• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.09.29

話題の“神的美少女”黒木ひかりが、愛されキャラな理由

スラリとした細い身体に白い肌。大きな瞳と、頬に影を落とす長いまつ毛。どこから見ても完璧な“神的美少女”なのに、なんだか親しみやすい。過去に大きな失敗を体験した“しくじり先生”が、過去の苦い思い出から教訓を伝えるバラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』では、生徒として定期的に出演し、どんなフリにも明るく答える姿が印象的。自身も「お話するのが大好きだから、バラエティの仕事が楽しすぎるんです!」とキラキラした笑顔で話す。ムードメーカーとしても魅力的な彼女の、今一番楽しいこと、プライベートについてたずねてみました!

■じつは根が真面目!お仕事メモが手放せません

──本誌のカバンの中身企画で見せてくれたキーケースは、お母さんとおそろいなんですよね。
私の好きなアーティストのライブに行くために、お母さんと一緒に出かけたんです。場所は千葉・幕張だったんですけど、開場になるまでちょっと時間があったので、アウトレットでお買い物してて。少し前に、お母さんがカギをなくして大変になっちゃったことがあったので、次はなくさないように、キーケースをプレゼントしようかなって。

──仲良し親子!
はい! お母さんとお出かけはよく行きますよ~!

──他には、お仕事に関することを、事細かくメモしているということで、手帳を見せていただきました。
私、物忘れ激しくて(笑)。マメじゃないとやっていけないんです。監督さんにおすすめいただいた映画の感想とか、お芝居に関していただいたアドバイスなんかを書いてます。これ、すごい必需品!

──どんなことが書いてあるか気になっちゃいます!
あのシーンの表情は切ない感じで、それについてこんな風に思った、みたいに、自分なりの解釈をメモしてるんですけど、こんなところに目をつけてるの!?”って思われたらちょっと恥ずかしいので、落として拾われたりしたら恥ずかしいですね(笑)無造作な髪にくしゃくしゃって触れてみたい

──自分自身は、どんなファッションが好き?
無地の黒が多いですね。あとは白。どちらかを軸にすれば、柄物を合わせたり、いろんな色も合わせやすくなるので。お仕事では、私服に近い感じの、ちょっと辛口系のテイストだったり、それとは真逆のガーリー系の雑誌でモデルをさせていただいているんですが、いつもと違う自分になれるのが楽しい。自分がしたことのないファッションやメイクにいつも刺激を受けています。もともと、モデルをすることは小さいころからの夢のひとつ。お母さんがおしゃれ大好きだったので、その影響を受けて、ずっとモデルに憧れてました。

──これからもどんどん、ジャンルレスなファッションを掘っていただきたいです! では、メンズ服について、おしゃれだなと思うスタイルは?
インパクトのある柄を使ってたり、派手なアイテムを着こなせる人っておしゃれだと思うので、友達だったらOK。だけどデートなら、わりとシンプルめの洋服で来てもらいたい。飾らないで、ラフでいいんです! あとはスニーカーが好きだから、ヴァンズとか履いて欲しいな」

──自然体がいいんですね。
だけどたまには、この日はお互いおしゃれして出かけよう!って約束するのも楽しいかも。

──毎回じゃないところが、特別感があって気分も盛り上がりそう!
おそろいコーデでなくてもいいから、事前にドレスコード決めたり。男性ががいつもキメキメだと、女の子の方も疲れちゃうと思うんですよ。ファッションは、それなりに自分の好きなものがあってちょっと興味あるよくらいのテンションの人が楽かな。

──ヘアスタイルについてはどう思います?
セットも整髪料もなんにもしてない髪が好き。セットとかしないで、前髪も下ろしてるのがいい。それなら、くしゃくしゃっと触れたときに髪型崩れるじゃん!ってならないですよね。これが初デートで、しっかりスタイリングしてきてくれたら、気合入れてきてくれたんだ!って嬉しくなりますけど、オフな感じがさわやかで好感度高いです。キャップもいいですね、私もよくかぶるし!バラエティ番組では、素の自分でいられる

──今は、どんなお仕事をしているときが一番楽しいですか?
ありがたいことにいろんなことをやらせていただいるので、一つには絞れないですが……。色々考えずに、楽しいって考えるとバラエティ番組ですね。昔から楽しいことが一番好き!幼いころからバラエティ番組を観て育ちましたし。素で楽しんじゃってる。『しくじり先生』の撮影は、はじめのうちは声も震えてしまうくらい、めちゃくちゃ緊張してましたが、出演者の方々がいじってくださるので、ホーム感があって、とても心地よい現場です!

──バラエティ番組で見せてくれる姿が、等身大ってことなんですね!
ずっと本当におしゃべりが大好きで。バラエティの現場で得るものは多いです。人と話すのが好きだからこそ、女優っていうお仕事もすごく楽しくて、それをお芝居に生かすこともできるのかもしれないです。演技は本当に難しいけど、がんばりたい!

──今まで演じてきた役は、友達思いで元気いっぱいのキャラだったり、リーダー的な女の子だったり、さまざですが、今後はどんな役にチャレンジしてみたいですか?
なんでもやりたいなって思うんですけど、今だからこそチャレンジしたいのは、学園モノのヒロインが友情がテーマの青春ドラマ。このお仕事は中学生のころから始めたので、高校生のときの思い出ってあまりないんです。お芝居を通して、それを感じたいなぁって思います!PROFILE
くろき・ひかり/2000625日生まれ。女優、モデル。AbemaTV「太陽とオオカミくんには騙されない」の出演をきっかけに、同世代女子から多くの支持を集める。バラエティ番組では飾らないキャラクターで、幅広い世代のファンを獲得。また、神的美少女と称される圧倒的な美貌を武器に女性ファッション誌「LARME(ラルム)」ではモデルとしても活躍している。

 Twitter
@HikariKuroki

Instagram
@kuroki_hikari

★発売中のFINEBOYS10月号では愛用のカバンとその中身を公開中!

INFORMATION

アベイシンググエイプのワンピース2万2800円、サンダル1万3000円(ともにベイプ ストア原宿)

ベイプ ストア原宿
 TEL:03-5474-0204

文/渡辺 愛 撮影/田中利幸 スタイリング/MOCO ヘア&メイク/鈴木智枝(JULLY)

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03デニムバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03
デニムバッグ

オシャレと実用性の両方が求められるバッグって、選ぶのがなかなか難しい。ましてや、どんなコーディネートにも合う、まわりの人とかぶらないって話になると難易度がさらに上がってくるはず。そんなバッグ探しに終止符を打ってくれるのが〈ディーゼル〉のデニムバッグシリーズ。シンプルな見た目は着こなしに溶け込むし、ブランドを象徴するタフなデニム使いで、個性も、実用性もバッチリだ!

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選
PR

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選

あのカンゴールの最新秋服を、ZOZOTOWNなどで人気を博すECブランドMONO-MART(モノマート)が別注! キミのワードローブに取り入れるだけでオシャレに格上げされる10のトレンド服をピックアップした。挑戦しやすいシンプルなデザインとリーズナブルな価格帯にも注目してほしい。

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!
PR

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!
秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!

厳しい残暑の中でも、ファッション高感度な人ほど秋支度は急ピッチに進んでいる。トレンドにいち早く反応するショップ、アベイルならコスパよく揃えられる。ってことで、今回はイチオシの秋コーデをピックアップ! 移り行く季節に、何を買っていいか分からない人は特に必見だよ!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ