• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2019.10.28

超特急FASHION DICTIONARY vol.24超特急カイ・ユーキ・タカシ meets SILVER ACCESARY

ファッションが楽しくなる秋に、FINEBOYS Onlineに秋のオシャレを呼び込んでくれるのは、やっぱり我らが超特急! 11月20日(水)にはNEWシングル「Revival Love」の発売、さらには年末年始のライブへとめちゃくちゃ勢いを増している。彼らの連載である『超特急FASHION DICTIONARY』も今回で24回目。今月のテーマは「シルバーアクセサリー」。登場するのは、カイ、ユーキ、タカシの2人だ!

BULLET TRAIN No.2 KAI
meets N
ecklace

【Necklace/ネックレス】
首につける装飾品のこと。着用したときに″U字″になるものはだいたいが「ネックレス」といわれる。そのなかでも「シルバーネックレス」がメンズアクセのど定番であり、一番合わせやすいとされている。コーディネートに取り入れる場合、夏ならTシャツの上、春秋ならカットソーの上、冬ならニットの上と……「ネックレス」はオールシーズンで活用できるのが特徴だ。じつは値段もピンキリ。思い切って高級なやつを1本買って、長く使うのもそれはそれでカッコいい。もちろんお手頃のやつを数本常備して、着こなしで替えるのもめっちゃオシャレ。

KAI Coordinate
カイがつけたのは普段カイがつけているのとは真逆のちょっと華奢な「シルバーネックレス」。それなのにおいッ、シンプルな黒カットソーがグレードアップしてっぞ! ″着飾りすぎない″、それが一番イケていることをカイは知っているんだなぁ~。

 
■KAI Interview
――アクセサリーにこだわりってある?
「ゴールドよりはシルバー派ってところかなぁ。すごく細かいかもしれないんだけど、持っているバッグの金具がシルバーなことが多いから、そこは統一したいなと思って。スタイル全体を見たときに、なるべく統一感を出したいというか。一部分だけが目立ちすぎないようにしたいんです」

――ネックレスだったらどういうタイプが好き?
「ネックレスはゴツいほうが好きです。今日私服でつけてるのもめっちゃゴツい(笑)。シンプルなTシャツとか、柄が派手じゃない服に合わせることが多いです。アクセサリーは気に入ったものがあったら積極的に買ってる。だからどんどん増えちゃうんだよね〜」
NEXT

2/3PAGE

次はユーキのウォレットチェーン

 
BULLET TRAIN No.5 YUKI
meets Wallet chain


【Wallet chain/ウォレットチェーン】
'90年代のユースカルチャースタイルが、今再び人気を博していることもあり「ウォレットチェーン」があらためて注目されている。「ウォレットチェーン」とはその名のとおり、財布につけるチェーンのこと。財布とベルトループをつなぐアクセサリーの一種であり、金属あったりコード(紐)であったりデザインはさまざま。黒パンツが定番の人であればオススメは「シルバーウォレットチェーン」。黒に映えるシルバーが武骨な印象を高めるだけでなく、ほどよい色気も上乗せ。

YUKI Coordinate
黒ロンTに黒スキニー。オール黒でそろえた着こなしに映えるのは、ユーキのピンクヘアと「ウォレットチェーン」。この2つ、ベストコンビじゃないか!

 
■YUKI Interview

――ユーキはふだん、アクセサリーはつける派?
「うーん……最近はあんまりつけないかも。一時期指輪はしてたんだけど、8号車へのプレゼント企画でよく着けてたやつをあげちゃってからしなくなったなぁ(笑)。あと春夏……あったかい時季はとにかく身軽でいたいからアクセ含め物をあんまりたくさん身に着けたくなくて。でもこれから涼しくなるからアクセサリーもまたつけたくなってきたかもです! 何から買おうかな~」

――今まで、指輪以外にシルバーアクセって持ってた?
「ちょこちょこ持ってましたよ、イヤリングとか。あとウォレットチェーン! 学生のときは学ランのパンツにチェーンつけた気がする。私服でも財布につけてリュックから落ちないように……僕落とし物多かったんで、オシャレ兼実用的に活用してました(笑)」

NEXT

3/3PAGE

次はタカシの指輪

 
BULLET TRAIN No.7 TAKASHI 
meets Ring

 Ring/指輪
「リング」というと、エンゲージリング(婚約指輪)、マリッジリング(結婚指輪)、ペアリング……なんて幸せな系の「リング」を意味するものもあれば、普段のファッションとして、手まわりを彩るアクセサリーリングも最近ではおなじみ。『いやいや、小さいし、つけてもつけなくても同じじゃね?』なんて侮るなかれ、人の視線を集める手元の「リング」は、ファッションにおいても存在感は抜群。華奢なタイプからゴツめのものまで、デザインによって雰囲気も大きく変わる。気分でかえるもよし、服に合わせて選ぶもよし、キミのセンスでつけてみよう。

TAKASHI Coordinate
タカシのスラッとした美しい指にちょっと個性的なシルバーリング。服がシンプルだからめちゃくちゃ男っぽくハマってる!……んですけど、みなさん、やっぱり見ちゃうのはタカシのアップですよね~、わかります。 


■TAKASHI Interview

――ファッションのポイントにアクセサリーって使う?
「たまにやりますよ。基本的にはリングかネックレスかなぁ。シンプルなトップスを着たときに、寂しくならないようにと思ってつけることが多いです。リングはゴツいデザインのものが自分にはちょっと似合わないなと思っていて。さりげなくつけられる存在感のものを選んでいます」

――アクセはシルバー派?ゴールド派?
「シルバー派です! そういえばゴールドはあんまりつけたことないなぁ。アクセサリーは、気に入ったもの1つをずっとつけているタイプです。服もどっちかと言うと、新しいものをたくさん買うよりは”コレだ!”っていう気に入ったものを長く着たい。アクセサリーはとくに愛着が湧いちゃって、あまり変えようって気持ちにならないんです」

超特急FASHION DICTIONARY vol.25は12月18日(水)! 乞うご期待!

INFORMATION

■今までの連載記事はコチラ!
超特急FASHION DICTIONARY

■超特急プロフィール
カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケ、タカシの6人からなるメインダンサー&バックボーカルグループ。11月20日(水)には、フジテレビ系10月期木曜劇場「モトカレマニア」の主題歌「Revival Love」が発売決定。また12月21日(土)からは、『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020「Revolución viva」』がスタート。

超特急オフィシャルサイト bullettrain.jp/

■衣装クレジット
カイ/ハレのカットソー6500(アダストリア)、ネックレス6000(マージン)
ユーキ/ハーレーダビッドソンのカットソー3240(ハーレーダビッドソン ジャパン カスタマーサービス)、ビーミングのパンツ7900(ビーミング ライフストア バイ ビームス コクーンシティ店)、ウォレットチェーン35000(バフ)
タカシ/ビーミングのシャツ6400円、カットソー3700(ビーミング ライフストア バイ ビームス コクーンシティ店)、アンプジャパンのリング8000(ビヨンクール 阪急メンズ大阪店)

●撮影/杉江拓哉(TRON) スタイリング/小島竜太 ヘア&メイク/青山佑綺子、スギノトモユキ(ともにNICOLASHLA)

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04ナイロンバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04
ナイロンバッグ

大学の通学用にしろ、友達と遊ぶ用にしろ、使い勝手や合わせやすさを考えると黒などのシンプルなバッグが正解。だけど、その中にもこだわりを持ってバッグを選びたい人も多い。そこでオススメなのが〈ディーゼル〉のナイロンバッグ。高級感のあるツヤッとした質感に、ミリタリーを思わせるディテールが何とも男らしい。シワになりにくく汚れもつきにくい、さらに軽くて丈夫とあって文句のつけどころがない!

<ディーゼル オン> meets 中川大志ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ
PR

<ディーゼル オン> meets 中川大志
ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ

ディーゼルの時計は、一目でそのブランドだとわかるユニークかつファッショナブルなデザインが特徴。今回の新作「AXIAL SMARTWATCH(アクシアル スマートウォッチ)」も、例に漏れずディーゼルらしさが随所に表現された注目モデルだ。タッチスクリーン式のアニメーションダイヤルやファッショナブルなデザインは、まさに”次世代”を感じさせる佇まい。数多くの話題作に出演し、同じく”次世代”を担う俳優として活躍を見せる中川大志がつけこなす。

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ