• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2023.01.13

話題の俳優・宮世琉弥が『イチケイのカラス』の見どころや裏話を語る

映画公開で今話題沸騰の『イチケイのカラス』。そのスペシャルドラマが1月14日(土)に放送。今作に出演する大注目の俳優・宮世琉弥にインタビューを敢行! 演じ切った感想や現場での裏話などをたっぷり聞いた。そして彼が今夢中になっている音楽についても聞いたので、そちらもお見逃しなく!

■映画公開記念のスペシャルドラマ!

ーーいよいよ放送される「イチケイのカラス」スペシャルドラマに出演されます。作品はご覧になってましたか?

「もともと観ていましたが、今回お話をいただいて改めて1話から全部観ました」

ーー作品にはどんな印象をお持ちでしたか?

「すごく勉強になる反面、竹野内 豊さん演じる入間みちおのキャラクターがすごくおもしろいですよね。シリアスでありながらも人間味があって、コメディ的な側面もあるので、落ち着いて観られる作品だなって思っていました」

ーー今作での宮世さんの役どころは?

「ヤンキーです。それが裁判でぶつかるっていうのは、ひとつ見どころだと思います」

ーーヤンキー役って今までなかったと思いますが、演じてみていかがでしたか?

「ヤンキー役というのは初めてでしたね。でも役の特性もあって、諸先輩方とお芝居で思いっきりぶつかることができたので、いい経験になりました」

ーー大先輩の俳優さんたちにぶつかっていくことにプレッシャーは感じましたか?

「難しかったですけどすごく楽しい現場でしたし、得るものが多かったです」

■実際に対峙して感じた大先輩たちのオーラ

ーー実際に先輩たちと演じてみて感じることはありましたか?

「目では見えない、なんて言えばいいんだろう……、長年この仕事をしている人にしか出せないオーラみたいなものがありましたね。僕も全力でやっているんですけど、いい意味で弾かれてしまう。みなさんが持っているオーラに凌駕される感覚があって、必死で食らいついていった感じです」

ーー今作での経験は大きかったですか?

「そうですね。改めて思い返すと、とにかくいろんなものを吸収できたと思います。この経験を自分なりに活かしていければと思います」

ーー現場で印象に残っているエピソードはありますか?

「竹野内豊さんがすごく優しくしてくれて、最後に『また共演しよう』って握手をしてくださって。それがすごくうれしかったです。その握手だけでこれからも全力で頑張ろうって思えるくらい、今のモチベーションになっています」

ーー最後にドラマの見どころをお願いします。

「もうみなさんがご存知の人気シリーズのスペシャル版ということで楽しみにしている方も多いと思います。とにかく熱気のある現場でしたし、熱いシーンがたくさんあるので、是非ご覧になってください!」

■10歳で衝撃を受けた音楽の力のすごさ

ーー宮世さんが今ハマっていることはありますか?

「音楽ですね」

ーー音楽って聴いたり演奏したりと様々だと思いますが、関わり方は?

「楽曲を聴くことはもちろん、歌を歌ったりギターを弾いたり、今では自分で曲を作ったりもします。文字どおり、“音を楽しむ”ことが大好きで、そのときの気分に応じて、僕自身をいつでもハッピーな気持ちにしてくれます」

ーー音楽好きになるきっかけってありますか?

「ももいろクローバーZのみなさんです」

ーーももいろクローバーZとの出会いは?

「僕は宮城県出身なんですが、小学生のときに震災に遭い、その復興イベントのライブで来てくださったんです。みんなを瞬時に元気にして、さらに勇気までもらえるような圧巻のパフォーマンスでした」

ーーそのライブが運命の出会いだったわけですね。

「震災でつらい思いをして、元気をなくしてしまった人たちに一瞬で笑顔をあたえられる職業ってすごいって思いましたし、同時に音楽の力を肌で感じることができました。現在の職業を目指すきっかけにもなった出来事なので、確かに運命的な出会いでしたね」

ーー宮世さんがよく聴くアーティストは?

「最近よく聴くアーティストは、ブランキー・ジェット・シティー。河島英五さんや長渕剛さん、浜田省吾さん、尾崎豊さんも好きで、尾崎さんに至っては、今の自分と同じ歳くらいのときに「十七歳の地図」を作ったと思うと本当にすごいと思います」

ーー世代が離れたアーティストというのは、ちょっと意外ですね(驚)。

「昔からある曲を聴くのが好きなんです。歌詞は、その時代に生まれたものが必ず入っていますよね。そうやって言葉の意味を吟味することで、その時代の背景や雰囲気を感じるのがすごく楽しいんです。だから、クラシックを聴くことも大好きです」

PROFILE
みやせ・りゅうび/2004年1月22日生まれ。宮城県出身。2019年俳優デビュー以降、TBS系ドラマ「恋する母たち」「村井の恋」「君の花になる」などの話題作に出演。1月14日(土)放送のドラマ『イチケイのカラス スペシャル』に出演。

■Instagram
@ryubi_miyase_official

■Twitter
@miyase_staff

土曜プレミアム『イチケイのカラス』映画公開記念スペシャルドラマ


©フジテレビ

1月14日(土)21:00~放送
公式HPはコチラ

INFORMATION

●衣装クレジット
セヴシグのコート28万円、ヴェインのパンツ4万2900円(ともにサカス PR)、ジャンピエールのカーディガン4万2900円(アドナスト)、その他スタイリスト私物

・アドナスト
TEL:03-5456-5821
・サカス PR
TEL:03-6447-2762

●文/橋本裕一 撮影/榎本洋輔 スタイリング/津野真吾(impiger) ヘア&メイク/SUGA NAKATA(GLEAM)

世界累計出荷本数1億本突破※のウェットブラシスタイリング前とシャンプー前に使えばヘアスタイルがもっと決まる!
PR

世界累計出荷本数1億本突破※のウェットブラシ
スタイリング前とシャンプー前に使えばヘアスタイルがもっと決まる!

ブローをいかに効率よく仕上げるか、はスタイリングの重要ポイント。アメリカ生まれの実力派ヘアブラシ「ウェットブラシ」が、“スピーディーに決まる”をアシスト! ※2020年4月JD Beauty社調べ

〈ワンダム〉のアイロン&ドライヤーで仕上がりケタ違い!オーシャントーキョー流 プロ愛用アイテムのスタイリングテクを公開!
PR

〈ワンダム〉のアイロン&ドライヤーで仕上がりケタ違い!
オーシャントーキョー流 プロ愛用アイテムのスタイリングテクを公開!

プロ仕様ビューティ大賞でも毎年高い人気を維持し続ける〈ワンダム〉のアイテム。ぼくら一般ユーザーが上手に使いこなすには、やっぱりプロの使い方を真似るのが一番! というわけで、大人気サロン・オーシャントーキョーに㊙スタイリングテクを聞いてきました。

〈ニトリ〉でプライベートにメリハリを。オン&オフ自在な僕の自慢の部屋!
PR

〈ニトリ〉でプライベートにメリハリを。
オン&オフ自在な僕の自慢の部屋!

さぁ、そろそろ新生活の準備の時期。部屋を決めてからじっくり吟味したいのがインテリア。趣味のゲームの腕も磨きたいし、在宅ワークでも結果を出したい。でもゆっくりリラックスできる空間も欲しい。そんな悩める&ワガママな僕らの味方になってくれるのが〈ニトリ〉のアイテム。うまく活用してオン・オフ自在の部屋づくり、チャレンジしてみない?

〈ニトリ〉なら「部屋で過ごす」が楽しくなる!“ひとり”でも“みんな”でも 最高に楽しい新生活を!
PR

〈ニトリ〉なら「部屋で過ごす」が楽しくなる!
“ひとり”でも“みんな”でも 最高に楽しい新生活を!

一人暮らしでしたいことっていろいろあるけど、やっぱり友達を呼んでワイワイしたいよね(お隣さんに怒られない程度に!)。でもワイワイするとき以外の、ひとりで過ごす時も重要なわけで……。そんなシーンごとに楽しい&快適な部屋を作れるのが〈ニトリ〉のインテリア。簡単にアレンジできて機能性に優れた家具なら、ちょっと動かすだけで思い通りの部屋が完成。これからの新生活は、ひとりでもみんなでも楽しめるワンルーム、作ってみない?

〈アベンヌ〉が選ばれる理由。洗顔後、ソッコーうるおう。ずーっと使いたい化粧水
PR

〈アベンヌ〉が選ばれる理由。
洗顔後、ソッコーうるおう。ずーっと使いたい化粧水

スキンケアは、シンプルに心地よく行いたい。そんな僕らの願いに"手軽でラクちん"、なのに"しっかりうるおう満足感"で応えてくれるのがアベンヌ ウオーターだ。本誌のメンズビューティ大賞で殿堂入りするほどの名品を改めて深掘り。うるサラの使用感が持ちアジのミルキージェル オイルコントロールにも注目だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2023春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18

ページトップへ