• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2018.11.02

【戸塚純貴】ユニークなアイテムを着て、相手の先入観を解きたいんです!

忘れかけていた“青春”の2文字を思い出させてくれる、注目の映画『走れ!T校バスケット部』。今回はこの作品に出演する若き俳優3人に突撃! 公開を明日に控え、ラストを飾るのは川崎裕太(かわさきゆうた)役の戸塚純貴だ。バスケオタクでチームのムードメーカーというポジションを演じた彼に、映画への思いや気になる普段のファッションについて聞いた。

■普段はジャージばかり着ています

――撮影現場でもムードメーカー的存在だった戸塚さん。私服はどんなスタイルですか?

「ジャージが好きで、いろいろな種類のジャージを着ています。あとはキャラものですかね。今日はピーポくんのTシャツを着てきました(笑)。ユニークなアイテムが好きなんです」

――ユニークという言葉は戸塚さんにぴったりな気がします!

「ユニークなものを着ることで、みんなからいじられたいというか……(笑)。着ることで先入観を解きたいんです。『この人、いける人なんだ』と思われたいんですよ!」

――ほかに好きなアイテムはありますか?

「自分ではあまり意識してないんですけど、みんなからは小物がかわいいっていわれます。落語が好きなので、扇子や手ぬぐいはつねにカバンの中に入っていますね!」

 

 

■自分の意見を尊重してくれる現場でした

――バスケを題材にした映画ですが、役作りなどで苦労されたことはありましたか?

「ほかの2人も話していると思うんですけど、とにかくバスケが不安でした。経験者の方がどう見るのかっていうのがすごく怖かったですね。経験もありませんでしたし。最後には全国大会(ウィンターカップ)に出場するチームにならないといけないので、前半は下手でいいんですけど、後半がね……。すごく不安であり苦労した点ではありました」

――演技の面ではいかがですか?

「監督が僕たちの意見に耳を傾けてくれる方だったので、自分で提案して演じることが多くて。”ガリ”という役柄はチームの内でどういう存在で、どういう立ち位置なのかを考えながら役を作っていきました。ムードメーカーというキャラクターでもあったので、そこを意識して演じた部分は大きいです」

――青春映画「走れ!T校バスケット部」にちなんで、戸塚さんの青春エピソードを教えてください!

「僕はバイクかな〜。学生時代はずっと乗っていました。仲間とバイクを改造することにハマっていたんですよ。チャンバーっていう音の出るマフラーがあるんですけど、その音を聞くと懐かしいなって思います。スピードも出ないのに音だけデカいマフラーなんですけどね(笑)。免許を取るためにみんなで学校をサボっていたことを思い出すと、今でも笑ってしまいます!」

――では最後に、映画の見どころを教えてください!

「鈴木(勝大)くんと佐藤(寛太)くんがいいことはいってくれていると思うので、右に同じという感じなんですが……(笑)。この映画はオフ台詞(画面の外にいる人物のセリフなど、画面外からの声のこと)も結構使われていて。出演者みんなが細かい芝居をして、チーム内や家族との関係性を描いているんです。そういったところにも注目していただけたらうれしいですし、よりこの作品を楽しんでいただけると思います!」


★発売中のFINEBOYS11月号「気になるコノ人のカバンと愛用グッズ!」では私物のバッグとその中身を公開中!

『走れ!T校バスケット部』
11月3日(土)から全国公開予定!

STORY
連戦連敗、向かうところ負けばかりの超弱小チーム「T校バスケット部」。
そんな通称T校と呼ばれる多田野高校に、バスケの強豪白瑞高校(通称H校)で1年生ながらエースとして活躍していたスタープレーヤー、田所陽一(志尊淳)が編入してくる。陽一は親友をイジメから救った事で自分自身が標的となり、H校を自主退学していた。
もう二度とバスケはしない――。そう心に誓い、勉強に専念する陽一だったが、新たな仲間たちとの出会い、脳裏に焼き付いて離れないリングに引き寄せられるボールの軌道が、陽一を再びコートへと駆り立てる。
情熱と葛藤、仲間と家族、あきらめきれない夢―。陽一を迎えた新生「T校バスケット部」が全国大会に向けて走り出す!

STAFF/CAST
原作:松崎洋「走れ!T校バスケット部」(幻冬舎文庫)
監督:古澤 健
脚本:徳尾浩司
配給:東映
出演:志尊 淳/佐野勇斗/早見あかり 戸塚純貴 佐藤寛太 鈴木勝大
西銘 駿 阿見201/竹内涼真(友情出演)/千葉雄大(友情出演)/
真飛 聖 YOU 竹中直人/椎名桔平

INFORMATION

プロフィール/1992年7月22日生まれ。岩手県出身。ジュノン・スーパー・ボーイコンテストにて「理想の恋人賞」を受賞し芸能界入り。明るい人柄を武器に個性的な役を演じるカメレオン俳優。11月3日公開の映画『走れ!T校バスケット部』ではバスケオタクでチームのムードメーカー的存在の川崎裕太(ガリ)役を演じている。

HP
http://www.box-corporation.com/junki_tozuka


文/笹谷淳介 撮影/田中利幸

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。
PR

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作
男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。

そろそろ秋に向けて着こなしをアップデートしたい——。ならまずは、毎日身につける腕時計から新鮮さを足してみない? 〈ディーゼル ウォッチ〉の新作「グリフド コレクション」は武骨なディテールはもちろん服に負けない存在感も魅力。男心くすぐるこの”新顔”は絶対見逃せない! さらに、今回はこの「グリフド コレクション」の4モデルを各1名様にプレゼント。秋冬ファッションを彩る1本をぜひゲットして!

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02ロゴバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02
ロゴバッグ

シンプルなアイテムを着ていると、その反動なのかちょっと主張できるものが欲しくなるもの。それはバッグも同じ。とはいえ、主張しすぎるデザインは毎日のコーディネートに合わせるのはちょっと難しい。そんなバッグ選びの悩みに終止符を打てるのが、この〈ディーゼル〉のロゴバッグ。過度に見えないシンプルな書体、だけど地味にならない絶妙なバランス感が最高! 見逃すのはもったいない!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29

ページトップへ