• twitter
  • instagram
SEARCH

GIRLS- ガール -

2019.06.05

本田 翼が男子におくる、映画『空母いぶき』のススメ。

発売中のFINEBOYS6月号では「本田 翼に怒られたい」をテーマに、めったに見せない怒り顔を披露してくれたばっさー。オンラインでは誌面未公開のカットとともに、最近テンションの上がったことや公開中の映画『空母いぶき』についてインタビュー!

■年始のメキシコ旅行がすごく楽しかった!!

――ふだん怒ることはほとんどないという本田さん。では、逆にどんなものに「うれしい」「楽しい」と感じますか?

「最近、とくに印象に残ってるのは……今年の1月に、母と行ったメキシコ旅行です! マヤ文明の遺跡や、ピンクレイクというピンク色の湖を見に行ったんですけど、とにかく圧倒されて。楽しいこと、と聞いて真っ先に思い浮かぶのはその旅行ですね」

――何かおみやげは買われましたか?

「カラフルな人形を買いました! メキシコの雑貨って、色彩がハッピーでどれも本当にかわいいんです。気に入ったものを見つけたので買っちゃいました。今は家にちょこんと吊るされてます」


■若い男子にこそ観てほしい、映画『空母いぶき』

――出演中の映画『空母いぶき』が絶賛公開中ですね。原作にはいないオリジナルキャラを演じてみて、いかがでしたか?

「私が演じたのは本多裕子というネットニュースの記者で、"いぶき"に乗り込む唯一の女性。映画で新たに追加された人物ということで、よりストーリーをわかりやすくする存在なのかなと。監督からは原作を読まないで撮影に臨んでほしいと言われていたんです。そのおかげもあって、いぶきの外で何が起こってるかわからない恐怖だったり、真実を全部話してくれるわけじゃない不安の中、自分たちで予測したり調べたりしなければならない彼女と同じ目線に立てたのかな、と思います」

――"いぶき"を1度降ろされそうになったとき、「残らせて」と彼女に言わせたものは何だったと思いますか?

「何でしょう……。本能みたいなものじゃないかな。記者として責任や使命感が芽生えた瞬間だったんだと思います」

――もし、本田さんが実際にWEBメディアの記者だったらどんな記事を書きたいですか?

「まずは好きなもののことを。動物系……わんちゃんのほんわかした記事を書きたいです(笑)。あとは、日本の経済や政治についての記事も書いてみたい。自分でニュースを見ていても、難しいなって思うことがやっぱり多くて。もうちょっとわかりやすく伝えてくれる人がいたらいいのにな~ってふだんから思うので、難しい情報をかみ砕いてたくさんの人に伝える、っていうことができたらいいですよね!」

――最後に、映画の見どころを教えてください!

「戦争や戦闘をテーマにした作品ですが、それに関わる人たちの思いというものが大きく描かれた作品になっています。ふだん戦争モノに抵抗がある人でも、『空母いぶき』を観たら、いざというときに国を守るために頑張ってくれる人たちがこんなにいるのかと思えると思います。実際に戦闘に臨むいぶきの乗組員ももちろん、戦闘とは遠いところにいる政治家やその他の人たちも”当たり前の日常”を守るためにそれぞれ奮闘しています。そういう人達の姿を見て、何か感じるものがあればと。同世代の中でも、こういう重厚な映画を観たって言うとだいぶカッコつけられるんじゃないかな~と思います(笑)! あとは戦闘シーンの迫力もすごいので、若い男子にうってつけの作品です!」

『空母いぶき』
全国にて好評公開中!


©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

STORY
20XX年12月23日未明、国籍不明の軍事勢力が日本の最南端沖で突然の発砲。日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束される事件が発生した。午前6時23分、日本政府は初の航空機搭載型護衛艦・いぶきを中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。このあと、日本はかつて経験したことのない1日を迎えることになる。

CAST/STAFF
出演/西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、小倉久寛、髙嶋政宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、深川麻衣、中井貴一、藤竜也、佐藤浩市ほか
監督/若松節朗
脚本/伊藤和典、長谷川康夫
原作・監修/かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中 / 協力:惠谷治)
HP/kuboibuki.jp/

INFORMATION

プロフィール/ほんだ・つばさ。1992年6月27日生まれ。東京都出身。現在公開中の映画『空母いぶき』に出演するほか、ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系毎週月曜21:00~)にも出演中。また、映画『新聞記者』(6月28日公開)、『天気の子』(7月19日公開)など話題作の公開を控える。
Instagram/@tsubasa_0627official

撮影/杉江拓哉(TRON)

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。
PR

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作
男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。

そろそろ秋に向けて着こなしをアップデートしたい——。ならまずは、毎日身につける腕時計から新鮮さを足してみない? 〈ディーゼル ウォッチ〉の新作「グリフド コレクション」は武骨なディテールはもちろん服に負けない存在感も魅力。男心くすぐるこの”新顔”は絶対見逃せない! さらに、今回はこの「グリフド コレクション」の4モデルを各1名様にプレゼント。秋冬ファッションを彩る1本をぜひゲットして!

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02ロゴバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02
ロゴバッグ

シンプルなアイテムを着ていると、その反動なのかちょっと主張できるものが欲しくなるもの。それはバッグも同じ。とはいえ、主張しすぎるデザインは毎日のコーディネートに合わせるのはちょっと難しい。そんなバッグ選びの悩みに終止符を打てるのが、この〈ディーゼル〉のロゴバッグ。過度に見えないシンプルな書体、だけど地味にならない絶妙なバランス感が最高! 見逃すのはもったいない!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29

ページトップへ