• twitter
  • instagram
SEARCH

SHOES- シューズ -

2022.09.30

カッコいい大人に似合うティンバーランドの短靴

ティンバーランドの代表格”スリーアイ クラシック”。永遠の定番であるこのモデルが今季、服好きたちの間でじわじわと再注目されている。そこで、革靴人気のある今、スリーアイ クラシックを中心にティンバーランドの短靴を5つレコメンド!今年らしいアメカジテイストの着こなしとも相性抜群。早速見ていこう!

今おしゃれな人の足元は
ティンバーランドのデッキシューズ

モカシンシューズが話題となり、今ホットなブランドの一つに仲間入りしたのがティンバーランド。そしてティンバーランドの「スリーアイクラシック」がとにかく好調だ。ツヤのあるレザー素材が上品で大人っぽい印象。風合い豊かなアッパーは、履き込むほど足になじんでくれる!サイドにあしらわれたティンバーランドのブランドロゴにも注目!

ティンバーランドの「スリーアイクラシック」は80年代後半~90年代の「渋カジブーム」において、紺のブレザーにデニムの着こなしの足元を飾るマストアイテムとして認知されていた。クラシック回帰の影響もあり、時を経て今シーズン再ブレイクしている!

【特徴まとめ】
①耐久性に優れ、オイルド加工された上質なレザーアッパー
②耐久性の高い、ナイロン糸によるクロスステッチの手縫い製法
③足回りやかかと部分に360°レーシング・システムを施し、フィット感アップ

1/スリーアイクラシックラグ ワインレッド

アジのあるワインレッドのレザーアッパー。厚めのアウトソールはクッショニングと安定感をサポート。カジュアルからキレイめまで幅広いコーディネートに活躍する

シューズ1万9800円(VFジャパン)

2/スリーアイクラシックラグ ブラウン

落ち着いたブラウン。履くほどに経年変化が楽しめる。

シューズ1万9800円(VFジャパン)

3/グリーンストライド ティンバーランド オリジナルズ ウルトラ モック トゥ ボートシューズ

「スリーアイクラシックラグ」のアッパーに組み合わされたコンフォートソール“グリーンストライド”。サトウキビや天然ゴムなど、再生可能なバイオベース素材を75%使用し、軽量で快適な履き心地を実現する。

シューズ2万900円(VFジャパン)

4/クラシック ボート オーセンティックス ツーアイ

3ホールではなく、2ホールver。

シューズ1万5400円(VFジャパン)

5/CLOT(クロット)×ディンバーランド_スリーアイクラシック

2003年に香港で誕生したファッションレーベルのCLOT(クロット)とタッグを組み、両ブランドのヘリテージを融合させたコラボコレクション。

シューズ2万2200円(VFジャパン)

トレンドなこともあり、「そろそろモカシンが欲しい」という人も多いのでは? ここで紹介したティンバーランドのシューズは、即戦力アイテムとなってくれることは確実で、秋コーデの質も高めてくれるに違いない。汎用性も高いから、どんなコーディネートにも合わせやすい!1足持っておいて損はない。

INFORMATION

●VFジャパン
TEL:0120-953-844

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ