• twitter
  • instagram
SEARCH

SHOES- シューズ -

2019.09.13 PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

COURT SLAM
コートスラム

チャンキーソールを採用した
キレイめダッドシューズ
過去のコレクションで存在感を放った“テニス’91”にヒントを得て、’90年代スピリットになぞらえたリバイバルモデル。レザーアッパーにはスエードパーツも施されている。その他、ホワイト/グリーン、ホワイト/ブルーもあり。ラコステのシューズ1万6000円(ラコステお客様センター)

着ればわかる上質なダウンジャケット。胸元のワニロゴも同色で彩られたノーブルな1着は、コヨーテカラーでハズしつつ、パンツもリラックス感のあるリブパンツでゆるさを出した。ストリートなキャラのダッドシューズもぴったりだ。この靴なら秋冬らしいダークカラーの着こなしも軽快にまとまる。ラコステのシューズ1万6000円、ジャケット6万8000円、ニット2万4000円、ラコステ ライブのパンツ1万7000円(すべてラコステお客様センター)


COURTLINE
コートライン

人気モデル、L.12.12の
ソールを採用した安定感のあるモデル
ブランドのフラッグシップモデルとも言えるL.12.12のソールを採用したレトロモダンな1足。カラーテープとエンボス加工されたロゴがサイドに入りアクセントになる。その他、ブラック/グリーン、ホワイト/ブラックもあり。ラコステのシューズ1万8000円(ラコステお客様センター)

一見派手なバラ柄もニットに落とし込んだことでマイルドさをキープ。エッジを効かせたい大人におすすめの1枚。そこに合わせたシンプルな足元。サイドテープでトップスの色を拾い小洒落た休日スタイルに。ラコステのシューズ1万8000円、シャツ1万6000円、パンツ1万3000円、ラコステ ライブのニット2万8000円(すべてラコステお客様センター)、マーションジャパンのサングラス1万5500円(マーションジャパン カスタマーセンター)


PARTNER RETRO
パートナーレトロ

シックなレトロランタイプで
渋さを足元にのせる
‘70年代のランニングシューズをベースにしたこのモデル。Dカンを採用し、ナイロンとスエードからなるコンビアッパーがシックな印象をあたえる。シュータンの特別仕様のロゴも愛らしい。その他、ネイビー、グリーンもあり。ラコステのシューズ1万3000円(ラコステお客様センター)

長袖のポロシャツがかわいい。ロンTと違い衿が付くので大人の雰囲気。少し派手なインナーを裾からチラ見せすれば、さりげなくストリート感を強調できる。シックなレトロランのシューズはそんなストリート感を子供っぽくならずまとめてくれる。ラコステのシューズ1万3000円、ポロシャツ1万4000円、パンツ1万6000円、キャップ5900円、バッグ1万9000円、中に着たラコステ ライブのTシャツ7000円(すべてラコステお客様センター)


MASTERS CUP
マスターズカップ

トラッドな雰囲気を
白シューズで表現する
’80年代後半に見かけたトゥボックスとバンプを再現したクラシックなアッパー。ヒールにはネイビーとエンジの切り替えが施されており、くすんだトリコロールを表現している。その他、ホワイト、ネイビー、ブラックもあり。ラコステのシューズ1万3500円(ラコステお客様センター)

“LACOSTE”と入った総柄ロゴのダウンジャケット。リバーシブル仕様で裏返せば黒のダウンに早変わりする。インナーには型押しされたワニロゴのスウェットを着て、アクティブな上半身を作った。この落ち着いたコートシューズはそんな着こなしも引き締めてくれる。ラコステのシューズ1万3500円、スウェット1万7000円、スラックス2万4000円、ラコステ ライブのダウンジャケット4万3000円(すべてラコステお客様センター)

INFORMATION

●ラコステお客様センター
TEL:0120-37-0202
URL:www.lacoste.jp

撮影/鈴木克典 スタイリング/佐藤喜一 ヘア&メイク/小林雄美 モデル/ヒカルド

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03デニムバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03
デニムバッグ

オシャレと実用性の両方が求められるバッグって、選ぶのがなかなか難しい。ましてや、どんなコーディネートにも合う、まわりの人とかぶらないって話になると難易度がさらに上がってくるはず。そんなバッグ探しに終止符を打ってくれるのが〈ディーゼル〉のデニムバッグシリーズ。シンプルな見た目は着こなしに溶け込むし、ブランドを象徴するタフなデニム使いで、個性も、実用性もバッチリだ!

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選
PR

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選

あのカンゴールの最新秋服を、ZOZOTOWNなどで人気を博すECブランドMONO-MART(モノマート)が別注! キミのワードローブに取り入れるだけでオシャレに格上げされる10のトレンド服をピックアップした。挑戦しやすいシンプルなデザインとリーズナブルな価格帯にも注目してほしい。

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!
PR

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!
秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!

厳しい残暑の中でも、ファッション高感度な人ほど秋支度は急ピッチに進んでいる。トレンドにいち早く反応するショップ、アベイルならコスパよく揃えられる。ってことで、今回はイチオシの秋コーデをピックアップ! 移り行く季節に、何を買っていいか分からない人は特に必見だよ!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ