• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.08.11

2019年期待の若手女優、柳 美稀の好きなメンズファッションをチェック!

特撮テレビドラマ「動物戦隊ジュウオウジャー」では子どもたちのヒーロー、ドラマ「賭ケグルイ」では最狂との呼び声の高いキャラクターである生志摩妄役を演じるなど、若手ながら多くの役を演じ分ける実力派女優の柳 美稀。現在放送中の木曜ドラマ「サインー法医学者 柚木貴志の事件―」に出演する彼女にインタビューを敢行。気になるファッション事情からドラマについてなど、女優・柳 美稀の素顔に迫った。

■Tシャツonデニムがマイスタイル!

――好きなファッションスタイルを教えてください。

「普段はTシャツにデニムパンツをサラッと合わせる着こなしばかり。足元はスニーカーが気分ですね。あとはワンピースを着ることが多いです」

――夏に着たいアイテムはありますか?

「夏は肌を見せたいタイプなので、背中の開いたワンピースやチュニックが着たいです。それにハイウエストのデニムを合わせてタックインして着こなしたい! できるかどうかは正直わからないけど、やってみたい願望はあります(笑)」

――私服をコーディネートするときのポイントは? 普段どこに重点を置いてますか?

「着る服がシンプルなので、アクセサリーはマストでつけるかも! とくにシルバー系のアクセが好きですね。バングルやピアス、ネックレスはいつもつけています」

――最近買ったアイテムはありますか?

「バックプリントTシャツにハマっていているんですけど、最近買ったTシャツがすごくかわいくて! すごくお気に入りなんです。Tシャツを買うときは基本的にバックプリント重視で買っちゃいます。メンズのTシャツを着るのも好きです!」

――メンズのアイテムも着るんですね!

「そうですね。Tシャツはメンズのものを買うことが多いかも。ダボッとしてるシルエットがかわいいですよね! シルエットは日によって異なりますけど、上ゆる下ピタor上ピタ下ゆるが多いです」

――では、好きな男性のファッションはどんなスタイルですか?

「レザージャケット+スキニーパンツみたいなビシッとキマったスタイルよりは、ダボッとしたシルエットのパンツをはいてるような、力の抜けたスタイリングをする人に惹かれます。着飾らず、Tシャツ+デニムパンツをナチュラルに着こなしている男性を見ると”いいねっ!”って思います!」

――この夏、狙ってるアイテムはありますか?

「欲しいなと思っているのは、サイドがチュール素材になっているベアトップ。この説明で、男性は分かりますかね……(笑)。とにかくかわいいんですよ! インナーの合わせ次第で見え方が変わるアイテムなので、着るのが楽しそう!」

――お話を聞いていると、オシャレが好きということがすごく伝わってきます。いつ頃からファッションに目覚めたんですか?

「きっかけはこの業界に入ったことかな。業界に入ってまわりの方たちを見ていくなかで、かわいい服を着ている人たちってすごくかわいいんだって思えてきて(笑)。私もそうなろうって思ったんです。学生時代はずっとバイトをしていてオシャレできなかったので、その反動もあるかもしれないです」

NEXT

2/2PAGE

冗談かと疑った、木曜ドラマへの出演

 
 

 
■冗談かと疑った、木曜ドラマへの出演

――現在出演中のドラマ「サインー法医学者 柚木貴志の事件―」ではこれまでとは違った一面の柳さんを観ることができますね。過去の作品と比べてもかなり大人な女性の印象があります。

「まともな役ですよね(笑)。ギャルでもヤンキーでもない大人な女性。今までは刺激の強い役が多かったので(笑)、そういう印象を持たれる方も多いかもしれません」

――ドラマのお話をいただいたときは、率直にどう感じましたか?

「”えっ?木曜9時ですか?”って驚きました。最初は冗談なのかなって思ったくらいです。でもエイプリルフールでもないし……。本当なんだって実感できたときはすごくうれしかったです」

――法医学を題材にサスペンス要素も含まれる少し難しい作品だと思うんですけど、現場の雰囲気はいかがですか?

「監督も気さくに話しかけてくださいますし、フレンドリーな雰囲気で撮影が進んでいっています」

――大森南朋さんはじめ、ベテラン俳優の方たちが多く出演するドラマでもありますね。

「そうですね。そういう点でいえば、少し恐縮しちゃっているかもしれないです(笑)。皆さん、お芝居が自然すぎて……。とくに松雪さん(松雪泰子)の演技を見ていると、本当に刑事さんなのでは? と錯覚してしまうんです。作り込んでいないように見えるのに、カッコよすぎて。女性の私でも好きになってしまう。目が離せないです」

――作中ではスタイリスト役ということですが、もし柳さんがこの業界に入っていなかったらどんなお仕事をしていたと思いますか?

「スタイリストはできないと思います。私、服を選ぶのに時間をかけてしまうんですよ(笑)。でも、メイクさんならできるかも。人にメイクをするのが好きなんです。もし役者をしていなかったら、メイクさんをやっていたかもしれません!」

――今後の目標を教えてください。

「オンリーワンの女優になりたいです。例えば、菜々緒さんの悪女役だったり、ムロツヨシさんのアドリブの上手な演技だったり。その人にしかできない役、柳 美稀しかできない役を極めていきたいです。賭ケグルイの生志摩妄のような役をたくさん演じていきたいです!」

――もし、演じたい役をどれでもやっていいよと言われたら、今はどんな役を演じてみたいですか?

「めちゃくちゃに腹黒い役を演じてみたいです。主人公の女のコをいじめる役とか(笑)。好きな男の子の前ではぶりっ子してるのに、裏では腹黒い女のコがやりたいです。演じるなら、とことん真っ黒で!(笑)」

――最後に読者にメッセージをお願いします!

「年頃的にいろいろなことに流されてしまって、自分とは何かと考える場面に陥るときがくると思うんです。でも悩んだときこそ自分を貫いたほうがいいよって思います。……なんか、深そうで浅いこと言っちゃった(笑)。もし悩むことがあったら、気分転換にドラマを見てくださいね!」

★発売中のFINEBOYS9月号では愛用のカバンとその中身を公開中!

木曜ドラマ「サインー法医学者 柚木貴志の事件―」
テレビ朝日系毎週木曜21:00〜放送中!

INFORMATION

プロフィール/1997年8月24日生まれ。大阪府出身。現在放送中の木曜ドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件―』(テレビ朝日系毎週木曜21:00〜)では物語の鍵を握る宮島清花役を熱演中。今後目の離せない注目女優の一人。Twitter→@yanagi_miki_  Instagram→@yanagi_miki


文/笹谷淳介 撮影/田中利幸 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY)

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03デニムバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03
デニムバッグ

オシャレと実用性の両方が求められるバッグって、選ぶのがなかなか難しい。ましてや、どんなコーディネートにも合う、まわりの人とかぶらないって話になると難易度がさらに上がってくるはず。そんなバッグ探しに終止符を打ってくれるのが〈ディーゼル〉のデニムバッグシリーズ。シンプルな見た目は着こなしに溶け込むし、ブランドを象徴するタフなデニム使いで、個性も、実用性もバッチリだ!

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選
PR

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選

あのカンゴールの最新秋服を、ZOZOTOWNなどで人気を博すECブランドMONO-MART(モノマート)が別注! キミのワードローブに取り入れるだけでオシャレに格上げされる10のトレンド服をピックアップした。挑戦しやすいシンプルなデザインとリーズナブルな価格帯にも注目してほしい。

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!
PR

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!
秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!

厳しい残暑の中でも、ファッション高感度な人ほど秋支度は急ピッチに進んでいる。トレンドにいち早く反応するショップ、アベイルならコスパよく揃えられる。ってことで、今回はイチオシの秋コーデをピックアップ! 移り行く季節に、何を買っていいか分からない人は特に必見だよ!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ