• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2022.04.05

大学生が開業した古着屋olfeに潜入してきた!

ライターのコバヤシです!今回は、昨年オープンしたばかりの古着屋・olfe(オルフェ)についてご紹介します。じつはここ、当時大学生だったチャンキーさんらが中心となって開業させた、今大阪で話題のショップ。olfeとはどういった古着屋なのか?ここから解説していきます!

↓チャンキーさんのインタビューはコチラ
アパレル未経験から古着屋を出店。大阪の大学生が夢を叶えるまで

大阪で話題の古着屋olfe(オルフェ)とは?

古着屋olfeの前。右から順に開業メンバーである澤田さん、チャンキーさん、今さん

「大人ストリート」をテーマに掲げた古着屋olfe。昨年の12月に大阪・中崎町にお店をオープンしたばかり。大学生世代に人気のストリートファッションを軸に、さまざまな古着を買い付けているとのこと。初心者でも着やすい定番古着から、古着好きに向けたクセの強いアイテムまで、幅広いラインナップが特徴的です。

馬がトレードマーク

開業メンバーの3人とも競馬が大好きだそうです。じつは、店名のolfeは名馬である「オルフェーヴル」が由来とのこと。そんなオーナーたちの好きが詰まった店内には、いたるところに馬のアイテムが隠されていました。馬のデザインはアニマル系の中でも人気が高いアイテム。olfeで探してみるとおもしろい馬のアイテムが見つかると思いますよ。買い付けのときに馬のアイテムと出合ったら、セレクトせずにはいられないみたいです(笑)。

週5でインスタライブ販売

インスタライブの様子

olfeは週5日でライブ販売をしているそうです。インスタグラムのライブ機能を使い、スタッフが実際に着用してサイズ感やコーデ提案などをしているそうです。ECサイトへの導線を作っていることで、気になった商品がライブ中でもすぐに購入できるような仕組みをとっています。また視聴者とのコミュニケーションを活発に行うのも、olfeのインスタライブの魅力の1つです。

ポップアップやイベントを開催

先日行なったイベントでは、行列ができるほどの大盛況。クーポン券が配られたり、プレゼントが用意されていたりなど、行くだけでお得なイベント内容にしているそうです。

NEXT

2/4PAGE

デニムが豊富

デニムはリーバイス550と517だけ!?

古着のデニムパンツといえば、リーバイスの501や505をイメージする方が多いかもしれません。しかし、olfeに置いてあるデニムはリーバイスの550と517がほとんど。これはolfeならではかと思います。よりお客さんが欲しいものを追求した結果、このラインナップになったそうです。ブーツカットである517がこれほどそろっているお店は初めてだったのでビックリしました!

リーバイス550

太ももから裾にかけてゆるやかなテイパードが利いている550。腰まわりに余裕があるのも特徴的なのではきやすいです。個人的には大きめのウエストサイズを選んで、ハイウエストでベルトをキュッと縛ってスタイリングするのがおすすめです。8800円

リーバイス517

裾に向かって広がるフレアなシルエットが特徴的な517は、今大人気のアイテムです。ブーツとの相性の良いこのパンツは、キレイめな雰囲気を演出してくれること間違いなし。ベルボトムほどの広がりはないので、コーデにも落とし込みやすいです。6280円

NEXT

3/4PAGE

スタッフにおすすめを聞いた

チャンキーさんはゴブランジャケット

「この唯一無二なデザイン性が最高ですよね。大きい刺しゅうが入っているディティールもお気に入りなんですけど、派手なのにキレイめに着られるところがいい。使いやすい色みもポイントです!」9480円

澤田さんは3Dニット

「3Dニットなのに、レザーがMIXされているのが珍しいです。存在感があるし、この男っぽい雰囲気が何ともカッコいいですよね。これはMサイズなんですけど、XLサイズくらいのシルエットですよ」1万9800円

今さんはゲスのデニムジャケット

「'90年代のゲスのデニムジャケットです。ここまで変わったデザインが珍しいかなと思います。とくにウエスタン調がいいですよね。この切り返しの配色も、現行品で探したら絶対に見つからないと思いますね」1万480円

NEXT

4/4PAGE

僕のピックアップアイテム

'60~'70年代のカウチンセーター

オーナーたちが大好きな馬にちなんだユーズドアイテム。1万2800円

立体的なジャガードジャケット

ジャガード織りが採用された派手柄のジャケット。高級感が格別。1万780円

ゴブランベスト

伝統的なゴブラン織りで作られたベスト。アームホールが広いため、パーカーやスウェットの上からでも合わせられる。9480円

3Dニット

大阪らしいカラーリング。ここまでビックなサイズの3Dニットはあまりないかもしれません。1万2800円

ハーレーのジップパーカー

古着で注目されているハーレーのバックシャンデザイン。袖まであるファイヤーパターンもかっこいいです。9480円

僕らと同世代ならではの視点が組み込まれた素敵な古着屋さんでした。「こんな古着が欲しかった!」と思わせる気の利いたセレクトセンスはさすがの一言。分からないことがあれば、人当たりの良いチャンキーさん・澤田さん・今さんにいろいろとアドバイスを聞くのも手です。インスタグラムの更新度も高いから、ぜひ一度チェックしてみて!

INFORMATION

●古着屋オルフェ
大阪府大阪市北区中崎3丁目2-8 Siete中崎町1階
@olfe.vintage


●TEXT/kobayashi__ryota

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しいコーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間
PR

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しい
コーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間

今日もお気に入りの〈ニトリ〉のボトルにコーヒーを入れ、リュックに詰めて出発── 自転車に乗って家から少し離れた公園へ。ここでコーヒーを飲みながら課題をするのが最近のルーティン。まさに僕だけの特別な時間だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.21

ページトップへ