• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2018.10.09

【tofubeats】コンサバな私服の行きつく先はスティーブ・ジョブズ!?

前作から約1年半。自身4枚目となるフルアルバム『RUN』を発売したtofubeats。今回のアルバムは客演が一切なしということもあり、彼の新たな一面を垣間見ることのできる作品に仕上がっている。今回はそんなtofubeatsにファッション観やアルバムについて話を聞いた。


■若き音楽クリエイターの気になる私服とは

――今日のファッションはシンプルですね。好きなスタイルはありますか?

「神戸に住んでいるということもあってなのか、コンサバな格好が好きです。僕を知っている方はいつもスキニーパンツを履いているイメージがあるかもしれないですけど、本当にその通りで。派手な格好はしないですね。決まった形のアイテムを細々と買い続けている感じです」

――決まった形というのは、お気に入りのアイテムがあったりするんですか?

「気に入って毎年買っているTシャツがありますね。なんというか、スティーブ・ジョブズみたいになりたいなって気持ちがあるんです(笑)。いつも同じ服でもサマになっているあの感じ、憧れます」

――ほかに定番のファッションアイテムはあったりしますか?

「そうですね〜。スニーカーはその辺の人よりは好きだと思います。でも、派手なものやレアものには全然興味がなくて。みんなが買えるものが好きというか……流通しているもの好きっていえばいいんですかね。スニーカーもやっぱりシンプルなデザインのものが好きですね」

――最近買ったスニーカーはありますか?

「アシックスのスニーカーが好きなんですが、ひと通り集めてしまったので……。最近はアンブロやニューバランスの1700シリーズを買いました」

■アルバム名の『RUN』に込めた思い

――4枚目のフルアルバムが発売されましたが、今回はどんな作品に仕上がりましたか?

「これまでは森高千里さんや藤井隆さんなどそうそうたる方たちを呼んでやってきたんですが、今回は気づいたらひとりでやることになっていて……(笑)。だから初めて純粋なソロアルバムが完成した感じですね。自分で歌う曲も多く収録されているし、ひとり丸腰勝負っていうのは今までになかったことなので、すごく新鮮な作品になりました」

――ひとりで制作していく上で、これまでと違う特別な感情はありましたか?

「全責任が自分なので、プレッシャーはすごかったですね(笑)。いつもみたいにゲストを呼んでいたら、ゲストがイケメンだから大丈夫だろうとかそういう感情が生まれるんですけど、今回はMVにまで自分が出ているし……。ひとりで全部を背負うということが今までにはなかったので。苦労のような、今までにない感情は確かにありましたね」

――先ほどおっしゃったように、「RIVER」のMVではご自身が本格的に出演していますね!

「あはは! そうそう(笑)。なんか出てるわ〜って感じでしたよね。監督に出ろっていわれたので出たんですけど、ひとりで弾き語るシーンなんて自分でもビックリしましたよ(笑)。現場に着いたら自分のキーボードがセットしてあって、本当に弾くんですか!? ってなりましたもん(笑)」

――露出が増えてきたという実感も、そういったところで感じたりするのでしょうか?

「そうですね。いろんなところでお仕事させていただけるようになって、声をかけていただくことも多くなりましたし。イベントの動員とかを見ても少しずつ増えてきてはいるので、純粋に嬉しいですね」

――そのことも踏まえて、デビューから今まででブレていない部分と変化した部分を教えてください。

「音楽性は変わらずブレてないですね。好きな音楽も変わらないし。そこはブレずに続けられているかな。ただ自分で歌うことが多くなった点は、デビューから考えると変化していると思いますね。プロデューサーっぽい感じでデビューしたのに、いつの間にかシンガーソングライターみたいになっているのは、大きな変化ですよね(笑)」

――プロデュース業と、今回のようにひとりで楽曲を完結させるのとではどちらがしっくりきますか?

「うーん……。やっぱり人に歌ってもらったほうがいいですね(笑)。音源をチェックするときに、自分の声だと聴いていられないじゃないですか。"うわ、歌ってるわ自分"って思ってしまうので(笑)」

――最後に、『RUN』というタイトルに込めた思いを教えてください!

「人に頼らず自分ひとりで頑張るということを、何かいい言葉で表現できないかなと思ったときに「RUN」という言葉が浮かんだんです。走っているときって基本的にはひとりで、自分との戦いじゃないですか。自分で頑張るということを表現するときに、この「RUN」という言葉はピッタリだと思うんですよね」

★発売中のFINEBOYS10月号「気になるコノ人のカバンと愛用グッズ!」では私物のバッグとその中身を公開中!

『RUN』
アンボルデ/ワーナーミュージック(ALBUM)
10月3日発売

INFORMATION

プロフィール/1990年生まれ、神戸在住。在学中からインターネット上で活動を開始。人気アーティストとの数々のコラボで話題に。ドラマや映画の劇中音楽、主題歌も手がけるかたわらで、数誌でのコラム連載など活動は多岐にわたる。10月3日に発売した4thアルバム『RUN』が絶賛発売中。

HP https://tofubeats.persona.co/

文/笹谷淳介 撮影/田中利幸

専属モデル、杉野遥亮とニュースなディーゼルロゴパーカ
PR

専属モデル、杉野遥亮とニュースなディーゼル
ロゴパーカ

ディーゼルの中でもとくにアイコニックなアイテムを紹介するこの企画も7回目。今回、専属モデルの杉野遥亮が着こなしたのはオーバーサイズのロゴパーカ。まさにトレンドど真ん中なアイテムは今のうちから早めに押さえておきたい!

〈スーツセレクト〉の新ラインでビジネスにコンフォート革命を!「4S」モデルでスーツはもっと快適に進化する!
PR

〈スーツセレクト〉の新ラインでビジネスにコンフォート革命を!
「4S」モデルでスーツはもっと快適に進化する!

働くビジネスマンにとって、スーツの着心地は非常に大切。スーツにおいて快適性の確保はもはやなくてはならない必須事項だ。〈スーツセレクト〉から今季、新ライン「4S」モデルがデビュー。「スーパーノンアイロン」「ストレッチ」「ソフトタッチ」「スリム」の4つの機能性を兼ね備えた、スーツでより快適に過ごせる新しいコンセプトのモデル。この4つのキーワードにクローズアップした、杉野遥亮が出演するコラボムービーを公開しているので是非チェックしてみて!

ビジネスマンのワードローブに、〈クロスクローゼット〉の1着を。「本物」が分かる男のシャツ
PR

ビジネスマンのワードローブに、〈クロスクローゼット〉の1着を。
「本物」が分かる男のシャツ

毎日着るシャツだから、ストレスのない着用感を味わいたいもの。今年デビューした〈クロスクローゼット〉は、そんな願望を叶えた1枚で、本物がわかるビジネスマンから人気急上昇中。迷わず、指名買いするのが正解だ。

〈SUPRA〉から2シリーズ同時リリース。「ストリート」を体現するモノトーンとレオパード。
PR

〈SUPRA〉から2シリーズ同時リリース。
「ストリート」を体現するモノトーンとレオパード。

スケーターやダンサーなどから厚い信頼を得ている〈スープラ〉。リアルシーンにて放つその存在感は、オリジナリティという唯一無二のスポットライトを浴びている。そして、今シーズンは、ハイエンドなデザインがそろうエステートラインより、2 つの顔つきを持った新モデルがデビュー。スタイリッシュにまとめるか、派手に攻めるか、いずれにせよ、これらの靴ならリアルなストリートを足元に宿せる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2018春夏
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.13
FINEBOYS ヘアREMIX2018
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.09
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.28
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ´17-´18秋冬

ページトップへ