• twitter
  • instagram
SEARCH

LIFE STYLE- ライフスタイル -

2018.11.07

男子大学生の素顔。/ミスター慶應コンテスト2018 山藤篤志くんの場合

数々のアーティストや俳優、アナウンサーなどを輩出し、日本トップレベルのイケメンが集まるミスター慶應コンテスト。今年のファイナリストにも、粒ぞろいな美男が集まった! その中でも、特技の野球やダンスに加え、趣味として動画編集などもできる山藤篤志くん。多彩な顔を持つそんな彼を本番直前に徹底解剖します!


【プロフィール】
ミスター慶應コンテスト  エントリー No.5
山藤篤志(サントウ アツシ)
理工学部情報工学科3年
年齢:21歳 身長:178㎝

●今日の服装でデートに行くならどこ?
「軽井沢にでも行きたいです! そろそろ紅葉が見頃になる時季だと思うので最高かと思います♪ 茶色のブルゾンで季節感も演出してみました」

●自分自身を漢字一文字で表すなら?
「“変”という字が当てはまるかなと思います。なぜなら、このコンテストに参加して、自分自身に変化を感じることが多かったんです。大きな舞台に立つこともありましたし、メンタル的な部分でとても成長できたと感じます。それにコンテストの当日まで、変化し続けるという意味も込めています!」



●好きな女性のタイプを芸能人でいうと誰?

「戸田恵梨香さんです。好きになった理由は“スペック”というドラマがキッカケでした。個性の強い役柄を見事なまでに演じていて、単純にすごいなとも思いました(笑)」

●FINEBOYS Onlineでしか見られないオフショットをください!

「ユーチューブ用の動画を作っているところです。毎回、めちゃくちゃ悩むんですよ! 悩みながらなぜか笑っているとことですかねコレは(笑)。自分も出ていたりするのでぜひ一度見てみてください!」

●ミスター慶應コンテストを3週間後に控えた今の心境は?
「出場すると決まった当初に比べると、いまは自分を表現する形がSNSやユーチューブなどでしっかりとあるので、それを継続していければと思います。僕のやりたいことを僕らしくできれば、悔いもなく本番を迎えられますし!」

●ミスター慶應コンテストの活動で一番印象に残っていることはなんですか?
「メンバーの6人で江ノ島へ撮影に行ったときです。旅行感覚だったのでみんなではしゃいだりしたせいか、距離感も一気に縮まりました(笑)。この6人なら、切磋琢磨して本番まで過ごせるなとも感じました!」


●今回のコンテストに出場したことで、身のまわりに変化は?

「“らしくないね”ってよく言われます。もともと目立とうとするタイプでもないですし……。なので、まわりの反応は当然のものだと思います!」

●ほかの人たちに負けないアピールポイントがあれば教えて!
「モチベーションと目的意識ですかね。出場が決まった当初と変わらないモチベーションを保てていますし、一貫してやりたいことをやり続けています! これはコンテスト当日までも変わらないと思います」

●最後にミスターコンテストに対する意気込みをどうぞ!
「グランプリという最高の形で、応援してくださる皆さまに恩返しができるよう頑張ります!」

INFORMATION

■ミスター慶應コンテスト 

開催日:11月25日(日) 
会場:慶應義塾大学三田キャンパス

●撮影/榎本洋輔

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04ナイロンバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04
ナイロンバッグ

大学の通学用にしろ、友達と遊ぶ用にしろ、使い勝手や合わせやすさを考えると黒などのシンプルなバッグが正解。だけど、その中にもこだわりを持ってバッグを選びたい人も多い。そこでオススメなのが〈ディーゼル〉のナイロンバッグ。高級感のあるツヤッとした質感に、ミリタリーを思わせるディテールが何とも男らしい。シワになりにくく汚れもつきにくい、さらに軽くて丈夫とあって文句のつけどころがない!

<ディーゼル オン> meets 中川大志ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ
PR

<ディーゼル オン> meets 中川大志
ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ

ディーゼルの時計は、一目でそのブランドだとわかるユニークかつファッショナブルなデザインが特徴。今回の新作「AXIAL SMARTWATCH(アクシアル スマートウォッチ)」も、例に漏れずディーゼルらしさが随所に表現された注目モデルだ。タッチスクリーン式のアニメーションダイヤルやファッショナブルなデザインは、まさに”次世代”を感じさせる佇まい。数多くの話題作に出演し、同じく”次世代”を担う俳優として活躍を見せる中川大志がつけこなす。

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ