• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2018.10.31

【鈴木勝大】透は僕の学生時代と重なる部分があるんです!

忘れかけていた“青春”の2文字を思い出させてくれる注目の映画が、ついに公開する。その名も『走れ!T校バスケット部』だ。今回はこの映画に出演する若き俳優3人に突撃。第1回目は、陸上部とバスケ部を兼任するチーム一の俊足・川久保透(かわくぼとおる)役を演じた鈴木勝大にインタビュー! 部活を兼任するという難しい役どころを演じた彼に、ファッションや映画について話を聞いた。


■“楽”なスタイルが一番好きです!

――今回の衣装はワイドなシルエットのものですが、普段はどんなファッションが好きですか?

「とにかく“楽”なスタイリングが好きです。夏はパックTばかり着ていました。いろんなブランドのものを買って試していましたね。ブランドによって生地感や厚さも違うので、自分に合うものを探していたんです。あと、本音をいうと靴下を履きたくないタイプで……(笑)。だから夏はなるべくサンダルで行動していました。とくに今年は、ラフにシャワーサンダルで出かけることが多かったな〜」

――“楽”がキーワードということですが、シルエットはどんなものが好みですか?

「服の動きまで楽しめるので、ワイドなシルエットが好きです。裾や袖が動く感じがいいですよね」

――愛用バッグがキーンのものでしたが(FINEBOYS11月号で私物のバッグを紹介)、アウトドア好きだったり?

「本格的ではないですけど、山に登ったりするのは好きです。だから、趣味はアウトドアになるのかな。登山靴も持ってますよ!」

 

 

■自分と重なることが多かった役をどう演じたのか

――劇中でのバスケットの腕前はお見事でした!

「本当ですか? バスケ経験者の人が僕たちのプレイを見てどう思うかっていうのが一番心配なところで……。未経験の段階からウィンターカップ(高校バスケ最高峰の大会)で戦えるまでにならないといけないっていうのが、難しいというか一番頑張ったところでした。  ……本当に上手く出来ていました…?(笑)」

――本当ですよ(笑)。すごく努力されたんだなと感じました。

「ならよかったです。でも、まだ不安なんですよね。このバスケに対しての不安は、映画が公開されても続くと思います(笑)」

――原作がある作品ですが、役作りで気をつけた点はありますか?

「僕が演じる透は原作ではメガネで丸坊主だったんです。だから、最初は完全にそっちでイメージしていた部分があるんですけど、いざ台本ができあがって読んでみると180度ちがう役柄になっていて。丸坊主でメガネで足が速いって外見のイメージがしやすいなと思っていたんですけど、実際そうではなくなっていたのは予想外でしたね。そこで役作りの考えを“感情”にシフトしようと思ったんです。兼部するってどんな感情なんだろうとか、このとき透はどう思うんだろうっていうのを大切にしました」

――「走れ!T校バスケット部」は青春映画ですが、鈴木さんの青春エピソードを教えてください!

「青春かあ〜。僕は学生時代、陸上部を辞めてからのバレー部に入部する、という透と似た過去があって。陸上をやっているときは長距離を専門にやっていたんですけど、練習で走る30キロ走が嫌で嫌で(笑)。部員仲間たちとどう練習をサボれるかをよく考えていました(笑)」

――そこからバレー部に?

「そうです。このまま陸上を続けてもなと思って、バレー部に入部したんですよ。そこからは楽しくやれました。でも、ルールを知らずに試合に出ることもあったり。部員も僕を合わせて6人の弱小校で、そういう部分もT校と重なるんですよね。初めて出た試合はもちろんボロ負けでした!(笑)」

――では最後に、映画の見どころを教えてください!

「20代の俳優が集まった現場なのにも関わらず、本当の高校生を撮影したようなリアルな作品になりました。自分も演じていてすごく楽しかったですし、監督がのびのびと演技をさせてくれる環境を作ってくれたので、とてもいい映画に仕上がったと自信を持っています。ぜひ劇場で観てほしいです!」

★発売中のFINEBOYS11月号「気になるコノ人のカバンと愛用グッズ!」では私物のバッグとその中身を公開中!

『走れ!T校バスケット部』
11月3日(土)から全国公開予定!

STORY

連戦連敗、向かうところ負けばかりの超弱小チーム「T校バスケット部」。
そんな通称T校と呼ばれる多田野高校に、バスケの強豪白瑞高校(通称H校)で1年生ながらエースとして活躍していたスタープレーヤー、田所陽一(志尊淳)が編入してくる。陽一は親友をイジメから救った事で自分自身が標的となり、H校を自主退学していた。
もう二度とバスケはしない――。そう心に誓い、勉強に専念する陽一だったが、新たな仲間たちとの出会い、脳裏に焼き付いて離れないリングに引き寄せられるボールの軌道が、陽一を再びコートへと駆り立てる。
情熱と葛藤、仲間と家族、あきらめきれない夢―。陽一を迎えた新生「T校バスケット部」が全国大会に向けて走り出す!

STAFF/CAST
原作:松崎洋「走れ!T校バスケット部」(幻冬舎文庫)
監督:古澤 健
脚本:徳尾浩司
配給:東映
出演:志尊 淳/佐野勇斗/早見あかり 戸塚純貴 佐藤寛太 鈴木勝大
西銘 駿 阿見201/竹内涼真(友情出演)/千葉雄大(友情出演)/
真飛 聖 YOU 竹中直人/椎名桔平

INFORMATION

プロフィール/1992年12月29日生まれ。神奈川県出身。ジュノン・スーパー・ボーイコンテストにて準グランプリを受賞。デビュー以降さまざまな話題作に出演する、実力派の若手俳優。11月3日(土)公開の映画『走れ!T高バスケット部』では陸上とバスケを選びきれずにいる仲間思いの川久保透役を演じる。

Twitter
https://twitter.com/kthr_official

文/笹谷淳介 撮影/田中利幸

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。モテたい男が実践するべきデート服!
PR

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。
モテたい男が実践するべきデート服!

クリスマス、カウントダウン、初詣。イベント盛りだくさんな年末年始はデートチャンスが多い。気になるあの子と急なデート!? なんてことも勝手に期待しちゃうってもの。そこで準備しておきたいのがデート服。(すでにデートが決まっているうらやましい男子も必見! ) 失敗しない好印象なコーディネートを紹介する。トレンド感が高く作りもいい、そんでもってリーズナブルなショップ、アベイルで買えば浮いた洋服予算をご飯代やプレゼント代に回せるし。彼女を喜ばせるために賢くいこう!

Everyday Enjoy Giftペアウオッチなら“いつまでも一緒にいたい”想いが伝わる!
PR

Everyday Enjoy Gift
ペアウオッチなら“いつまでも一緒にいたい”想いが伝わる!

特別な二人でいたいから。ペアウオッチは、そんな想いを形にできる便利なツール。“出会って3カ月目”などちょっとした記念日に贈るギフトとしてもちょうどいい。

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。
PR

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!
ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。

合わせるアウターを選ばない都会的でミニマルなデザイン。それでいて、スイスメイドという確かな信頼もある。僕らの「こんな時計が欲しい!」をいつも体現しているのが〈カルバン・クライン ウォッチ〉。今冬届いた新作は、控えめに、だけど強さが宿る黒だった―。

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル
PR

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!
定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル

僕らの着こなしは、やっぱり気負わないカジュアルが基本。だけど子供っぽく見られるのは避けたい――。そんなときにぴったりなのが、〈Gショック〉が今季押し出す2 色の「Gスチール」。装いの格を上げてくれる時計は、この冬の重要なピースになるに違いない。

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランスメタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!
PR

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランス
メタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!

1983年発売の“5600シリーズ”から硬質なステンレスベゼルが男心をくすぐるメタルフェイスモデルが登場。スタンダードな機能とソフトな着用感を実現するウレタンバンドはそのままに、タフなルックスを取り入れ反転液晶でファッション性も追求。進化に磨きをかけた新5600シリーズに注目だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬

ページトップへ