• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2018.10.04

来客の多い古着店 vol.7ダメージドーン2nd

第7回目となる「来客の多い古着店」連載。今回は、東京屈指のトレンド発信地である原宿にお店を構えるダメージドーン2nd。軍モノやアメカジの古着を中心に、感度の高いファッションエリアにも対応できるキャッチーな古着も押さえる同店。副店長である仲長(ナカオサ)さんに話を聞くと、10代から50代の人たちも足繁く通うという。その魅力を徹底的に探ってきた。

上質なアイテムの数々は、古着の醍醐味を多角的に教えてくれる

原宿のとんちゃん通りの奥、そこから1本入り組んだ道に入るとキレイな建物が存在する。ダメージドーン2ndはそこの2階にお店を構え、竹下通りや明治通り沿いにあるお店とは相反し、静穏な空気が流れているのが特徴的だ。お店の中を覗いてみれば、センスの高い古着が整然と並べられていることに気づく。

お店に来たら、まずは軍モノに注目して見て!

「ジャンルレスなセレクトを心がけていますが、中でも多いのは軍モノですかね」と語る仲長さん。店長やバイヤー、スタッフの好みには比較的共通意識があるそうで、純粋にカッコいいものをセレクトしているからこそ、男心をくすぐる軍モノに辿り着くことが多いんだとか。そのせいか今の時季は、モッズコートやモンスターパーカなどボリュームのあるミリタリーのコートが店内に多く見られた。

3万2000円

「じつはリメイクものもうちにはすごい多いんです」と話す仲長さん。ここでは先ほどのモッズコートを黒染めし、フードとライナーを取り除いた1枚をレコメンドしよう。

2万8000円

店内を探索していると、続けて多くのリメイクアイテムが発見できた。「自分たちがよいと思ってリメイクしたものがお客さんにハマッてもらえれば最高です」と言う。ほかの系列で働いていたチームスタッフが独立し、同店のリメイクアイテムすべてを手掛けているそうだ。
 

’90年代のフランス軍のステンカラーコート。エポーレットを取り除き、丈も短くしている。/1万2000円

ラングラーのパンツ。ドローコードを新たに付属した。/8000円

ラルフ・ローレンのノーカラーシャツ。スタンダカラーだった衿をノーカラーに再構築。/5000円

 
 
NEXT

2/3PAGE

この秋冬に力を入れるのはテイラードジャケット!



「ジャケットやセットアップは今年くると思って力を入れています」という仲長さん。店内奥のラックにはぎっしりとデザイン性の高いものが並べられていた。しかもこのジャンルはほかの系列店には置かず、原宿店限定で展開しているそうだ。
 

ギャルソンのジャケット/1万4000円

ジョルジオ・アルマーニのジャケット2万2000円(パンツとセット)

ジョルジオ・アルマーニのパンツ2万2000円(ジャケットとセット)

 

古着コーデの足元に足したいレザーシューズ!

ダメージドーン2ndには多くのレザーシューズが並べられている。クラシックなローファーから個性も主張できるタッセルがついたものまで、写真以外にもバリエーションはさまざま。どれも使いやすいものばかりだから、古着コーデの足元に足せば、着こなしによりこなれ感や上品さだって高まりそうだ。先ほどのジャケットやセットアップに合わせて、古着でとことんキレイめにまとめるのもおもしろい。
 
NEXT

3/3PAGE

お店に眠るデッドストックを掘り起こせ!

 デッドストックの豊富さもこのお店を魅力のひとつと言っていいだろう。状態の良い’80年代〜’90年代のアイテムから、比較的新しい2000年代のものなどを取りそろえる。買い付け時には、”デッドストック”であるということも、目利きをする上で重要なポイントにしているんだとか。なかでも気になった3つのアイテムをクローズアップする。


「リーバイスの517はフレアタイプなんで、どちらかというとこのブランドでは毛嫌いされてきていたと思う。ただオシャレな人たちの中では、流行するワイドシルエットに飽きた人が注目しているシルエットでもある」と話す。今年から街ではく人もどんどん増えてきているため、このフレアシルエットで街が賑わう可能性も今後十分にある。

8000円

ほかにも他店ではあまり見ないブランドから、アウトドア界の王様まで、多彩なデッドストックが眠っている。 

’90年代っぽいチロリアンテープが特徴的なアルフのフリース/7800円

見幅の広いザ・ノース・フェイスのスウェット/1万3000円

 
街の忙しない空気とは異なり、この店にはゆったりとした時間が流れる。純粋な古着だけでなく、デッドストックからリメイク、またや新品なども展開するこのお店であれば、古着の見方もきっと変わってくるはず。多角的な視点から洋服と触れ合えることで、一度ダメージドーン2ndに足を運べば、その魅力にどっぷりとハマッてしまうだろう。

INFORMATION

●DAMAGEDONE2nd(ダメージドーン2nd)
住所:東京都渋谷区神宮前3丁目27 -22
営業時間:11:00~20:30
Instagramはコチラ:@dmgdn_2nd

専属モデル、杉野遥亮とニュースなディーゼルロゴパーカ
PR

専属モデル、杉野遥亮とニュースなディーゼル
ロゴパーカ

ディーゼルの中でもとくにアイコニックなアイテムを紹介するこの企画も7回目。今回、専属モデルの杉野遥亮が着こなしたのはオーバーサイズのロゴパーカ。まさにトレンドど真ん中なアイテムは今のうちから早めに押さえておきたい!

〈スーツセレクト〉の新ラインでビジネスにコンフォート革命を!「4S」モデルでスーツはもっと快適に進化する!
PR

〈スーツセレクト〉の新ラインでビジネスにコンフォート革命を!
「4S」モデルでスーツはもっと快適に進化する!

働くビジネスマンにとって、スーツの着心地は非常に大切。スーツにおいて快適性の確保はもはやなくてはならない必須事項だ。〈スーツセレクト〉から今季、新ライン「4S」モデルがデビュー。「スーパーノンアイロン」「ストレッチ」「ソフトタッチ」「スリム」の4つの機能性を兼ね備えた、スーツでより快適に過ごせる新しいコンセプトのモデル。この4つのキーワードにクローズアップした、杉野遥亮が出演するコラボムービーを公開しているので是非チェックしてみて!

ビジネスマンのワードローブに、〈クロスクローゼット〉の1着を。「本物」が分かる男のシャツ
PR

ビジネスマンのワードローブに、〈クロスクローゼット〉の1着を。
「本物」が分かる男のシャツ

毎日着るシャツだから、ストレスのない着用感を味わいたいもの。今年デビューした〈クロスクローゼット〉は、そんな願望を叶えた1枚で、本物がわかるビジネスマンから人気急上昇中。迷わず、指名買いするのが正解だ。

〈SUPRA〉から2シリーズ同時リリース。「ストリート」を体現するモノトーンとレオパード。
PR

〈SUPRA〉から2シリーズ同時リリース。
「ストリート」を体現するモノトーンとレオパード。

スケーターやダンサーなどから厚い信頼を得ている〈スープラ〉。リアルシーンにて放つその存在感は、オリジナリティという唯一無二のスポットライトを浴びている。そして、今シーズンは、ハイエンドなデザインがそろうエステートラインより、2 つの顔つきを持った新モデルがデビュー。スタイリッシュにまとめるか、派手に攻めるか、いずれにせよ、これらの靴ならリアルなストリートを足元に宿せる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2018春夏
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.13
FINEBOYS ヘアREMIX2018
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.09
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.28
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ´17-´18秋冬

ページトップへ