• twitter
  • instagram
SEARCH

WATCHES- 時計 -

2021.06.12

Gショック6月の新作がおしゃれすぎると話題沸騰!

夏の手元を飾るのは、アクセサリーだけとは限らない。ストリートやスポーツなどカジュアルスタイルが好きな人にとってはGショック(G-SHOCK)は絶対的にハズせないだろう。タフネスというだけではない、ファッション性のあるデザインも人気で、つねに新作は注目の的だ。そして今回紹介する、発売ほやほやの‶YOSHIROTTENデザイン"もオシャレ好きな人たちのなかではすでに話題だ。

発売ほやほやのG-SHOCK(Gショック)に注目!


発売されたばかりのモデルは、人気グラフィックデザイナーYOSHIROTTEN(ヨシロットン)デザインによるもの。テーマは"MUSIC NIGHT TOKYO"。G-SHOCK(Gショック)のなかでも定番人気の[DW-5600]と[AW-500]がベースに、東京の夜の音楽シーンを表現。さらにどちらも1万円台とあって、夏に活躍してくれそうだ!

YOSHIROTTENとは?

グラフィック、映像、立体、インスタレーション、音楽などジャンルを超えた表現方法で注目を集める。国内外問わずに著名ミュージシャンのアートワーク制作や広告ビジュアル制作、店舗空間デザインなどを行い、多岐にわたって活躍。さらに、ロンドン、ベルリンでも個展を開催するなど話題のグラフィックアーティストだ。

MUSIC NIGHT TOKYO シリーズ

薄暗い雑居ビルへ入り込むと、オレンジやグリーンのレーザーが飛び交う中で流れる音楽、そこに集まる人々——。そんな東京の夜の音楽シーンをイメージしてデザイン。G-SHOCK(Gショック)のタフネスなモデルとストリート感のあるデザインがリンクする。

NEXT

2/3PAGE

新作を紹介

G-SHOCK(Gショック)でも人気のモデルがベースに! 

YOSHIROTTENデザインで採用されたのは、元祖スクエアモデルの[DW-5600]とGショック初のアナログ&デジタルコンビ[AW-500]の2つ。それぞれ、ダークグレーとライトグレーの2パターンをラインナップ。この2モデルは価格帯も税込みで2万円以下と手頃なのもうれしい。

G-SHOCK[DW-5600]シリーズ

初代Gショックのフォルムを受け継ぐ「DW-5600」。レトロフューチャーな雰囲気を感じさせる角型ボディで、数多くのコラボレーションで実績があるため、G-SHOCK(Gショック)コレクターにはすでにおなじみのモデル。税込みで1万3750円という価格帯も人気だ。

■[DW-5600MNT-1JR]1万3750円


このダークグレーのフェイスにはグリーン文字を配置し、液晶にオレンジのレーザー。ライトを点灯しなくても常時レーザー柄が浮かび上がる珍しいデザインに。ケースサイズ48.9×42.8㎜、20気圧防水、クォーツ、樹脂ケース&バンド

■[DW-5600MNT-8JR]1万3750円

ライトグレーにはオレンジの文字と、液晶にグリーンのレザーをデザイン。白でも黒でもない、ニュアンスカラーが感度高めなカラーリング。ケースサイズ48.9×42.8㎜、20気圧防水、クォーツ、樹脂ケース&バンド

NEXT

3/3PAGE

 

G-SHOCK[AW-500]シリーズ

1989年に誕生したG-SHOCK(Gショック)のアナログ&デジタルコンビ時計「AW-500」。こちらも[DW-5600]同様にコラボレーションモデルとしてG-SHOCK(Gショック)マニアに人気。さらに、はじめてアナデジを買うという人にもおすすめのモデル。

■[AW-500MNT-1AJR]1万5950円


ダークグレーは文字盤全体にオレンジカラーでレーザーの光を無数の点で表現。フェイス全体で東京の夜の音楽シーンをイメージする。ポップなカラーがボディに映える。ケースサイズ55.2×47.7㎜、ソーラー、20気圧防水、樹脂ケース&バンド

■[AW-500MNT-8AJR]1万5950円


ライトグレーはグリーンでレーザーの光を表現。グレーの文字盤に極太の針がワンポイントになっている。今シーズンらしいオシャレなグレーの色合い。ケースサイズ55.2×47.7㎜、ソーラー、20気圧防水、樹脂ケース&バンド

パッケージも特別仕様!


腕時計に合わせて、パッケージも特別仕様。文字に蓄光をあしらい、暗い場所でもご覧のとおり光るデザイン。手頃な価格帯だから、ギフトでも喜ばれそうだ。

Tシャツが主役になるスタイリングでは、腕時計でおしゃれが決まることも。発売されたばかりのG-SHOCK(Gショック)の最新モデルでファッション性を上げていこう!

【関連記事】
メンズウォッチ界の名作G-SHOCKの絶対知っておくべき歴史

INFORMATION

問い合わせ
カシオ計算機☎03-5334-4869 
gshock.casio.com/jp/

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ