• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2018.08.08

イケてるヘアを作る美容師ってどんな人? vol.3美容師名鑑<STRAMA (ストラマ)・佐藤友哉さん>

人気美容師のインタビュー連載第3回目は、「モテ髪理論」連載にて雰囲気たっぷりのショートデザインを披露してくれたSTRAMA(ストラマ)・佐藤友哉さん。 多くを語らない寡黙な人柄から、サロンワークや人に対する真摯な姿勢が垣間見えた。

■STRAMA(ストラマ)・佐藤友哉さん

高い技術力とデザイン力が魅力のサロン・ストラマにて、チーフデザイナーを務める佐藤さん。
質の高いベーシックな技術に重きを置き、丁寧な施術で雰囲気のあるヘアスタイルを生み出す。
メンズスタイルはもちろん、幅広い層のお客様に信頼されている美容師。

■このヘアを作った人!

ヘア連載「モテ髪理論」では、ウエットなツヤが大人っぽいショートデザインを披露。
ニュアンスのある毛先のカールが、モードかつ上品な雰囲気を高めている。
シャツやジャケットなど、クリーンなアイテムとの相性がよいシャレ感バツグンのモテ髪だ。

人気美容師に聞く!モテ髪理論vol.3を読む

■人気美容師・佐藤さんにインタビュー

好きから入った美容業界

―――広島出身の佐藤さんが上京を決意したのは中学生の頃。東京には"1番"というイメージがあったそう。

「何かに感化されたわけでもなく、中学生の頃には”将来は東京に行こう”と思っていました。東京=1番という自分の中のイメージが、自然とそう思わせたんだと思います。当時から服もヘアもどちらも好きで、仕事は洋服関係か美容師の2択で考えていました。もともと”着飾る”ということに興味があったんです。それもあって最初は洋服関係の仕事に就きたいと考えていたんですけど、服は仕事にするよりも、自分で着て楽しみたいという気持ちのほうが強いことに気づいて。なので美容師を志そうと思いました。誰かに憧れたというようなきっかけはなく、ただ好きという理由でこの業界に飛び込みました」

―――”好き”というシンプルな気持ちからスタートし、スタイリスト歴は12年。
ストラマの創業間もなくからのメンバーとして、お店を盛り上げてきた。

「いろんなサロンを検討する中で、代表の豊田がちょうど独立するタイミングでストラマを知りました。すでに出来上がってる有名店よりも、これからお店を一緒に作っていけるという環境に魅力を感じたんです。今の体制になって約1年になるのですが、電話対応から空間作り、もちろん技術まで、とてもこだわりの強いサロンだと思っています」

お客さんの理想をいち早く汲み取ることが大事

―――サロンになくてはならない存在である佐藤さん。接客する上で気をつけていることとは?

「理想というものを早く掴んであげること。髪の毛を説明する言葉って、どうしても抽象的なものが多いんですよね。なので、いかに早く同じ完成形を見てあげられるかということを意識しています。お客さんにも、譲れない大事なポイントが何かしらあると思うので。そこを汲み取ることが大事だと思っています」


「普段のファッションはカジュアルすぎないようにしています。いろんな服を着たいので、テイストはバラバラ。ユニフォームみたいにセットアップしか着ない期間があったり、気分で楽しんでます」


「シザーポーチは10年以上同じものを使っています。お客様からいただいたハンドメイド品です」


―――最後に、前回協力してもらった「モテ髪理論」の企画にちなみ佐藤さんの“モテ理論”を聞いた。

「誰にモテたいか、どこにモテたいか。モテから入る思考ではなく、素敵な男性像をどう描くかということが大事だと思います。強いて言うならば、”色気”! 大事なのはやっぱり内面からくるものだと思いますが、ヘアスタイルなどで表面的な色気を表現することもできます。色気って、髪が動いているときに出るんですよ。なので、ガチガチに固めたヘアよりは、髪の毛がさりげなく動くような、柔らかいナチュラルな質感にしてあげるといいと思います」

「今オススメなのは、さらっとしたクリーンな印象のセンターパートや、レングス長めのニュアンスあるヘア。ぜひ一度、ストラマこだわりの技術を体感しにきてください」


ーーーーーーーー
■佐藤さんが考案したモテ髪はコチラ

INFORMATION

STRAMA(ストラマ)
東京都港区南青山4-18-10 B1F
営:11:00~20:30土10:00〜19:30・日祝10:00~19:00
休:毎週火曜
TEL:03-6804-5388
URL:http://strama.jp/

撮影/榎本洋輔 モデル/奥村皐暉

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。
PR

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作
男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。

そろそろ秋に向けて着こなしをアップデートしたい——。ならまずは、毎日身につける腕時計から新鮮さを足してみない? 〈ディーゼル ウォッチ〉の新作「グリフド コレクション」は武骨なディテールはもちろん服に負けない存在感も魅力。男心くすぐるこの”新顔”は絶対見逃せない! さらに、今回はこの「グリフド コレクション」の4モデルを各1名様にプレゼント。秋冬ファッションを彩る1本をぜひゲットして!

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02ロゴバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02
ロゴバッグ

シンプルなアイテムを着ていると、その反動なのかちょっと主張できるものが欲しくなるもの。それはバッグも同じ。とはいえ、主張しすぎるデザインは毎日のコーディネートに合わせるのはちょっと難しい。そんなバッグ選びの悩みに終止符を打てるのが、この〈ディーゼル〉のロゴバッグ。過度に見えないシンプルな書体、だけど地味にならない絶妙なバランス感が最高! 見逃すのはもったいない!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29

ページトップへ