• twitter
  • instagram
SEARCH

SHOES- シューズ -

2019.09.13 PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

COURT SLAM
コートスラム

チャンキーソールを採用した
キレイめダッドシューズ
過去のコレクションで存在感を放った“テニス’91”にヒントを得て、’90年代スピリットになぞらえたリバイバルモデル。レザーアッパーにはスエードパーツも施されている。その他、ホワイト/グリーン、ホワイト/ブルーもあり。ラコステのシューズ1万6000円(ラコステお客様センター)

着ればわかる上質なダウンジャケット。胸元のワニロゴも同色で彩られたノーブルな1着は、コヨーテカラーでハズしつつ、パンツもリラックス感のあるリブパンツでゆるさを出した。ストリートなキャラのダッドシューズもぴったりだ。この靴なら秋冬らしいダークカラーの着こなしも軽快にまとまる。ラコステのシューズ1万6000円、ジャケット6万8000円、ニット2万4000円、ラコステ ライブのパンツ1万7000円(すべてラコステお客様センター)


COURTLINE
コートライン

人気モデル、L.12.12の
ソールを採用した安定感のあるモデル
ブランドのフラッグシップモデルとも言えるL.12.12のソールを採用したレトロモダンな1足。カラーテープとエンボス加工されたロゴがサイドに入りアクセントになる。その他、ブラック/グリーン、ホワイト/ブラックもあり。ラコステのシューズ1万8000円(ラコステお客様センター)

一見派手なバラ柄もニットに落とし込んだことでマイルドさをキープ。エッジを効かせたい大人におすすめの1枚。そこに合わせたシンプルな足元。サイドテープでトップスの色を拾い小洒落た休日スタイルに。ラコステのシューズ1万8000円、シャツ1万6000円、パンツ1万3000円、ラコステ ライブのニット2万8000円(すべてラコステお客様センター)、マーションジャパンのサングラス1万5500円(マーションジャパン カスタマーセンター)


PARTNER RETRO
パートナーレトロ

シックなレトロランタイプで
渋さを足元にのせる
‘70年代のランニングシューズをベースにしたこのモデル。Dカンを採用し、ナイロンとスエードからなるコンビアッパーがシックな印象をあたえる。シュータンの特別仕様のロゴも愛らしい。その他、ネイビー、グリーンもあり。ラコステのシューズ1万3000円(ラコステお客様センター)

長袖のポロシャツがかわいい。ロンTと違い衿が付くので大人の雰囲気。少し派手なインナーを裾からチラ見せすれば、さりげなくストリート感を強調できる。シックなレトロランのシューズはそんなストリート感を子供っぽくならずまとめてくれる。ラコステのシューズ1万3000円、ポロシャツ1万4000円、パンツ1万6000円、キャップ5900円、バッグ1万9000円、中に着たラコステ ライブのTシャツ7000円(すべてラコステお客様センター)


MASTERS CUP
マスターズカップ

トラッドな雰囲気を
白シューズで表現する
’80年代後半に見かけたトゥボックスとバンプを再現したクラシックなアッパー。ヒールにはネイビーとエンジの切り替えが施されており、くすんだトリコロールを表現している。その他、ホワイト、ネイビー、ブラックもあり。ラコステのシューズ1万3500円(ラコステお客様センター)

“LACOSTE”と入った総柄ロゴのダウンジャケット。リバーシブル仕様で裏返せば黒のダウンに早変わりする。インナーには型押しされたワニロゴのスウェットを着て、アクティブな上半身を作った。この落ち着いたコートシューズはそんな着こなしも引き締めてくれる。ラコステのシューズ1万3500円、スウェット1万7000円、スラックス2万4000円、ラコステ ライブのダウンジャケット4万3000円(すべてラコステお客様センター)

INFORMATION

●ラコステお客様センター
TEL:0120-37-0202
URL:www.lacoste.jp

撮影/鈴木克典 スタイリング/佐藤喜一 ヘア&メイク/小林雄美 モデル/ヒカルド

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。モテたい男が実践するべきデート服!
PR

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。
モテたい男が実践するべきデート服!

クリスマス、カウントダウン、初詣。イベント盛りだくさんな年末年始はデートチャンスが多い。気になるあの子と急なデート!? なんてことも勝手に期待しちゃうってもの。そこで準備しておきたいのがデート服。(すでにデートが決まっているうらやましい男子も必見! ) 失敗しない好印象なコーディネートを紹介する。トレンド感が高く作りもいい、そんでもってリーズナブルなショップ、アベイルで買えば浮いた洋服予算をご飯代やプレゼント代に回せるし。彼女を喜ばせるために賢くいこう!

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチのもうひとつの選択肢高見えの“リーズナブルシリーズ”
PR

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチのもうひとつの選択肢
高見えの“リーズナブルシリーズ”

すべて1万円以下と驚くほどにリーズナブルなのに、“高見え”なグッドデザイン。〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチには、そんな優等生なシリーズも展開されている。

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。
PR

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!
ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。

合わせるアウターを選ばない都会的でミニマルなデザイン。それでいて、スイスメイドという確かな信頼もある。僕らの「こんな時計が欲しい!」をいつも体現しているのが〈カルバン・クライン ウォッチ〉。今冬届いた新作は、控えめに、だけど強さが宿る黒だった―。

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル
PR

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!
定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル

僕らの着こなしは、やっぱり気負わないカジュアルが基本。だけど子供っぽく見られるのは避けたい――。そんなときにぴったりなのが、〈Gショック〉が今季押し出す2 色の「Gスチール」。装いの格を上げてくれる時計は、この冬の重要なピースになるに違いない。

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランスメタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!
PR

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランス
メタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!

1983年発売の“5600シリーズ”から硬質なステンレスベゼルが男心をくすぐるメタルフェイスモデルが登場。スタンダードな機能とソフトな着用感を実現するウレタンバンドはそのままに、タフなルックスを取り入れ反転液晶でファッション性も追求。進化に磨きをかけた新5600シリーズに注目だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬

ページトップへ