• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.04.11

イケてるヘアを作る美容師ってどんな人? vol.13美容師名鑑<apishRita(アピッシュリタ)・佐藤拓弥さん>

ヘアスタイル連載「人気美容師に聞く!モテ髪理論」と連動して、勢いのある美容師にインタビューする「イケてるヘアを作る人ってどんな人?美容師名鑑」。第13回目は、原宿の有名店・apishRita(アピッシュリタ)から佐藤拓弥さんが登場。サロンワークでは、FINEBOYS読者世代のメンズヘアを手がけることが多いそう。気になる素顔に迫っていきます!

■apishRita(アピッシュリタ)・佐藤拓弥さん


■このヘアを作った人!

人気美容師に聞く!モテ理論」では、スパイラルパーマで躍動感のあるヘアを提案。ランダムな毛先でシャレ感をしっかりアピールしつつ、襟足は短めに設定しさわやかなムードを引き出した。

■人気美容師・佐藤拓弥さんにインタビュー
自分に偽ることなく
高みを目指すこと


―――全国で9店舗を構える大型サロン、アピッシュ。佐藤さんはその原宿店アピッシュリタで働いている。

「子供の頃から、ヘアスタイルやファッションに興味を持っていました。中学時代は遊びで友だちの髪を切ったりもしていましたね。出身は宮崎の田舎なのですが、ある日、理想の髪型の見本を持って美容院に行ったんです。でも、出来上がりが思ったようにならなくて。そのときに、自分でやったほうがうまいんじゃないか?と思ったんですよね。それが美容師という職業を意識したきっかけです。あと現実的な話、美容師免許を持っていたほうが将来的にも安心だなと。それで美容師を目指しました」

―――専門学校を卒業後、アピッシュに入社。歴は8年になり、日々のサロンワークのみならず雑誌やヘアカタログでも活躍。順風満帆な美容師生活に見えるが、挫折したことはあるのだろうか?

「働くなら東京だなと思って、高校卒業後に上京して専門学校に入学しました。専門学生のときは、それなりに成績優秀だったんです。学内のコンテストで優勝することもありました。アピッシュに入社するタイミングも、同級生に比べて少し早いくらいで。でもいざ入社してみると、同期も自分と同じレベルかそれ以上の人間ばかりだったんです。それまで”自分はもうそれなりにできるからな〜”と思っていたのですが、やっぱり甘くないなと(笑)。入ってからの1年、2年はハードでした」

―――今ではメンズカット、とくにメンズパーマを手がける割合はサロン内でもトップ。どのように今のポジションを掴み取ったのだろう?

「僕は入社したときからこの見た目なんですけど、第一印象がとっつきやすい感じではないんですよね(笑)。僕にとっての美容師って、さわやかなイケメンで女性のお客様にも人気っていうイメージ。だけど僕はそういうタイプになれないなと思って。スタイリストに昇格するタイミングで、どうやったら自分を生かせるかなと一度考えたんです。みんなと同じことしていても、ただの美容師で終わってしまうなという問題意識を持っていました」

―――スタイリストとしてのアイデンティティを確立できたのは、自分の個性の生かし方を身につけられたからだという。

「自分は女性よりも男性ウケするタイプだったので、自分を無理して世間の美容師像に近づけるよりも、自分にフィットする環境を整えていこうと思ったんです。それでメンズカットに力を入れるようになりました。この考えに至るまでにいろいろと試行錯誤もしたんですけど、日々たくさんのお客さまと接するなかで作り込んだ自分を見せていたら、100%の実力が発揮できないなと。お客さま全員と友だちみたいに接することができたら、お互いが楽しい時間を過ごせると思ったんです」
 

ファッションはストリートなテイストがベースです。ブランドはシュプリームやダブルタップス、アンユーズドが好きです。

最近は、iPadで絵を書くことにハマっています。これはアピッシュリタのキャラクター「リ太郎」。ラインスタンプに申請中です!

 
―――日々、FINEBOYS読者世代のカットを手がけるなかで、喜びを感じる瞬間とはどんなときなのだろう?

「めちゃくちゃいっぱいあるんですけど、なかでも最近、感慨深いことがありました。高校生のときから髪を切っているお客さんがいるのですが、その子が美容学生を目指すと報告してくれて。そこで僕はたくさんの美容室を見て、入社先を選びなさいとアドバイスをしたんですけど、ついこの間、サロンにやってきて”ここを受けたいと思います”と言ってくれて。たくさん美容室を検討したなかで、うちを志してくれたことがすごくうれしかったですね」

―――長年、アピッシュリタに在籍する佐藤さんが思う、このサロンの魅力とは?

「オールマイティな技術力がそろっているところ。いろいろな得意ジャンルを持った美容師が在籍しているので、お客さま一人ひとりの要望にスムーズに答えられます。僕はここにきて8年目になりますが、人間性もずっと変わらずアットホーム。ちょっとしたことでも、気軽に足を運べるようなサロンであることを心がけています。僕自身はパーマが得意。ただクルクルさせるだけじゃなくて、今回のモテ髪理論でも実践したのですが、束感のあるスパイラルパーマが得意です」

―――最後に、佐藤さんの思う”モテ”に必要なことを聞いてみた。

「なんでしょう……僕が知りたいくらいなんですけど……(笑)。気を遣いすぎていない”ヌケ感”を出すことですかね。狙いすぎてギラギラしている人より、自由に振舞っているほうがモテるんじゃないかなと思います!」



ーーーーーーーー
■佐藤拓弥さんが考案したモテ髪はコチラ

INFORMATION

apishRita(アピッシュリタ)
東京都渋谷区神宮前5-18-10 EXA-SPACE 2E
営:11:00~20:00(火・木)、11:00〜21:00(水)、12:00〜21:00(金)、10:00〜20:00(土)、10:00〜19:00(日・祝)
休:月曜

TEL:03-5464-9300
URL:www.apish.co.jp

「人気美容師に聞く!モテ髪理論」過去回はこちら!

撮影/榎本洋輔 モデル/山谷綱基

専属モデル、杉野遥亮とニュースなディーゼルロゴバッグ
PR

専属モデル、杉野遥亮とニュースなディーゼル
ロゴバッグ

専属モデルの杉野遥亮がディーゼルのアイコニックなアイテムを着こなす、この連載。今回登場するのはバッグ。〈ディーゼル〉ならブランドロゴを大胆に使用したシリーズがかなりオススメだ。リュック、ウエストポーチなどさまざまなバリエーションがそろってる!

汗対策にはアベイルの好印象Tシャツが効く!美意識高い男子が実践すべきさわやかコーデ!
PR

汗対策にはアベイルの好印象Tシャツが効く!
美意識高い男子が実践すべきさわやかコーデ!

電車のホームを小走りすると汗ばむ陽気。暑い日が訪れるようになりTシャツの出番は夏を待っていられない。Tシャツといえばデザインはもちろんだけど、清潔感が大事なボクらにとっては、汗染みも気になったりするもの。そこで、そんなボクらにうってつけのTシャツをアベイルで見つけた。デザイン、機能、プライス、3拍子そろったコスパの高い美意識高めのアイテムで、汗ばむ春夏を涼しげなコーデで回避しよう!

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2018春夏
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.13

ページトップへ