• twitter
  • instagram
SEARCH

SHOES- シューズ -

2020.12.30

コンバース、オールスターにあのカモフラ柄が登場! 大人気のマニア垂涎モデルは超必見!

コンバース(CONVERSE)の永久定番、オールスター(ALL STAR)。汎用性の高いシンプルなデザインは、言わずもがな多くの人から愛されている。そんな中で異彩を放つ総柄モデルが登場した。靴好きはもちろん、ファッションに敏感な人たちに大人気のアイコニックな柄。売り切れ必須だからお店へ急ごう!

 

オールスターの超人気カモフラ柄がU.S. オリジネーター仕様で登場!

オールスターのカモフラ柄といえば、過去にも何度か登場し、その度に話題となっている。キャッチーな迷彩柄だから履きこなしやすく、上品コーデにもストリートコーデにもハマる。存在感があるのに汎用性は変わらない。さすがは永久定番のオールスターと改めて納得する秀作だ。しかも、今回はこだわりのU.S. オリジネーター(U.S. ORIGINATOR)仕様。U.S.オリジネーターとは、コンバースの原点とも言える古き良きアメリカンビンテージテイストを追求したコレクションのことで、 ラバーソールの艶出し加工や、コットンシューレースの採用など、デッドストックさながらの風合いが楽しめる。人気のカモフラ柄オールスターを普段と違うスペックで仕上げた今回。しかも2つのカモフラ柄が展開される。ぜひチェックしてみて!

 

1.ALL STAR US CAMO HI(ウッドランドカモ)

その昔、アメリカで考案されたウッドランドパターン。アメリカ全軍に採用された歴史もあり、マニアでなくとも迷彩といえばこの柄を思い浮かべる人は多い。そんなミリタリーの代名詞ともいえるウッドランドカモをまとったオールスター。大きなサイズ感のウッドランドカモのキャンバスアッパーは、クラシックな雰囲気に仕上げるため、洗い加工を施している。U.S. オリジネーターらしいディテールも要チェックだ! コンバースのシューズ7500円(コンバースインフォメーションセンター)


 

 

 

2.ALL STAR US CAMO HI(サンドカモ)

チョコチップカモと呼ばれることも多いこの迷彩。砂漠での着用を想定したベージュベースのパターンは、ウッドランドカモに対して、少し玄人向けな柄でもある。ベージュアイテムが人気の今季だから、このサンドカモのオールスターで上級者感を演出するのもおもしろい。こちらもウッドランドカモ同様、洗いをかけたアッパーでクラシカルな雰囲気が漂う。ノッチ付きのアンクルパッチやU.S.ORIGINATORのロゴが入ったヒールラベルなども注目。コンバースのシューズ7500円(コンバースインフォメーションセンター)


 

 



 '90年代に発売されたウッドランドカモとサンドカモのアーカイブをアップデートした今回。発売すればいつも大人気のオールスターだから、迷わず買ってしまうのも賢い! キャラの違う2モデルだから、まとめ買いもありだ。

INFORMATION

コンバースインフォメーションセンター
TEL:0120-819-217
URL:converse.co.jp

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しいコーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間
PR

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しい
コーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間

今日もお気に入りの〈ニトリ〉のボトルにコーヒーを入れ、リュックに詰めて出発── 自転車に乗って家から少し離れた公園へ。ここでコーヒーを飲みながら課題をするのが最近のルーティン。まさに僕だけの特別な時間だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ