• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2018.06.11

本誌では見られないオンライン限定フォトも公開!新田真剣佑が映画『オーバー ドライブ』の魅力を語る。

FINEBOYS7月号で初登場、初表紙を飾ってくれた新田真剣佑。現在公開中の映画『オーバー ドライブ』では、天才ドライバー直純役を熱演する。モータースポーツの世界を舞台に、整備士の兄やドライバーの弟、ライバルらの熱い絆を描くこの作品。ここではそんな彼に、役にかけた思いや共演エピソードについて聞いてきた。

  

――演じた直純は、どんなキャラクター?

新田真剣佑(以下:新田)「真っ直ぐな気持ちで、レースに向かう熱い男。表面的にはレースのことしか考えてないヤツに見えるんですが、内面にはいろんなものを抱えています。ある約束を守るために、必死にプレッシャーと戦い、身を削って走っています。ただ、そうした姿を人には見せたくない男ですね」

――役作りで行ったことは?

新田「撮影当時20歳だった新田真剣佑が出せる説得力は何だろうと考え、できることはすべてやったつもりです。撮影が始まる前に、プロドライバーの隣で、共演した北村匠海とラリーカーに乗せていただいたんですが、そこで感じたことは大きかったです。生と死の境目にいるような体験だったんです。1秒でも速く走るために極限までギリギリのコーナーを狙うので、命がけのスポーツだということが身に染みてわかりました」

――印象的だったシーンは?

新田「山奥でラリーシーンを撮影した時、雨が降ってドロドロになったんです。そうした経験は、とてもテンションが上がりました」

――新田さんは、レスリングなどをやっていたこともあり、プレッシャーに負けそうな直純に共感したのでは?

新田「しました。芝居もそうですし、どの世界にも自分との戦いはあるんだなと」

――直純のように焦りを感じたら、どう対処しますか?

新田「まずは深呼吸をします。そして、僕が焦るのは芝居でしかないので、よりよいものを追求するために時間を置いて改善しようとしますね」

――もともと、モータースポーツに興味は?

新田「アメリカでモータースポーツは主流。結構テレビでも流れるんで、もちろん知っていましたが、ドライバー役を演じたことで、奥深さを知りました。ド派手なスポーツなのに、ドライビングなどやっていることはすごく繊細。メカニックも必要な団体戦でもあり、『ひとりの力では何もできない』というメッセージが、この映画に込められています」

――共演者と言えば、直純の兄・篤洋役は東出昌大さんです。

新田「一カ月間、撮影地の北九州でずっと一緒にいたので、もはや家族のような存在。いつのまにか『兄貴』と呼んでいました。兄貴がいるのが当たり前だったので、撮影が終わるのが寂しくて……。 “兄貴ロス”がすごかったですね」

――1カ月、撮影地にいたんですね。

新田「家に帰らず済んだので、ずっとONの状態で役に集中し、作品に向き合えたことは、直純を演じるにあたってとても大きかったです。素晴らしいシーンを毎日撮れている充実感でいっぱいで、ほんとうに幸せな日々でした」

――映画のテーマに“あきらめない”ことがありますが、自身が“あきらめない”ことは?

新田「芝居です。役に対してできることはすべてやりたいと思ってきましたし、あきらめたことはないです。負けず嫌いか? 役者にとって大切なことですし、芝居については譲れないですね。でも、芝居は人とではなく、自分との戦い。そういう意味では、負けず嫌いとも違います」

――どんな役者を目指していますか?

新田「僕は、ある役者さんを見て、役者になる夢を抱きました。なので、作品を通じて、多くの人に『役者っていいな、カッコいいな』と思ってもらえる役者になりたいと思いながら演じています。『役者っていいな』という気持ちは、この仕事を始めてからずっと変わりません」

――最後に、映画をアピールすると?

新田「兄弟愛を軸に描いているので、観終わったら兄弟が欲しくなります。そして、明日への活力が確実に湧きます!」

 

INFORMATION

■プロフィール
アメリカ・ロサンゼルス生まれ、21歳。2014年に日本での活動をスタート。現在、自動車競技"ラリー"をテーマとした映画『オーバードライブ』で天才ドライバー、檜山直純役を熱演。さらに7月27日(金)公開の映画『劇場版コード・ブルードクターヘリ緊急救命』にも出演する。

■映画『オーバー ドライブ』
この作品の題材は、公道を全開走行で駆け抜ける過酷な自動車競技“ラリー”。人車一体の“公道の格闘技”と呼ばれる世界で戦う若者たちの、絆と愛を描き出す。整備面でチームを支えるメカニックチーフ・檜山篤洋役で東出昌大、その弟である天才ドライバー・直純役で新田真剣佑が出演。

映画の公式HPはコチラ/http://overdrive-movie.jp/


©2018「OVER DRIVE」製作委員会

●文/小泉咲子 撮影/杉江拓哉(TRON) スタイリング/櫻井賢之 ヘア&メイク/ Rin.(ADDICT_CASE)

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.01パッカブルバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.01
パッカブルバッグ

専属モデルの杉野遥亮がディーゼルの新作バッグの中からとくにオススメのものをレコメンドする新連載! 第1回目はあると何かと便利なパッカブル仕様のバッグ。ただ、この手のアイテムってちょっとチープに見えがちなのが難点。しかし、そこはディーゼル。ミリタリーアイテムに見られるミルスペックようなラベルを採用したり、ビンテージ感ある風合いの素材使いでそんなふうには見せないのがすごい!

シーンに合わせた時計選び1週間コーディネート術
PR

シーンに合わせた時計選び
1週間コーディネート術

T.P.O.S.に合わせたスタイルでラインナップしているのが、〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチの魅力。仕事のある平日からオフの休日も、それぞれのシーンに合った1本がきっと見つかる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10

ページトップへ