• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2020.11.19

ドラマ「チェリまほ」で金髪に! ゆうたろうの私服事情と撮影秘話。

続々と出演する話題のドラマや映画での存在感はもちろん、SNSなどで発信される自由な発想で“好き”を極めた私服にも注目が集まるゆうたろう。語り尽くせないファッション観についてはもちろん、「チェリまほ」の愛称で今注目を集めている出演ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」についてもたっぷり聞きました!

ゆうたろう、初の金髪でさらに広がったファッションの世界

──金髪、とっても似合っていますね! 日々のファッションにも変化はありましたか?

「ドラマの撮影をきっかけに染めたんですけど、まわりの反応が”あれ、金髪初めてだったの?””めちゃくちゃ馴染んでる”っていう感じで、わりといい反応をいただけて嬉しかったです! 髪色が変わって、選ぶアイテムや組み合わせ方などもぐっと幅が広がりました。金髪になったからこれを着てみようとか……期間限定だからこそ、そんな風に洋服を選べるのが楽しいです」

──ちなみに今日は私服で登場していただきましたが、テーマは?

「今日は、ロンドンの学生をテーマにアイテムを選びました。金髪に合わせて、制服っぽいラインのニットが着たくて。金髪になってすぐの頃はシャツやスラックスなどきれいめの服を選ぶことが多かったので、今日は久しぶりにルーズめにコーディネートしました。落ち着きます(笑)。モコモコのボアシューズは一目惚れしたフェンディのもの。寒くなってきたので張り切って出しました。このニットにはこの靴と心に決めていたので!」

──こだわりが光りますね。ニットは古着とのことで、ハイブランドと古着のミックスがお見事です。

「とくに意識はせず、気付いたらそうなっているという感じかもしれません。今日はボトムスもバレンシアガなんですけど、古着っぽくというか、バレンシアガってわからなくてもいいって思って着ている感じで……。古着に対するこだわりと変わらない感覚です。でも、最近はブランドのテーマや哲学に心を打たれたりすることも増えたかもしれません。リュックにプラダのキーホルダーをつけているんですけど、リサイクルプロジェクトから生まれた商品らしくて。これはそんな点に惹かれて購入したものです」 

NEXT

2/2PAGE

「チェリまほ」の現場は男子校生の放課後⁉︎

 

男子高校生の放課後のような楽しい撮影現場です!

──まず、今回のドラマのお話や役柄を聞いたときの気持ちをお聞かせください。

「まずは、”堂々と金髪に染められる!”という嬉しさがありました(笑)!。今回の役をいただいてすぐに原作を読ませていただいたんですけど、めちゃくちゃハマって……。まだ撮影は始まっていなかったんですが、原作者の豊田悠さんがダンスレッスンの現場にいらっしゃってると聞いたときは、走って駆けつけたほどでした。お会いできて、めちゃくちゃ嬉しかったです」

──現場の雰囲気はどんな感じでしたか?

「とてもリラックスして撮影に臨めました。原作ファンの方がたくさんいらっしゃるので、最初は受け入れていただけるだろうかという不安もあったんですけど、すごく温かい笑いの溢れる現場でみなさんに支えていただいています」

──共演者の方々との撮影裏エピソードはありますか?

「年齢的には僕が一番年下なんですけど、刺激的でありながらもいい意味であまり壁を感じないというか。作品自体がコメディなので、そんな作風もあってか男子高校生の放課後みたいな感じです。現場にゲームや漫画を持ち寄って話したり、いたずらを仕掛けたり……多分、撮影が全部終わる頃にはすごく寂しくなってると思います(笑)」

──本作をはじめ、最近は話題作への出演も相次いでいます。1年を振り返ってみてどうでしたか?

「去年は特にいろんな作品でキャラクターの濃い役柄を演じさせていただいたこともあって、とても貴重な経験になりました。ショップ店員やモデルとしてのゆうたろうではなく、俳優としてのゆうたろうを見ていただけたことで、ようやく第一歩が歩めたかなと思った年でした。今年はコロナの影響もあって、みなさんがそれぞれ大変な思いをしたり、今まで通りいかないこともありましたが、今こうして現場に行けているのは改めて嬉しい気持ちです」

──モデルとして俳優として、今後も活躍が楽しみです!

「これまでのショップ店員やモデルとしての活動は、あくまで”好き””楽しい”の延長線上にあったことだったんですけど、俳優としての活動はそこにとどまらない何かがあると感じています。お芝居への姿勢や解釈を間違ってしまったときにも、愛を持って怒ってくださる監督さんや演出家さんがいらっしゃって……。昔は怒られたらやめちゃうような自分だったと思うんですけど、今はそうは思わない。自分が成長できるお仕事だと思っています。同時に、元々自信がなくて洋服を着たりメイクをしてきたのですが、その感覚はちょっとお芝居をするときと通じているのかなって。今は湊くんという役を通して少し明るくなれているような……そんな気持ちです!」

Profile
ゆうたろう/1998年6月3日生まれ。アパレルスタッフとして人気を集めた後、モデルや俳優として活躍。Netflixオリジナルシリーズ『FOLLOWERS』や現在放送中のドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(テレビ東京系毎週木曜25:00〜)など、話題作への出演が続く。

・Twitter
@aaaaao_e
・Instagram
@aaaoe__
・YouTubeチャンネル
ぼくたちのあそびば


文/杉田美粋 撮影/田中利幸

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しいコーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間
PR

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しい
コーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間

今日もお気に入りの〈ニトリ〉のボトルにコーヒーを入れ、リュックに詰めて出発── 自転車に乗って家から少し離れた公園へ。ここでコーヒーを飲みながら課題をするのが最近のルーティン。まさに僕だけの特別な時間だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ