• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2018.05.10

いつものコーディネートが見違える! 明日から使える! 着こなし即効テクニック【後編】

「あの人ってなんかオシャレ」。このイメージってある意味最強じゃない? じつはオシャレな空気感は着こなしテク次第で手に入れられる。いつものコーデにプラスワンするテクから、旬アイテムの選び方まで一気にアカ抜けるワザを解説しよう!

【オシャレ見えテクニック9】
パンツ丈を〝微短〞に調整!
パンツのレングスを、ほんの少しだけ短めに設定してみる。それだけで足元に絶妙なヌケが生まれ、たちまち今っぽいバランスに。細パン、太パン、どちらに適応してもOK!

丈を短くしてみるといっても、短くしすぎはNG。ベストな丈は、くるぶしの下の骨から5㎝ほど上の短さで、ソックスがチラッと見える程度がベスト。ボーダーニット×黒スキニーの定番コーデも、パンツ丈が〝微短〞になるだけでアカぬける! ビーミングのニット9200円、パンツ7900円、ソックス1000円(すべてビーミング ライフストア バイ ビームス コクーンシティ店)、コンバースのシューズ7500円(コンバースインフォメーションセンター)、その他スタイリスト私物


フルレングスのデニムパンツをロールアップ。こなれ感を放つ今っぽいキレイめコーデに。レイジブルーのコート9000円(アダストリア)、ヴァンズのカットソー5800円(カリフォルニアデプト原宿店)、リーのデニムパンツ1万2000円(リー・ジャパン)、ヴァンズのシューズ7500円(ヴァンズ ジャパン)


<モデル>
〝微短〞丈が、重くなりがちなワイドパンツの足元をスッキリと軽やかに見せる。チャンピオンのパーカ4900円(ライトオン)、シャツ8900円(ティーケータケオキクチ)、パンツ3990円(ウィゴー)、ニューバランスのシューズ1万3800円(ニューバランス ジャパンお客様相談室)、バッグジャック×ジャーナル スタンダードのベルト3900円(ジャーナル スタンダード表参道)、A.D.S.R.のメガネ1万7000円(シック)
<上>
パンツの裾からチラリと覗くさわやかなブルーで、着こなしにさりげなく春らしさをプラスしよう。タビオ メンのソックス900円(タビオ)
<中>
黒ソックスにはコーデを締めてくれる効果が。見え隠れするロゴが小粋。ヴェイパライズのソックス2000円(ビームス原宿)
<下>
クリーンさピカイチ! 10組入りの大容量もうれしい。フルーツ オブザ ルームのソックス2800円[10足セット](ダイヤモンドヘッド)


【オシャレ見えテクニック10】
くすみカラートップスを着る
ニュアンスを感じさせ発色がオシャレなくすみカラーアイテムも、この春のトレンドのひとつ。サラリと着られるトップスで取り入れて、「なんかオシャレ」を最速で手に入れよう!

<レッド>
注目度の高いレンガのような赤みのテラコッタカラーが、オシャレ上級者のオーラをまとう。パンツに黒を選べば、トレンド色もチャレンジしやすい! アバハウスのシャツ1万2000円(アバハウス原宿)、シップス ジェットブルーのパンツ8300円(シップス渋谷店)、その他スタイリスト私物
<ベージュ>
ベージュとグレーの中間にある色み、〝グレージュ〞。センスオブプレイスのスウェット3900円(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店)、ジースターロゥのパンツ2万4000円(ジースター インターナショナル)、キャップ3800円(ニューエラ)、その他スタイリスト私物

<コーチジャケット>
キレイめにもストリートにも合わせやすい品のある淡いグレー。ジュンレッドのジャケット7900円(ジュンレッドルミネエスト新宿店)
<ブルゾン>
着やすい渋めブルー。センスオブプレイスのブルゾン6900円(センスオブプレイス バイアーバンリサーチ キュープラザ原宿店)
<ジャケット>
ダークなブラウン系オレンジにも注目。ビーミングのジャケット1万5900円(ビーミングライフストア バイ ビームス コクーンシティ店)

 

NEXT

2/3PAGE

小物テクで差をつけろ!

 

【オシャレ見えテクニック11】
サラッと知的な小物を投入!
顔まわり小物は、主張しすぎないシンプルなものが使いやすい。今っぽいテンションにフィットする知的な雰囲気のデザインを選ぶのが正解!

<左>
かわいくなりがちなベレー帽は黒なら照れずに使える。チャンピオン×アメリカンラグシーのスウェット9000円(アメリカンラグ シー新宿フラッグス店)、シャーのベレー帽1万2000円(シップス渋谷店)、その他スタイリスト私物
<中>
黒感覚で使える深緑のキャップが、シンプルな白シャツコーデのオシャレ度アップに貢献。ニコアンドのシャ
ツ4900円(アダストリア)、CA4LAのキャップ8300円(CA4LA ショールーム)、その他スタイリスト私物
<右>
ミニマルなメタルフレームで品よく。レイジブルーのジャケット1万円(アダストリア)、カットソー1990円(ユニクロ)、オリバー ピープルズウエストのメガネ2万4000円(ポーカーフェイス ヌーヴ・エイ アイウエア事業部)

【オシャレ見えテクニック12】
ちびバッグを持ってみる!
昨今のサコッシュブームの延長で、今年はさらに小さくなった“ちびバッグ” が多数登場! ちまっとしたサイズ感がかわいいコイツらは、コーデのアクセントとしても大活躍してくれる。

ふっくらとした丸みを帯びたシルエットが新鮮なボディバッグは使いやすいマットなブラック。ビーミングのニット9200円、アフェクタのバッグ4500円(ともにビーミング ライフストア バイ ビームス コクーンシティ店)、マイセルフ アバハウスのパンツ9250円(アットシェルタ)、その他スタイリスト私物

<左>
合わせるコーデを選ばない、高級感のあるシンプルなデザインの黒レザーボディ。ルイスのバッグ1万4000円(ルイス新宿店)
<中>
コーディネートがクールにまとまるカモ柄ボディ。コロンと小さなサイズ感がツボ。ボルコムのバッグ3500円(ボルコム ジャパン)
<右>
チープ感がかわいい見た目とは裏腹に、防水性が高く強度もバッチリ。コンフィーのサコッシュ9000円(フリークス ストア渋谷)

 

NEXT

3/3PAGE

古着を取り入れてこなれる

 

【オシャレ見えテクニック13】
古着のシャツに挑戦!
オシャレな人は、古着を上手にコーデに組み込んでいる。初心者なら、シャツがチャレンジしやすい! 古着特有のヨレやゆるめのサイズ感が、着こなしにアジや深みを与えてくれる。

黒のようなこげ茶のような、褪せたような絶妙な色合いと風合いは古着ならでは。古着のシャツ6900円(キンセラ)、ルイスのカットソー7500円(ルイス新宿店)、デニムパンツ9800円、ベルト5900円(ともにティーケータケオキクチ)

<左>
なかなか見つからない、グリーンがかったブルー地。厚手を選べば、はおりとしても重宝する。古着のシャツ8500円(ボストック)
<中>
落ち感のあるテロ素材でこなれ感抜群。気負わずはおれる黒ボディは最初の1枚としてももってこい。古着のシャツ6990円(バニー)
<右>
ダボッと着たいポロマーク入りのボタンダウンシャツ。ネイビーのような深い青なら取り入れやすい。古着のシャツ5990円(バニー)

【オシャレ見えテクニック14】
柄アイテムを取り入れる
この春多くのブランドから登場している、さまざまなパターンの柄アイテム。これを主役に据えて、他アイテムをシンプルにまとめれば、メリハリある今どきコーデ、一丁あがり!

無地でまとめたシンプルなコーディネートもいいけれど、より今年らしさを出すなら柄アイテムにトライしたい。ジャケットを、グレーパーカでほどよく中和。ジュンレッドのジャケット9900円(ジュンレッド ルミネエスト新宿店)、チャンピオン×シップス ジェットブルーのパーカ8300円(シップス渋谷店)、センスオブプレイスのパンツ4900円(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店)、その他スタイリスト私物

<左>
無地トップスに合わせるだけで、今っぽい旬な着こなしに。ジュンレッドのパンツ6900円(ジュンレッド ルミネエスト新宿店)
<中>
陽気なサボテンが連なるお茶目な1枚。紺地なら派手柄でもトライしやすい。セットのシャツ1万6000円(ブルーウォール)
<右>
ジャカード編みでデザインしたブロック柄ニット。落ち着いた配色で大人に着られる。ルイスのニット1万4000円(ルイス新宿店)

【オシャレ見えテクニック15】
脱力系イラストで遊びを足す!
オシャレなコーデには、どこかに適度なヌケ感があるもの。ゆるさがかわいいイラストを投入して、センスのいいバランス感覚をアピールしよう。

<モデル>
線画の脱力感がシャレてるカットソー。アメリカンラグ シーのカーディガン1万1000円(アメリカンラグ シー新宿フラッグス店)、ホンキートンク ウィークのカットソー4200円(シーアトリエ)、ニコアンドのパンツ3900円(アダストリア)
<上>
ノートの片隅に描かれた落書きのようなラフでシュールな3人組に注目。カルトクラブのスウェット1万3000円(シック)
<下>
サーモンピンクのボディに女性と鳥のポップなイラストが。パドゥメのパーカ1万7000円(アート ハビタット ショールーム)

<モデル>
リラックス感が今のムードにピッタリ。417 エディフィスのシャツ7900円(417 エディフィス渋谷)、ニコアンドのパーカ4600円(アダストリア)、ラブレスのパンツ1万6000円(ラブレス青山)、マーク ゴンザレスのバッグ4500円(オージー)
<上>
ジャカルタ発の新鋭レーベルによるポップなイラスト。ディーヴァ ステイツのバッグ5800円(プラントディストリビューション)
<下>
ラフな着こなしの日に、ゆるっと肩からかけたい。ジュンレッドのバッグ3900円(ジュンレッド ルミネエスト新宿店)

INFORMATION

●アダストリア
TEL:0120-601-162

●アットシェルタ
at-scelta.com

●アート ハビタットショールーム
TEL:03-6434-0460

●アバハウス原宿
TEL:03-5466-5700

●アメリカンラグ シー新宿フラッグス店
TEL:03-5366-5425

●オージー
TEL:03-6659-6962

●ヴァンズ ジャパン
TEL:03-3476-5624

●CA4LAショールーム
TEL:03-5775-3433

●カリフォルニアデプト原宿店
TEL:03-5413-6947

●キンセラ
TEL:03-6447-4544

●コンバースインフォメーションセンター
TEL:0120-819-217

●シーアトリエ
TEL:06-6536-3237

●ジースター インターナショナル
TEL:03-6890-5620

●シック
TEL:03-5464-9321

●シップス渋谷店
TEL:03-3596-0481

●ジュンレッド ルミネエスト新宿店
TEL:03-3353-3886

●センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店
TEL:03-6433-5548

●ダイヤモンドヘッド
TEL:☎058-388-8288

●ティーケータケオキクチ
TEL:03-6324-2642

●ニューエラ
TEL:03-5773-6733

●バニー
TEL:03-3408-1114

●ビーミングライフストア バイ ビームス コクーンシティ店
TEL:03-3532-3100

●ビームス原宿
TEL:03-3470-3947

●417 エディフィス渋谷
TEL:03-5456-6971

●プラントディストリビューション
TEL:03-6416-1902

●フリークスストア渋谷
TEL:03-6415-7728

●ブルーウォール
TEL:086-476-3008

●ポーカーフェイス ヌーヴ・エイ アイウエア事業部
TEL:03-5428-2631

●ボストック
TEL:03-3470-2221

●ボルコム ジャパン
TEL:03-5771-4560

●ユニクロ
TEL:0120-170-296

ライトオン
TEL:03-3486-8701

●ラブレス青山
TEL:03-3401-2301

●リー・ジャパン
TEL:03-5604-8948

●ルイス新宿店
TEL:03-3357-3588


※価格はすべて税別です 
※FINEBOYS5月号掲載商品のため、売り切れや取り扱い終了の場合がございます。ご了承ください

撮影/榎本洋輔[人物] スタイリング/甲斐修平 ヘア&メイク/サトウアツキ モデル/杉野遥亮[本誌専属]、ヒューゴ

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03デニムバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03
デニムバッグ

オシャレと実用性の両方が求められるバッグって、選ぶのがなかなか難しい。ましてや、どんなコーディネートにも合う、まわりの人とかぶらないって話になると難易度がさらに上がってくるはず。そんなバッグ探しに終止符を打ってくれるのが〈ディーゼル〉のデニムバッグシリーズ。シンプルな見た目は着こなしに溶け込むし、ブランドを象徴するタフなデニム使いで、個性も、実用性もバッチリだ!

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選
PR

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選

あのカンゴールの最新秋服を、ZOZOTOWNなどで人気を博すECブランドMONO-MART(モノマート)が別注! キミのワードローブに取り入れるだけでオシャレに格上げされる10のトレンド服をピックアップした。挑戦しやすいシンプルなデザインとリーズナブルな価格帯にも注目してほしい。

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!
PR

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!
秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!

厳しい残暑の中でも、ファッション高感度な人ほど秋支度は急ピッチに進んでいる。トレンドにいち早く反応するショップ、アベイルならコスパよく揃えられる。ってことで、今回はイチオシの秋コーデをピックアップ! 移り行く季節に、何を買っていいか分からない人は特に必見だよ!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ