• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2018.09.30

古着ブームの今、知っておくべき最強のビンテージデニムたち!   Vol.4押さえておくべきビンテージデニム用語集!

ファッション好きなら覚えておきたい用語が20個ある。誰でも聞いたことがあるワードから、ちょっとマニアックな専門用語まで。初級、中級、上級編に分けて、知っておくと通ぶれる用語を一挙に解説!

ファッション初心者も知っておきたいビンテージ用語
【初級編】

1.ウオッチポケット
フロントの右ポケットに配された小さなポケットのことで、もともとは、懐中時計を収納するために考案されたことからウオッチポケットと呼ばれた。その後、腕時計の普及によりウオッチポケットからコインポケットと呼ばれるようになっていく。501では1890年に採用された。


2.インディゴ
デニム生地の縦糸を青く染める染料のこと。もともとは、天然インディゴと呼ばれる藍から採れる天然染料だったが、不純物を多く含むため、合成インディゴが発明され、天然染料は20世紀に消滅した。

3.オンス
デニム生地の厚さを示す単位。1平方ヤードあたりの生地の重さを基準として、生地の重さでその厚さを表す。1オンスは28・3グラム。

4.サイドシーム
ジーンズでは外側の縫い合わせのことを指す。ビンテージデニムのそこには、長年はき続けることでアタリが出てくる。赤ミミが付いていると写真のようなアタリが出る。赤ミミがないものより、ある方がアタリはキレイとされる。


 

NEXT

2/3PAGE

続いては、服好きなら知っておきたい中級編


【中級編】

 5.赤ミミ
赤ミミとは生地の端にあたる耳(セルビッチ)に赤いラインが入っていること。ただし、今回紹介したビンテージ501では、1980年頃から1986年頃までのモデルの通称でもある。

6.ボタンフライ
フロントがボタン留めになったモデルのことで、リーバイス501では1873年の誕生時から採用されているディテール。

7.トップボタン
ウエストバンドの前に付くボタンのことで、リーバイス501のボタンフライで一番上に配されている。

8.ツーホースマーク
パッチなどに描かれたリーバイスを象徴するイラストマークのこと。たとえ2頭の馬が引っ張っても破れることのないリーバイスのジーンズの丈夫さを表しているという。


 

NEXT

3/3PAGE

 知っていればビンテージ通な上級編


 【上級編】

9.アモスケイグ社
リーバイスが1920年代まで採用していたニューハンプシャー州マンチェスターにあったデニム生地メーカー。幅の狭いセルビッチが特徴とされる。

10.カンヌキ
バータックとも呼ばれる補強のための縫製方法。バックポケットや股の部分などに施されるビンテージ501においても重要なディテールワークのひとつ。ただし、バックポケットを黒や紺の糸でカンヌキ止めした1980年後半頃の501をカンヌキモデルともいう


11.ギャラ入り・ギャラなし
全商品の品質が保証されていることを意味する“Every Garment Guaranteed”の表記をギャランティという。また、その文字が入る紙パッチ501XXをギャラ入り、この文字のない紙パッチ501XXをギャラなしと呼んでいる。

12.ギャランティチケット
前述した品質保証を表す“Every Garment Guaranteed”の文字が入った品質保証カードを、ギャランティチケットという。これは新品を購入したときに付いてくるもので、ビンテージ501でもデッドストックには付属する。


13.月桂樹ボタン
その名の通り、月桂樹が刻印されていることから呼ばれる月桂樹ボタン。ビンテージ501では、大戦モデルにこれが付けられていた。


14.アーキュエイトステッチ
元はバックポケットの裏に補強布を縫い付けるためにリーバイスが考案した弓形のステッチワークで、当て布が不要になってからも残されたディテール。1943年に商標権を取得している。


15.シンチバック
背面のウエスト部分に施されたデニム地のベルトのことで、バックシンチやバックルバックとも呼ばれる。物資規制が課せられた通称大戦モデルより排除されたディテール。


16.スレーキ
ポケットの袋布。またバックポケットを補強するために内蔵された布地を指すことも。大戦モデルではヘリンボーンなどさまざまな生地が使われた。

17.リベット
フロントポケットなどに打ち込まれた金属の鋲のことで、1872年にヤコブ・デイビスがリーバイスの10オンスパンツにリベットを打ち込んだことがジーンズの起源。ビンテージ501の年代を見分ける重要なディテールであり、ジーンズには欠かすことのできないパーツのひとつ。

18.ビーフジャーキー
紙パッチ以前のビンテージ501に施されていた革パッチが、洗濯や乾燥などにより収縮して黒っぽくなってしまった状態のことをビーフジャーキーまたはジャーキーと呼ぶ。


19.コーンミルズ社
前述したアモスケイグ社よりも優れた品質を目指すべく、1915年頃よりリーバイスが調達していたデニム生地メーカー。ビンテージ501では、1922年モデルよりこのコーンミルズ社のみのデニム生地を採用している。

20.フラッシャー
販売時、ジーンズのバックポケットに施された紙ラベルで、ここにブランドや品番、そのモデルの特徴といったあらゆる情報が入る。コレクターも存在する。


以上、ビンテージ用語集をお届け! 奥が深い世界だけど、こうして専門用語を覚えて古着店に行くと、店員さんとの会話も楽しくなる! 次回はリーバイス501以外のロットナンバーのシルエットに注目してみたいと思う。

撮影/青木和也 特別協力/藤原 裕(ベルベルジン)、栗原道彦(ミスタークリーン)

洋服で日焼け対策できるアベイルの新作ウエアが効果的!美容男子も必見! 夏のアウトドアも余裕でオシャレなUVカットウエア!
PR

洋服で日焼け対策できるアベイルの新作ウエアが効果的!
美容男子も必見! 夏のアウトドアも余裕でオシャレなUVカットウエア!

海、山、川などアウトドアで遊ぶことが増える夏。でも、日焼けしたくないというメンズも最近は多いよね。女子に混ざって日焼け止めを塗る男子も見かけるし。そんな色白美肌をキープしたいメンズに朗報! このアベイルで見つけたUV加工ウエアなら紫外線を大幅にカットし、肌にも優しい素材を採用する。そんでもって、流行りを抑えたデザインにより、さまざまなシーンで活用できるよ!

専属モデル、杉野遥亮とニュースなディーゼル柄シャツ
PR

専属モデル、杉野遥亮とニュースなディーゼル
柄シャツ

〈ディーゼル〉のニュースな一品、今月は柄シャツをリコメンドしよう。今季のディーゼルには色、柄とりどりの逸品がそろっている! 専属モデルの杉野遥亮の着用した姿を見れば、主役級の働きをしてくれるのは一目瞭然。どの色柄にするか……、これは悩む!

存在感のある手元は〈ディーゼル ウォッチ〉の新作で半ソデコーデに"映える" 個性派デジタル、登場!
PR

存在感のある手元は〈ディーゼル ウォッチ〉の新作で
半ソデコーデに"映える" 個性派デジタル、登場!

身に纏うアイテムが減る夏は、小物に気合いを入れたいところ。〈ディーゼル ウォッチ〉の’90s スポーツコレクションは、ベルトのビンテージロゴとメカニックなデジタル顔が特徴。半ソデから伸びる手元を、3 針時計にはないインパクトで大胆&軽快に彩ってくれる!

シーンに合わせた時計選び1週間コーディネート術
PR

シーンに合わせた時計選び
1週間コーディネート術

T.P.O.S.に合わせたスタイルでラインナップしているのが、〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチの魅力。仕事のある平日からオフの休日も、それぞれのシーンに合った1本がきっと見つかる。

人気サロンがこぞって愛用する〈エヌドット オム〉!予約殺到の人気サロンで聞く、トレンドヘア3選。
PR

人気サロンがこぞって愛用する〈エヌドット オム〉!
予約殺到の人気サロンで聞く、トレンドヘア3選。

気づけばアウターの出番が減ってきて、ほのかに夏の気配を感じるこの季節。服と一緒に、ヘアスタイルも一新して気分を盛り上げたい。有名サロンが推す今季のトレンドヘアは? 人気スタイリストが「旬ヘアに欠かせない!」と口をそろえる〈エヌドット オム〉のスタイリング剤を使って、質感の違う3スタイルを紹介。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2018春夏

ページトップへ