• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2018.10.24

ビームス×『ムンク展』のアートなTシャツがかわいい!

芸術の秋、ジャケットの下にアートなTシャツを忍ばせてみてはいかが? ビームスでは、名画家ムンクの作品をモチーフにしたイラストアイテムがラインナップ! アート系のアイテムは今、密かに流行っているし、着こなしに絶妙なゆるさを醸し出してくれるよ!

なんと、じつは『ムンク展』のオフィシャルグッズ!

世界でもっとも知られる名画家の一人、エドヴァルド・ムンク。東京都美術館では、10月27日(土)~来年1月20日(日)まで開催される大回顧展『ムンク展-共鳴する魂の叫び』が開催される。そこで、日本を代表するセレクトショップ、ビームスがコラボレーショングッズを開催日からリリースするってわけ。注目のイラストレーター、ナイジェル グラフによる、今回のために書き下ろされたイラストや、ボディのシルエットなど、ビームスらしい感度の高いものに仕上がっている。ムンクが好きな人はもちろん、服好きもワードローブに取り入れたいツボをついたものばかりだ! 


知っている人の方が多いであろうムンクの代表作、『叫び』をモチーフにしたイラスト。このタッチはなんとも絶妙だ! ムンク×ビームスのTシャツ4500円(ビームスT 原宿)


この紳士はエドヴァルド・ムンク、ご本人。こんな人なのねって、知らない人は意外に多いであろう。母国のノルウェーでは、没後も国民的な人気を得ているそう。ムンク×ビームスのTシャツ4500円(ビームスT 原宿)

 

 
叫び=SCREAMのロゴをカラフルにあしらう。背中にもムンクのロゴが入る。ムンク×ビームスのTシャツ4500円(ビームス原宿)

 
 
『叫び』にインスパイアされたグラフィック。ちなみに、『叫び』は「フリーズ・オブ・ライフ(生命のフリーズ)」と称した作品群のうちの一作。背中にもグラフィックがあしらわれる。ムンク×ビームスのTシャツ4500円(ビームスT 原宿)

 
 
カラフルな"MUNCH"がポップでかわいい。バックには、『叫び』をモザイク調にした大胆なグラフィックが入る。ムンク×ビームスのロンT6000円(ビームスT 原宿)

このほかにもトートバッグやルームシューズ、手ぬぐいやクッションが展開される。すべてビームスの一部店舗、および東京都美術館 ムンク展2階特設ショップで販売される。ムンクのファンは多く、なんかレアになりそうな予感! 迷ったら"買い"が正解かもね! 秋のデートにムンク展を鑑賞して、おそろいを買うのもいいね。

INFORMATION

●ビームスT 原宿
tel:03-3470-8601

〈アベイル〉には女子ウケ間違いなしのアイテムがある!清楚・ストリート・ギャル系のタイプ別女子にささる鉄板モテ服を着る!
PR

〈アベイル〉には女子ウケ間違いなしのアイテムがある!
清楚・ストリート・ギャル系のタイプ別女子にささる鉄板モテ服を着る!

友達のアイツは何故か女子ウケがいい。ルックスや性格もあるけど、それって着こなしの要素も大きかったりする。巷をリサーチすれば清潔感がモテ服のカギって言うけれど、じつはそれだけではない。今回、タイプの異なる女子たちに取材してみたら、それぞれ"好きな服装"が異なることが判明した。これって意外と重要視されていない盲点で実践すれば意中の女子と仲良くなれるかも。あの娘を振り向かせるために努力は必須。まずはカノジョのタイプを知って理想の着こなしをゲットしよう!

ディーゼルのバッグとシューズで作る杉野遥亮的、オフはこんな格好で。
PR

ディーゼルのバッグとシューズで作る
杉野遥亮的、オフはこんな格好で。

オフは好きな格好をして全力でファッションを楽しみたいもの。この連載ではディーゼルのバッグとシューズを用いて、そんな休日スタイルを提案。初回はスポーティスタイル。ここでしか見られない俳優・杉野遥亮の気楽なオフスタイルをどうぞ!

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ20-21秋冬
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 CAMP
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY
FINEBOYS 大人の足元は主張のあるスニーカーで!
FINEBOYS FINEBOYS +plus SUIT Vol.33
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.18
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 ビジネスマナーがわかる本
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 お金のことがわかる本
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2020春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17

ページトップへ