• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2018.07.29

本当に流行っている「Tシャツ」のハナシ。 Vol.1まず買うべきは旬のゆるT!

たかがTシャツ、されどTシャツ。自分を表現するひとつのツールとしても使えるTシャツ。何を着るかでどんな人かわかってしまうかもしれないTシャツ。今シーズン流行っているのはどんな形? どんな色? そんな旬の1枚を追い求め徹底的にリサーチ。Vol.1の今回は、絶対に取り入れるべきシルエットのハナシ。

■今季は、ゆるTがワードローブに必要だ!
とにかく真っ先に手に入れておきたいのがゆるいサイズ感のTシャツ。今や、主流のシルエットはすっかりタイトからビッグへと一変! そして、"ゆるい"といってもその形はタイプごとに微妙に異なってくる。好みのサイジングを見つけるべく、ここで覚えておこう。大きく分けるとこの3タイプだ!

全体的にビッグシルエット

サイズアップしたように袖、身幅、丈のすべてが大きいタイプがコレ。「とにかくデカい1枚が欲しい!」っていう人は、これに当てはまる形を探そう。 
写真の羽根柄をインクジェットでプリントした1枚は、スーパービッグと名付けられたアイテム名通りにインパクトあるサイジング。タフな素材使いでキレイなシルエットを描く。ラッド ミュージシャンのTシャツ1万5000円(ラッドミュージシャン原宿)、コエのショーツ4490円(コエ渋谷店)

身幅がワイドシルエット

袖や丈は普通のTシャツとあまり変わらないが、身幅が広く作られたのがこのワイドタイプ。普段のTシャツと同じ感覚で着られながら、ビッグ感も楽しめる。 
写真の1枚は東京ストリートを代表するダブレットのラブレスエクスクルーシブカラー。刺しゅうが途中からフリンジになるというギミックの効いたデザインが目を引く。ダブレットのTシャツ1万7000円(ラブレス青山)、マムートのショーツ9800円(マムート スポーツ グループ ジャパン)

肩が落ちるシルエット

肩のラインが二の腕あたりにくるようにデザインされているのがこのドロップショルダー。このラインがズレていることで視覚的にゆるいという印象を与えられる。 
モデル着用したイズネスも、ビッグサイズのアイテムに定評のあるブランド。絶妙に肩を落としたサイズ感は一度、袖を通せばヤミツキに。イズネス×コットントレーダースのTシャツ2万1000円(イズネス)、バーンストーマーのパンツ1万4800円(ヘムトPR)、キャップ3800円(ニューエラ)

 

NEXT

2/2PAGE

君はどのタイプを選ぶ?

 
■どのタイプのTシャツもゆるサイズなら一躍、旬に!

全体的にビッグシルエットなら、リラックス感が加速される!

 

ブランドが得意とするビッグTはタフなコットン地を使用。ヴォート メイクニュー クローズのTシャツ8000円(ヘムトPR)

ホッケージャージを彷彿とさせるデザインはスポーティに仕上げたいときはコレ。鮮やかな赤が人目を引く。Tシャツ2200円(ユナイテッド アスレ)

気鋭スケボーブランド。マネージャーズ スペシャル×アーバンリサーチiDのTシャツ4500円(アーバンリサーチiD ルミネエスト新宿店)

コーヒー好き&スモーカーに贈るブラックジョークめいたメッセージの1枚! カルトクラブのTシャツ6000円(シック)

 
身幅がワイドシルエットは、初心者でもはじめやすいのが魅力
 

優しげなベージュのボーダーT。なじみの1枚もワイドなら今年顔に。リビング コンセプト8500円(1LDKアパートメンツ)

高級感のあるハイゲージのニットT。艶のある上品な仕上がり。ステュディオスのTシャツ8300円(ステュディオス原宿本店)

首元にあるトリコロールのリブが無地Tに彩りを添える。位置的にアイキャッチ力も高いのが魅力。コエのTシャツ3990円(コエ渋谷店)

ボーダーTにロゴをオン。オープニングセレモニー ブラックレーベルのTシャツ1万1000円(オープニングセレモニー表参道店)

 
さりげなくゆるさを醸すなら、肩が落ちるシルエット
 

無地の白Tこそ上質な素材を用いたこの1枚のようなものを選びたい。サイドスリットつき。MHLのTシャツ1万円(アングローバル)

袖と裾に生地を貼り重ねたようなデザイン。クラフト感あふれる仕上がり。レアセルのTシャツ6800円(アドナスト ミュージアム)

和をイメージさせるような衿元の作り。レイヤードにも重宝するデザインだ。アバハウスのTシャツ7900円(アバハウス原宿)

ブラックのボディにバーガンディのトリミング。肩落ちラインを強調できるデザインだ。キートのTシャツ1万500円(ヘムトPR)

 
ゆるめサイズのTシャツというだけで今年らしく一新できる! さっそくゲットして、定番コーデをブラッシュアップさせよう。〈Vol.2に続く〉



INFORMATION

●アドナスト ミュージアム
TEL:03・5428・2458

●アバハウス原宿
TEL:03・5466・5700

●アーバンリサーチiD ルミネエスト新宿店
TEL:03・6457・7998

●アングローバル
TEL:03・5467・7874

●イズネス
TEL:03・5458・8122

●オープニングセレモニー表参道店
TEL:03・5466・6350

●コエ渋谷店
TEL:03・6712・7253

●シック
TEL:03・5464・9321

ステュディオス原宿本店
TEL:03・5785・1864

●ニューエラ
TEL:03・5773・6733

●ヘムトPR
TEL:03・6721・0882

●マムート スポーツ グループ ジャパン
TEL:03・5366・0587

●ユナイテッド アスレ
www.united-athle.jp

●ラッドミュージシャン原宿
TEL:03・3470・6760

●ラブレス青山
TEL:03・3401・2301

●1LDKアパートメンツ
TEL:03・5728・7140

●撮影/山本 大[モデル]、田中利幸[静物] スタイリング/高橋正典 ヘア&メイク/筑波成美 モデル/ヒューゴ
※価格はすべて税別です。
※FINEBOYS7月号掲載商品のため、売り切れや取り扱い終了の場合がございます。ご了承ください。

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03デニムバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03
デニムバッグ

オシャレと実用性の両方が求められるバッグって、選ぶのがなかなか難しい。ましてや、どんなコーディネートにも合う、まわりの人とかぶらないって話になると難易度がさらに上がってくるはず。そんなバッグ探しに終止符を打ってくれるのが〈ディーゼル〉のデニムバッグシリーズ。シンプルな見た目は着こなしに溶け込むし、ブランドを象徴するタフなデニム使いで、個性も、実用性もバッチリだ!

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選
PR

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選

あのカンゴールの最新秋服を、ZOZOTOWNなどで人気を博すECブランドMONO-MART(モノマート)が別注! キミのワードローブに取り入れるだけでオシャレに格上げされる10のトレンド服をピックアップした。挑戦しやすいシンプルなデザインとリーズナブルな価格帯にも注目してほしい。

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!
PR

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!
秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!

厳しい残暑の中でも、ファッション高感度な人ほど秋支度は急ピッチに進んでいる。トレンドにいち早く反応するショップ、アベイルならコスパよく揃えられる。ってことで、今回はイチオシの秋コーデをピックアップ! 移り行く季節に、何を買っていいか分からない人は特に必見だよ!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ