• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2022.07.17

【接触冷感Tシャツ】せっかく買うなら涼しくておしゃれな1枚を!

猛暑日の着こなしではTシャツが主役。でもただおしゃれなだけでいいのか――? 今はいろんなブランドから【接触冷感】機能のTシャツが多く展開されている。白や黒だけでなく、カラーものも充実。せっかく買うなら夏を快適に過ごせる1枚がいい! この夏おすすめのアイテムを紹介しよう。

そもそも【接触冷感】ってなに?


【接触冷感】素材とはその名前のとおり、触るとヒンヤリと感じる生地のこと。暑さ対策や熱中症対策にも使えることから、近年とくに増えている素材。その仕組みはというと、熱伝導率・熱拡散率が高いことによって、肌の熱が生地に瞬時に移ることで冷たさを感じる、というもの。節電への意識の高まりもあって、【接触冷感】グッズはファッションにおいても需要が高まる一方だ。

NEXT

2/2PAGE

 

この夏おすすめの【接触冷感】Tシャツを紹介!

STORATECH/超高機能素材/USAコットン/抗菌/防臭/制菌/UVカット/接触冷感/吸水速乾
出典:ZOZOTOWN
昨年大ヒットしたアイテムが新色を加えて今年も登場! ボディには超高機能素材【STORATECH/ストラテック】を使用したビッグシルエットTシャツ。抗菌、防臭、UVカット、接触冷感などの夏場にうれしい機能を搭載している。コットン生地だから、表面は化繊特有の艶感はなし。気温、湿度ともに高く不快な季節を快適に過ごせる1着に。


接触冷感/吸水速乾/UVカット/遮熱機能/ピリング(毛羽立ち)防止

出典:ZOZOTOWN
着るだけでヒンヤリするICE SUMMERシリーズの半袖バージョン。程よくゆったりとしたシルエットはストレスフリーな着心地で、秋を意識した落ち着いた色展開。胸元にはナイロン切り替えのポケットを配置し、実用性とデザイン性もアップ。


ICE COOLING/アイスクーリング/接触冷感
出典:ZOZOTOWN
素材裏にナイロンプレーティング素材を使用しており、肌に当たる面がひんやりと冷たさを感じる。さらに加えて背裏にキシリトール加工を施しており、汗をかいたときや濡れた時にひんやりと感じる仕様に。スポーツウェア等にも用いられている加工で、快適な着用感。


接触冷感
出典:ZOZOTOWN
生地には落ち感のあるダンボール素材を採用し、着用時にキレイなシルエットを楽しめる。とろみのある生地感でクリーンな印象で着こなせるのがポイント。また伸縮性にも優れているのでストレスのない着心地。暑い季節にぴったりな、肌に触れるとひんやりとした着心地を楽しめる接触冷感素材を使用したカットソー。


接触冷感
出典:ZOZOTOWN
通気性がよく涼しい着心地の半袖サマーニット。パンツを選ばず着まわしやすいカジュアルデザインで、ざっくりとした編み地がリラックス感を醸し出す。シンプルながらもこなれ感があるため、1枚着でもサマになるアイテム。ゆったりとしたドロップショルダーと幅広いワイドな袖口が特徴的。両サイドに切り込まれたスリットもさり気なく目を引くポイント。体のラインが出にくいのもうれしい。


UVカット/接触冷感
出典:ZOZOTOWN
パイル素材の一番の魅力は、タオルのような肌触り。暑いに汗をかいてもTシャツがベタベタせず、ナイスな着心地を提供。ソフトな肌ざわりだけじゃなく、接触冷感で着心地もクール! 着用した時の着心地は、コットンのTシャツとは違い接触冷感でヒヤッとクールダウンさせてくれます。UVブロックしてくれる素材のため、夏の強い紫外線からも肌を守ってくれる。


接触冷感
出典:ZOZOTOWN
暑い夏には外せない機能である接触冷感機能が備わっている。素材はふっくらとボリューム感がありつつも非常に柔らかく、着心地は抜群。ウレタン入りでストレッチ性、防シワ効果もあり、取り扱いが非常に楽。ベーシックなTシャツに施された配色ステッチがコーディネートのアクセントに。


接触冷感
出典:ZOZOTOWN
接触冷感機能を備えた暑いシーズンに欠かせないTシャツ。適度なリラックス感のあるサイジングに、ほのかな光沢感のあるキレイめで肌離れの良い伸縮性のある生地を採用しており、普段使いはもちろん夏場のビジネスカジュアルシーンにもマッチするアイテム。


接触冷感
出典:ZOZOTOWN
暑い夏に ”涼” を感じる「接触冷感」ワイドシルエットTシャツ。触るとひんやり感じる接触冷感で、なめらかで品のあるこだわりのきれいめコットン100%を使用。着丈を調整したオーバーサイズとくすみカラーはトレンド感抜群。リピーター続出のJOURNAL STANDARD 夏の定番アイテム!


接触冷感
出典:ZOZOTOWN
表面感のあるサカリバ素材のTシャツとインナータンクトップのセット。2枚セットで手頃な価格がうれしい。単品使い可能の汎用性の高い夏服アイテムで、長い期間着用できるようにインナーはタンクトップにし、レイヤードできるようにデザインに。ボートネックデザインが顔周りをスッキリと見せてくれる。首元と裾から少し見えるレイヤード感がこだわりポイント。


冷感接触素材
出典:ZOZOTOWN
「シルエット」にとことんこだわったアイテム。キレイに見えるように、ドロップショルダーのパターンや袖のラインを計画的にデザイン。素材は冷感接触で一度着るとヤミツキになる。


接触冷感/吸水速乾
出典:ZOZOTOWN
トレンドのワイドシルエットドロップショルダーデザイン。通常のコットンより価値のある、本場のUSAコットンを使用した天竺素材。綿そのものが持つ優しい自然の着心地、着用し洗うほど段々変化していくUSAコットンならではの風合いと素材感が楽しめる。さらに2つのポイントがあり肌にふれるとひんやり感じる接触冷感素材を使用し汗ばむ季節でも快適な着心地! 汗や湿度などの水分を素早く吸収し速乾効果がある吸水速乾素材を採用。


接触冷感

出典:ZOZOTOWN
KANGOL×a.v.vのオリジナルデザインコラボカットソー。裾がラウンドしたデザインで着丈はロングシルエットとトレンド性のある1枚。フロントに筆記体のロゴフロッキープリント、バックにスクエアのオリジナルデザインをプリントしたインパクトのあるデザインで夏服にオススメ。目面のきれいなコットン100%のオリジナル素材にフロッキープリント、顔料プリントを施したTシャツ。程よくハリ感があるため、身体のラインが出にくくスッキリ見えるのもポイント。接触冷感機能がついているため夏の暑い時期でも涼しく着用できる。


接触冷感/吸湿速乾
出典:ZOZOTOWN
アウトドアウェアの老舗"Columbia"へ別注したリラックスフィットTシャツ。ボディに、最先端の水分コントロールを備えた冷却機能"OMNI-FREEZE ZERO"、サラっとしたドライ感をキープする吸湿速乾機能"OMNIWICK"を搭載した高い機能性の素材を使用している。背面には、オレゴン州の最高峰、Mt. Hood(マウントフッド)の等高線をデザインしたグラフィックプリント。フロントには一からデザインを起こしたブランドロゴ入り刺繍のワンポイント、袖口、左裾の刺繍で程よいアクセントを加えている。アウトドア、スポーツウェアの機能性と、タウンユースに適したトレンドデザインを融合させた夏に最適なTシャツ。


接触冷感

出典:ZOZOTOWN
夏にぴったりの接触冷感を兼ね備えたベーシックTシャツ。ストレッチが効いたハリがある生地で、一枚でもさらっと着用できるのが魅力。身頃に馴染みやすいラグランスリーブやビッグシルエットも、合わせるアイテムを選ばず幅広い着まわし万能。タウンユースはもちろん、おうち時間にも重宝する!

【関連記事】
【速乾!接触冷感も】フェスやキャンプに穿きたい水陸両用ショーツ!
今季注目【進化系極太カーゴパンツ】でおしゃれ度UP!
【2022年夏流行】古着のようなヴィンテージ感がおしゃれなTシャツ!
【人気インフルエンサーも愛用中!】3300円で買えるライクアスのハーフジップTは絶対買い!

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しいコーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間
PR

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しい
コーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間

今日もお気に入りの〈ニトリ〉のボトルにコーヒーを入れ、リュックに詰めて出発── 自転車に乗って家から少し離れた公園へ。ここでコーヒーを飲みながら課題をするのが最近のルーティン。まさに僕だけの特別な時間だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ