• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2018.04.26

6人6色のファッション観に迫る!【超特急】メンバーに聞いた「好きな服」

ファインボーイズ5月号で、6人そろってモデルとして登場してくれている超特急。誌面でTシャツをバッチリと着こなしてくれた彼らが、プライベートで身に着けているアイテムとは? 本誌未公開フォトとともに、6人6色のファッション観を教えてもらいました。



 

 

■超特急2号車カイの、気になるファッション観に迫る!

――どんなコーディネートもクールに着こなしてくれているカイくん。普段の私服はどんな感じなの?

カイ「えー! クールって言ってもらえてうれしいです! 私服では、男らしさを感じるファッションが好きですね。シンプルなコーデにアクセサリーで男っぽさをプラスすることが多いです。もともとロック系のファッションが好きだったんですけど、そこにストリート系をうまく落とし込む着こなしが僕の定番。サイズ感を一番重視しているので、ネットで買うとしても一回ちゃんと実物をお店に見に行きます。冬は黒ばっかり着ていたので、この春は明るいグリーンのシャツが着たい気分。あとはライトグレーのTシャツが気になっています」

 

 

――オシャレに目覚めたのはいつごろ?

カイ「自分で選ぶようになったのは中学生くらいかな。テレビで見たアーティストの方などの服装に目がいくようになりました。それからはずっとこんな感じのファッションです」

――足元はスニーカー派? 革靴派?

カイ「スニーカー派! 服がシンプルなので、ゴツめでインパクトのあるシューズが好きです。でも靴全般が好きなので、レザーシューズを履くこともあります。最近のお気に入りは、ヴェトモンとドクターマーチンのコラボブーツ。10ホールなんですけど紐がなくて、意外と合わせやすいんです」

 

 

――どうやって自分に似合う服を見つけてる?

カイ「新しい服に出会うのってすごくワクワクしますよね! 新しいブランドは常にチェックしているし、スタイリストさんなどプロの方にこれから流行りそうな注目のブランドを聞いたりもしますよ!」
 

NEXT

2/6PAGE

 
■超特急3号車リョウガの、気になるファッション観に迫る!

――リョウガくんはいつもFINEBOYSの撮影では、細身シルエットの品のあるコーディーネートで現場に来てくれるよね!

リョウガ「白状してしまうと……僕はファッションにはあまり詳しくないんです(汗)。けど、そうですね、パンツは基本細身のものを選ぶことが多いです。親の影響で、シャツを着ることが多くて。デザインは、無地よりも柄物が好きです」

 

 

――好きなブランドやショップを教えて!

リョウガ「これも親の影響で、小さい頃からポールスミスをずっと着ています。僕の薄い体型に合うのでしっくりくるんです。ポールスミスは裏地がすごくオシャレで、見えない部分が派手だったり、そういうさりげないディテールも好き。上品な雰囲気の中に、遊び心があるんです。ポールスミスが僕のワードローブの大半を占めているので、ポールスミスの流行が変わると僕のファッションテイストも変わるっていう……。僕の気分というよりは、ポールスミスの気分次第ですね(笑)」

 

 

――まさに生粋のポールスミスっ子なんですね(笑)! ちなみに、ポールスミスで特に好きなアイテムは?

リョウガ「靴下とパンツはショップに行くたびに買っちゃいます。見たことない柄が売っているので、つい集めちゃうんですよね。派手な靴下をポイントにして、コーデを考えることもあります」
 

NEXT

3/6PAGE

 
超特急4号車タクヤの、気になるファッション観に迫る!

――超特急のオシャレ番長、タクヤくんの普段の私服を教えて!

タクヤ「オシャレ番長? (笑)。洋服はすごく好きで、家中服だらけで大変(笑)。古着とハイブランドを組み合わせるスタイルがずっと好きで、今日私服ではいてきたのもサンローランの古着のスラックス。チェック柄に目がなくて、スラックスはチェック柄だけで10本くらいは持っています。この春夏は、3色カラーのコーディネートがしたいですね。モノトーンよりは、色をたくさん使いたい派!」

 

 

――やっぱりオシャレ番長で間違いない。服が好きになったのはいつ頃からなの?

タクヤ「ファッションには中学生くらいから目覚めました。その頃はもっぱらストリート系で、太いデニムにパーカを着て足元はスニーカーというスタイルで。当時の柄もの好き、派手なもの好きは今でも変わっていないですね。そんな感じで基本ストリート寄りのファッションだったのが、スケートボードを始めて動きやすさを重視するファッションになって。高校に入ってからは、クラスの服好きの友だちの影響でいろんなブランドを知るようになりました。今の自分が古着とハイブランドが好きなのも、彼らの影響かな。放課後はみんなで渋谷~原宿によく買い物に行っていました」

 

 

――ついつい買っちゃうような、定番ブランドってある?

タクヤ「あまりブランドにこだわりはなくて、いいものがあれば欲しいなという感じです。古着は楽に着られるというのはもちろん、古着ならではのオジサンっぽさがあるアイテムをいつも探しています。ついこのあいだも、古着のリーバイスのデニムを買いました」

――タクヤ流の古着の楽しさを教えて!

タクヤ「よく言われているけど、古着って出会いだし一点ものだから、ビビッとくる服に出会えたときの喜びは大きいですね。とくにハイブランドのアイテムは古着でもやっぱりディテールにこだわって作られていて、着心地もいい。あと単純に、時を超えて出会えたっていう事実にも心が躍りますよね。古着においては、より自分らしくないものを選ぶのがマイルール。そのほうが楽しめるし、ファッションの幅が広がるので。その分、失敗もすることも多いんですけどね(笑)」
 

NEXT

4/6PAGE

 
■超特急5号車ユーキの、気になるファッション観に迫る!

――ここ最近、ファッションへの熱が高まってるって聞いたけど!

ユーキ「そうなんですよー! 本当に本当につい先日、自分がこういう系統が好きだなというのがようやくわかったんです! で、僕の好きな服とはなんだったのかと言うと……結局は黒い服が好きという(笑)。悩んでいた割にシンプルな答えでした」

 

 

――じゃあ、最近の私服は黒ばっかり?

ユーキ「多分そうだと思います。前はスキニーパンツにパーカみたいなダンサーっぽい格好でしたけど、もう少し自分らしい服装にしたいなと思っていろいろ模索した結果、落ち着きのある黒多めのスタイルになりました。でも、赤も着ますよ! 大きな面積で取り入れるのではなく、さりげなく身に着けていたいなって思っていて、下着とか靴下で取り入れています。黒以外ではキャメルも好き。大人っぽい雰囲気が出るので女性にも着てほしい!」

 

 

――今はどんなショップがお気に入り?

ユーキ「黒アイテムが豊富な、ヨウジヤマモトやイッセイミヤケが好きになりました! モードっぽさの中にスポーティな要素が入っていると弱いですね。ヨウジは独特なシルエット、イッセイミヤケはゆるい中にもギミックが効いているところに惹かれます。メンバーのタクヤやタカシのファッションはよく参考にしていて、彼らが身に着けているアイテムで気になったものはブランドを聞いたりしてます!」
 

NEXT

5/6PAGE

 
■超特急6号車ユースケの、気になるファッション観に迫る!

――ユーキくんと同じく、ユースケくんもここ最近オシャレが好きになってきたって聞きました!

ユースケ「そうなんです! ついこの間、新しいスニーカーを買って。この靴に合う服ってなんだろうなーって考えたのがきっかけで、オシャレが楽しく感じられたんです。最近すぎますよね(笑)  前までは服のことは『ダサくなければいいや~』ぐらいにしか考えてなくて、コスパ重視の服選びをしてました。でも20歳を超えたし、ちょっと大人っぽくしたほうがいいなと思うようになって」

――すごくタイムリー! しかもスニーカーがきっかけとは!

ユースケ「今の手持ち服に、このスニーカーに似合う服がないなと思ったんですよね。そこで服について考える楽しみを初めて感じました」

 

 

―― オシャレに目覚めたユースケくんの「マイ定番」アイテムは?

ユースケ「カーキ色のジャケットにパーカの組み合わせ! これはオシャレに目覚める前からなのですが、僕、無類のパーカ好きなんです。あの、ゆるっとしている雰囲気が好きで。あとはスウェット。普段の買い物も、この2つをよく探しに行きます。シルエットや生地のバリエーションが豊富なので、見ていて飽きないんです。あと、脚がO脚なので、スキニーよりはゆったりめのパンツをはくほうが多い。色もカーキとかバーガンディとか、落ち着いた渋い色が好きですね」

 

 

――この春夏でやってみたいファッションを教えて!

ユースケ「この春夏はスポーツテイストを取り入れてみたいな~。色はピンク多めで! 普段は暗めの渋い色ばかり着ているので、色を着てみたいという気持ちがあります。あ、あとオレンジ色もいいなぁ。最近好きなので。春が過ぎて夏っぽくなったら取り入れたいです」
 

NEXT

6/6PAGE

 
■超特急7号車タカシの、気になるファッション観に迫る!

――タカシくんは背が高いから、どんな服も似合っちゃうよね! 最近の私服はどんな感じなの?

タカシ「そんな、恐縮です! 私服では太めのスラックスパンツにパンチが効いたロックTを組み合わせたりして、キレイめなスタイルにどこかアクセントとなるアイテムを合わせるようにしています。ストリート系が好きな時期もあったんですけど、今はミックス感のあるキレイめが気分です」

 

 

――オシャレに目覚めたのはいつごろ?

タカシ「オシャレが好きになったのは、3~4年前に上京してきてからでしょうか。東京はオシャレな人が本当に多くて、刺激だらけ。僕、それまでは服にあまり興味がなかったんです。『着られるものがあればいいや!』みたいな。大阪ではヒョウ柄を着ていたらいいって本気で思っていたし(笑)。東京の人たちを見てかっこいいな~って憧れる気持ちもありつつ、『このままじゃ僕は東京に溶け込めない!』という焦りもありました(笑)」

――大阪ではヒョウ柄! 今のタカシくんからは想像できない。大きなチェンジでしたね!

タカシ「(笑)。今もコーディネートのどこかにアクセントを加えたくなるのは、大阪の血が流れているからかもしれません(笑)」

 

 

――10代のころと、服の好みは変わった?

タカシ「変わりましたね! それまではカジュアルなコーディネートが多かったのですが、20歳を過ぎてからはワイスリーやヨウジヤマモトみたいな、モードっぽいエッセンスを感じられる服が好きになりました。大人っぽい服装も意識するように。スニーカーばっかりだったけど、革靴もよく履くようになったり。でもスニーカーは変わらず好きで、数えたらたぶん30足ぐらいはあると思います。いよいよシューズボックスに収まらなくなってきました(笑)」

INFORMATION

プロフィール/超特急。メインダンサーバックヴォーカルグループ。5月26日(土)の武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ公演を皮切りに、4公演のアリーナツアーを実施。新シングル「a kind of love」が発売中!

撮影/杉江拓哉(TRON) スタイリング/小島竜太 ヘア&メイク/間篠美歩(NIKOLASHKA)

シーンに合わせた時計選び1週間コーディネート術
PR

シーンに合わせた時計選び
1週間コーディネート術

T.P.O.S.に合わせたスタイルでラインナップしているのが、〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチの魅力。仕事のある平日からオフの休日も、それぞれのシーンに合った1本がきっと見つかる。

存在感のある手元は〈ディーゼル ウォッチ〉の新作で半ソデコーデに"映える" 個性派デジタル、登場!
PR

存在感のある手元は〈ディーゼル ウォッチ〉の新作で
半ソデコーデに"映える" 個性派デジタル、登場!

身に纏うアイテムが減る夏は、小物に気合いを入れたいところ。〈ディーゼル ウォッチ〉の’90s スポーツコレクションは、ベルトのビンテージロゴとメカニックなデジタル顔が特徴。半ソデから伸びる手元を、3 針時計にはないインパクトで大胆&軽快に彩ってくれる!

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10

ページトップへ