• twitter
  • instagram
SEARCH

SHOES- シューズ -

2020.10.28

この復刻は買い!オニツカタイガーの名作トレッキングがモダンな顔つきに変貌!

1949年に創業した鬼塚商会。1977年にアシックスへ社名変更をするも、オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)としての名作は今も人気だ。とくに「メキシコ66(MEXICO 66)」や「タイガー コルセア(TIGER CORSAIR)」などは、ハイテクブームが巻き起こる中でも欧州を中心に世界で根強い支持がある。このブランドの名作は褪せることを知らないのだろう。そしてまた、過去の名作をアップデートしたモデルが登場する。当時と今を融合したコンテンポラリーなデザインは必見だ!

いま選ぶべきオニツカタイガーの新作4選!
オニツカタイガーの使い勝手最高のモノトーンシューズ

1966年に登場した名作トレッキングシューズがモダンな顔つきで復刻!

1964年の東京オリンピックが終わりメキシコオリンピックに目が向けられていた頃。そんな1966年に登場したトレッキングシューズ「HIMARAYAN PEAK」。この年はオニツカタイガーストライプをはじめて搭載した(メキシコ 66の原型となる)モデルが発売されるなど、シューズの開発も盛んであった。次第にメキシコ 66が脚光を浴びていく中で影を潜めることになってしまった「HIMARAYAN PEAK」。ツウにはたまらない名作であることは間違いない。そんな逸品が今季復刻を果たす。ちょうど世間はアウトドアブーム。トレンドともマッチした名作でこだわりをアピールしよう!

 

トレンドにぴったりなベージュの「HMR  PEAK  G-TX」!

 


 

 
1966年のアーカイブシューズ「HIMARAYAN PEAK」をベースにデザインと機能性をライフスタイル向けにアップデートした新作。スピードレースアップのハイカットブーツで、アッパーにはゴアテックス構造を採用し、雨や雪の日にも対応している。また、3Mゴムヒモやタングスリーブの採用によりアウトドアシューズの要素を表現。ミッドソールには独自配合素材であるSolyteを採用し、中にシャンクを施したミッドソールは軽量性と安定性に優れた設計となっている。かかと部分にはフューズゲル(fuzeGEL)を搭載しクッション性を高めている。アウターソールには濡れた路面でも滑りにくいWET GRIP RUBBERを、かかと部分にはAHARが配備されている。オニツカタイガーのシューズ2万3000円(オニツカタイガージャパン お客様相談室)

 

都会的アウトドアMIXを狙うならネイビーの「HMR  PEAK  G-TX」!

 


 

 
この靴の詳細は上のベージュに記載した通り。アウトドアらしい旬なカラー以外にも、都会好きは鉄板のネイビーもオススメ。アウトドアやミリタリーで使われる細かい格子状のリップストップもアーバンライクに映る。オニツカタイガーのシューズ2万3000円(オニツカタイガージャパン お客様相談室)

 

 

 

NEXT

2/2PAGE

なんとローカットもあり!

 

 

街履きしやすいローカットの「HMR  PEAK  LO」

 


 

 
1966年に登場したトレッキングシューズ「HIMARAYAN PEAK」をライフスタイル向けにアップデートしたローカットモデル。ファッションとアウトドアのエスプリを融合させた、シンプルなアッパーと機能的でラギットなデザインのソールが特徴。ローカットなので合わせやすく、主張できるオレンジでアウトドアMIXをぜひ楽しみたい。オニツカタイガーのシューズ1万5000円(オニツカタイガージャパン お客様相談室)

 

以上、「HIMARAYAN PEAK」の復刻シリーズをご紹介。ファッションとスポーツ、そしてヘリテージとイノベーションを融合させたコンテンポラリーなコレクション。一部を除く店舗及び通販のECサイトにて販売!

INFORMATION

オニツカタイガージャパン お客様相談室
TEL:0120-504-630
URL:onitsukatigermagazine.com/store

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しいコーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間
PR

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しい
コーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間

今日もお気に入りの〈ニトリ〉のボトルにコーヒーを入れ、リュックに詰めて出発── 自転車に乗って家から少し離れた公園へ。ここでコーヒーを飲みながら課題をするのが最近のルーティン。まさに僕だけの特別な時間だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ