• twitter
  • instagram
SEARCH

GIRLS- ガール -

2019.06.05

今日、あの子となにを食べにいこうか -激カワ女子図鑑- vol.17明治学院大学3年 藤田みりあちゃんとからあげを食べる。

この連載は、FINEBOYSが見つけたとびきりキュートな女子とのゴハンデート企画。今回は、2018年のミス明治学院に輝き、ネットで〝かわいすぎる女子大生〞として話題を集めた、藤田みりあちゃん。ジャンクなからあげと美女、このギャップも最高!

今回のゴハン相手
藤田みりあさん(20歳) 159㎝ 明治学院大学3年
×からあげ

藤田みりあさんをプチ♥解剖

藤田みりあ(以下「みりあ」):お肉はプリプリだし、とってもジューシー♥  専門店のからあげって初めて食べましたけど、こんなにおいしいんですね♪

ーー喜んでもらえてよかったよ!(激カワ女子の笑顔は最高や)

みりあ:最近すごく天気も良くて暖かいから、ピクニックにここのからあげを持っていくとかもアリですね♪   自然に囲まれた大きな公園でのんびりピクニックしたいです♥

ーーたしかにね。それなら僕と一緒に行くのはどう?

みりあ:ちょっと、それは遠慮しておきますね
(笑)。仲の良い友達と行きます!

ーーあっさり振られた......。話題を変えて、この夏の予定とかはあるのかな?

みりあ:じつは車の免許がもう少しで取れそうなんです! なので、私の初運転でどこかにドライブに行けたらいいな。

ーードライブは最高だね! それなら、みりあちゃんの運転でどこ に 行 き ましょう?

みりあ:う〜ん、イチゴ狩りかな! 最近、無性に行きたくて......。写真もたくさん撮りたい♥  それとインスタで映えそうなスポットとか海とかも最高ですよね! 楽しいことたくさんしたいな♪

ーー(このルックスでイチゴが好きとは、何という破壊力!)どんな男子なら、みりあちゃんの助手席に座れるの?

みりあ:好 き な タイプってことですよね?(笑)  私、ガツガツした人が 苦手なので、素朴な文系男子が理想です。静かに図書館とかで真面目に勉強しているような人! 派手さがなくて、落ち着いている人。

ーースポーツ得意な男子が好きなのかと! それは意外だね!

みりあ:読書や映画を見ることが趣味な人は、私と合いそうな気がします。そ んな人が現れたら、一緒に映画デートもしてみたいな♥
 
からあげが郷土料理ともいわれる大分県中津市に本店を構える。日本唐揚協会の開催する〝からあげグランプリ〞で金賞を5年連続受賞。今回は大人気メニュー「骨なしミックス(300g/870円)」を実食。

INFORMATION


●藤田みりあさんのInstagram、Twitterはコチラ
Instagram→@miria_fujita
Twitter→@miria_fujita

●元祖 中津からあげ もり山 学芸大学店
住所: 東京都目黒区鷹番2-8-21プロヴァンズG・U審美館1階
TEL:03-3719-5730
営業時間:11:00〜21:00
休み:不 定 休

●撮影/榎本洋輔

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.01パッカブルバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.01
パッカブルバッグ

専属モデルの杉野遥亮がディーゼルの新作バッグの中からとくにオススメのものをレコメンドする新連載! 第1回目はあると何かと便利なパッカブル仕様のバッグ。ただ、この手のアイテムってちょっとチープに見えがちなのが難点。しかし、そこはディーゼル。ミリタリーアイテムに見られるミルスペックようなラベルを採用したり、ビンテージ感ある風合いの素材使いでそんなふうには見せないのがすごい!

シーンに合わせた時計選び1週間コーディネート術
PR

シーンに合わせた時計選び
1週間コーディネート術

T.P.O.S.に合わせたスタイルでラインナップしているのが、〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチの魅力。仕事のある平日からオフの休日も、それぞれのシーンに合った1本がきっと見つかる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10

ページトップへ