• twitter
  • instagram
SEARCH

LIFE STYLE- ライフスタイル -

2019.08.05

コールマンのワゴン、チェア、クーラーボックスはアーバンリサーチ限定色で決まり!

アウトドア好きはもちろん、フェスやアウトドアシーズンになると「あれ、欲しいな」って誰もが思う、コールマンのワゴンとチェアとクーラーボックス。オリジナルカラーの赤もいいけど、「他と被りたくない」と、ちょっと“違うヤツ”を探している人に朗報! コヨーテカラーがとっても気が利いたアーバンリサーチ限定アイテムがとにかくかっこいい! アーバンリサーチが運営するECをメインとするショップ「URBAN RESEARCH BUYERS SELECT (通称:URBS)」で購入可能なので、早速チェック&予約です!

アウトドアの定番のアイテムを限定カラーで!
フェスでキャンプグッズが入ったコールマンのワゴンを引いてる人、BBQでコールマンのチェアに座ってくつろいでる人、クーラボックスからキンキンに冷えたビールやジュースを取り出している人……。そんな人たちを見て「あの、コールマンのヤツ欲しいな」って思ったこと、ありますよね? そして、一度はAmazonで検索したことありますよね? そんな経験がある人なら、このアーバンリサーチが手がけたコヨーテカラーのコールマンのアイテム群は、すぐさま「ほしい!」と声が漏れてしまうはず。アウトドアを都会的に楽しむ、ちょっぴり大人な雰囲気がたまらない。しかも「それどこで買ったの?」って思われること間違いなしだ。

これらのアイテムは予約商品です。
お届け予定時期:別注 EXCURSION COOLER  8月中旬
        別注 RESORT CHAIR / 別注 OUTDOOR WAGON  9月中旬
予約受付期間:限定数に達し次第終了

アウトドアで使うものを全部入れれる収納力の高さが自慢の人気アイテム。持ち運び時はまとめてコンパクトに。しっかりした作りはもちろん、広げたり、折りたたんだりが簡単なのはうれしい。ワゴン1万5700円(アーバンリサーチ プレスルーム)

こちらも使用しない時はコンパクトにまとめて持ち運び可能。専用の収納袋もコヨーテカラーだ。チェアの端に入ったブラックのブランドネームが都会的かつ洗練された雰囲気の演出に一役買っている。チェア5500円(アーバンリサーチ プレスルーム)

大きすぎず、小さすぎず、使い勝手の良いサイズ。容量は約15L。重量も約1.8kgで持ち運びもラクチン。ミリタリーな風合いが他と一線を画す存在感。クーラーボックス4600円(アーバンリサーチ プレスルーム)

今回紹介したアイテムをワゴンにイン。まだまだ収納に余裕あり。食料や遊び道具をたくさん入れたくなるから不思議だ。外遊びの気分を上げてくれるこれらのアイテムと一緒に、アウトドアライフをさらに楽しんで!

INFORMATION

アーバンリサーチ プレスルーム
TEL:03-6434-9940
URBAN RESEARCH BUYERS SELECT
(今回紹介したコールマンのアイテムのページへ)

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.01パッカブルバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.01
パッカブルバッグ

専属モデルの杉野遥亮がディーゼルの新作バッグの中からとくにオススメのものをレコメンドする新連載! 第1回目はあると何かと便利なパッカブル仕様のバッグ。ただ、この手のアイテムってちょっとチープに見えがちなのが難点。しかし、そこはディーゼル。ミリタリーアイテムに見られるミルスペックようなラベルを採用したり、ビンテージ感ある風合いの素材使いでそんなふうには見せないのがすごい!

シーンに合わせた時計選び1週間コーディネート術
PR

シーンに合わせた時計選び
1週間コーディネート術

T.P.O.S.に合わせたスタイルでラインナップしているのが、〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチの魅力。仕事のある平日からオフの休日も、それぞれのシーンに合った1本がきっと見つかる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10

ページトップへ