをチェックして。

INFORMATION

●パタゴニア 公式オンラインショップ
URL:www.patagonia.jp/

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しいコーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間
PR

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しい
コーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間

今日もお気に入りの〈ニトリ〉のボトルにコーヒーを入れ、リュックに詰めて出発── 自転車に乗って家から少し離れた公園へ。ここでコーヒーを飲みながら課題をするのが最近のルーティン。まさに僕だけの特別な時間だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ