• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2019.08.28

超特急FASHION DICTIONARY vol.20超特急カイ・リョウガ・タカシ meets WATCH

先日、全33公演10万人動員のホールツアー「BULLET TRAIN SPRING / SUMMER TOUR 2019 EUPHORIA ~Breakthrough, The Six Brave Stars~」の最終公演を沖縄で無事終え、この公演をもって47都道府県全国開通を達成した超特急。8号車にとってはその興奮冷めやらぬままチェックしてもらいたいのがFINEBOYS Online限定の『超特急FASHION DICTIONARY』! 今月のテーマは「時計」。20回目に登場するのは、カイ、リョウガ、タカシの3人だ!

BULLET TRAIN No.2 KAI 
meets Digital Watch

【Digital Watch/デジタル
時計】
いわゆる針によって時刻を示すのが「アナログ時計(タクヤ着用のシンプル3針時計もユーキ着用のダイバーズ時計もアナログ時計)」。そしてLEDや液晶を使って数字で時刻を表示するのが「デジタル時計」だ。「アナログ時計」は歯車やモーターなど緻密なパーツで繊細に構成されているのに対して、「デジタル時計」は『Gショック』を代表するように、タフネスで機能的なモデルが多い。さらにはボタン1つでディスプレイ表示を変えられるなどレイアウトの自由度が高いのも魅力。スーツを着るシーンでは「デジタル時計」はカジュアルな印象が強くなるから、コーディネートによって「アナログ時計」と「デジタル時計」をつけ替えるのがオススメだ。FINEBOYS的には、『俺は、と同じように俺は時計も"着替える"ゼ!』って人がもっともっと増えて欲しいものである。

■KAI Coordinate
ストリートスタイルがめちゃんこ似合うカイには「デジタル時計」を代表する『Gショック』をつけてもらった。ほんでもって黄色のフォトTと黒の時計とのコントラストが超クール! 着こなしはラフなのに、オシャレを成立させているカイ。やっぱすげーわ。

 
■KAI Interview

――カイは腕時計する人?
「しますね〜。何個か持っているけど、最近はビンテージのシンプルな時計をつけています。今日の撮影でつけたようなデジタルウオッチは持っていなかったから新鮮でした」

――服と同じで時計にもこだわりがあったり?
「うーん。シルバーアクセをつけることが多いから、それと合うようにシルバーの時計を選ぶことが多いかな。ブランドにはあまりこだわりがなくて、どっちかというと気にしているのはサイズ感。文字盤の大きさとかベルトの幅とか。最近の気分は小さめで華奢な時計です」

――(愛用の腕時計を確認)へー。ウィメンズくらいのサイズ感だね。

「今ハマっているアクセサリーが大ぶりのデザインばかりで。だからブレスレット感覚で付けられるくらい小さいものを、ベルトもゆるくしてサラッとつけるのが気分なんです」
NEXT

2/3PAGE

次はリョウガのミリタリー時計

 
BULLET TRAIN No.3 RYOGA 
meets Military Watch

【Military Watch/ミリタリー時計】
歴史を語り出すととてつもなく長くなるから簡潔に。本格的な「ミリタリー時計」が登場したのは第二次世界大戦からといわれていて、まさに戦時中に使われていた軍用時計のこと。代表ブランドの『タイメックス』のように、「ミリタリー時計」は文字盤がとにかく見やすい。モノによっては、インデックス(時刻を表す文字盤上の数字や目盛り)に蓄光が塗布されているものもあって、暗闇でも時刻をすぐに把握できるようにと工夫が施されている。さらには、過酷な場所や環境でも使えるように、耐圧性能が高いモデルも。現代では、その丈夫さや機能の多さから普段使い時計として浸透してるってわけ。「ミリタリー時計」のロマンは、正直男にしか理解できない……かもな。

■RYOGA Coordinate
超特急のガリガリ担当がまさかの「ミリタリー時計」をつけこなすという衝撃……カッコよくて震えるわ。しかも白Tにさらっと合わせるだけというシンプルさ。さてはリョウガは素材を生かすタイプだな。俺もマネしたいけど、マネできるかぁ……?

  
■RYOGA Interview

――リョウガはいつも時計をしてるよね。
「そうですね~、1個しか持ってないんですけど、わりといつもしてますね。時計も安定のポール・スミスです(笑)。昔はあまりしてなかったんですけど、こういう撮影とかで色々と装飾品を試させてもらい、ふと"腕に何か着けとく必要があるんじゃないか……?"と思って。3,4年前ぐらいから時計をするようになりましたね。そういえば僕、右利きなんですけど"腕時計は右腕に着ける"っていう何か変なこだわりがあるんです。きっと世の中の人は右利きなら左腕、左利きなら右腕っていうのが多いんですよね? 僕はどうも左腕に何かがあるっていうのが落ち着かなくて、ただ何となくですけど、こういう撮影以外、私服で時計をするときは必ず右腕にするようにしています」

――時計以外にアクセサリーをつけたりすることはある?
「レザーの……腕輪? いや、ブレスレットか(笑)。はバッグの中に入れてたりしますね。これを気が向いたときにつけたりとかはします。服もキレイめっぽい系統のほうが好きなので、アクセサリーとか時計もゴツい系よりはシンプルなものを選んでしまいますね」

――じゃあ"ミリタリーウォッチ"なんて新鮮なんじゃない?
「いや~本当に新鮮です! 何だろう……こういう男らしい時計は腕がたくましくないとって勝手に思っちゃってたんですけど、今してるような文字盤が薄くてシンプルなものなら僕でも着けられそう。シンプルだけど、いつもよりちょっと男っぽくなっていいんじゃないかなって思いました」


NEXT

3/3PAGE

次はタカシのクロノグラフ


BULLET TRAIN No.7 TAKASHI 
meets Chronograph

【Chronograph/クロノグラフ】
「クロノグラフ」とはストップウオッチ機能を持つ時計のこと。ギリシア語の「CHRONOS(=時間)」と「GRAPHOS(=記す)」を掛け合わせた造語といわれている。時間を測れる実用性に加え、文字盤の配列も特徴的。リューズのほかに、スタート、ストップ2つのプッシュボタン。一般的な腕時計は長短針と一緒に秒針が配置されているが、「クロノグラフ」は中央にクロノグラフ針が配置。そのため、通常の秒針は、インダイヤル(文字盤の中の小さな文字盤)に搭載されている。文字盤は若干複雑なデザインに見える、その緻密さが男ゴコロをくすぐるのだろうか、「クロノグラフ」はいつの時代でも人気のデザインだ。
■TAKASHI Coordinate

あのですね~、品のよさ&さわやかさに関してはタカシの右に出る者はおらんのですよ、ホント。ネイビーのシャツに大人っぽい「クロノグラフ」の時計合わせちゃったんでしょ~。ズルくね?ねぇ超ズルくね? 女子ウケするに決まってんじゃんかよ!

 
■TAKASHI Interview

――普段から腕時計はしてる?
「普段はあんまりつけないんですけど、昔はよくつけていました。そのときは姉からもらったお下がりとかをしていましたね。今は携帯で時間を見る習慣がついちゃったからなぁ……」

――じゃあ、今つけるとしたらどんなモデルを選ぶ?
「今日撮影でつけたみたいな、シンプルな3針時計かな。これ、けっこう気に入っています。あと、今はスマートウォッチを使っている人も多いですよね。使いこなせる自信はないけど、ちょっと気になります!」

超特急FASHION DICTIONARY vol.21は9月18日(水)! 乞うご期待!

INFORMATION

■今までの連載記事はコチラ!
超特急FASHION DICTIONARY

■超特急プロフィール
カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケ、タカシの6人からなるメインダンサー&バックボーカルグループ。現在、SBFツアー最終公演(神戸・ワールド記念ホール)と、WOWOWで生中継されたGEツアー最終公演(大阪城ホール)をYouth Ticket Series最新盤としてBlu-ray化したもの、さらに超特急の冠Web番組「ギラギラ超特急」のBlu-rayが発売中! さらに、9月21日(土)に開催される「イナズマロックフェス2019」雷神STAGEに出演が決定!

超特急オフィシャルサイト bullettrain.jp/
ホールツアーサイト http://bullettrain.jp/euphoria/

カイ/マーク ゴンザレスのTシャツ6500円(オージー)、G-SHOCKの時計1万1000円(カシオ計算機 お客様相談室) 
リョウガ/アバハウスのTシャツ7000円(アバハウス 原宿)、タイメックスの時計8300円(DKSHジャパン) 
タカシ/ステュディオスのシャツ6000円(ステュディオス原宿本店)、ウィリアムエル1985の時計2万円(エイチエムエスウォッチストア 表参道)

●撮影/杉江拓哉(TRON) スタイリング/小島竜太 ヘア&メイク/青山佑綺子(NICOLASHKA)、スギノトモユキ モデル/超特急

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。
PR

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作
男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。

そろそろ秋に向けて着こなしをアップデートしたい——。ならまずは、毎日身につける腕時計から新鮮さを足してみない? 〈ディーゼル ウォッチ〉の新作「グリフド コレクション」は武骨なディテールはもちろん服に負けない存在感も魅力。男心くすぐるこの”新顔”は絶対見逃せない! さらに、今回はこの「グリフド コレクション」の4モデルを各1名様にプレゼント。秋冬ファッションを彩る1本をぜひゲットして!

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02ロゴバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02
ロゴバッグ

シンプルなアイテムを着ていると、その反動なのかちょっと主張できるものが欲しくなるもの。それはバッグも同じ。とはいえ、主張しすぎるデザインは毎日のコーディネートに合わせるのはちょっと難しい。そんなバッグ選びの悩みに終止符を打てるのが、この〈ディーゼル〉のロゴバッグ。過度に見えないシンプルな書体、だけど地味にならない絶妙なバランス感が最高! 見逃すのはもったいない!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29

ページトップへ