• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2022.02.18

超特急FASHION DICTIONARY vol.77超特急カイ・リョウガ meets MEMBER COLOR

今まで、FINEBOYS Online連載『超特急FASHION DICTIONARY』では、たくさんのファッション用語を解説してきたわけですが! ココにきて、このテーマをやっていな~い!!!ってことに気付きました(8号車のみなさん、すみません)! そうです、我らが超特急のメンバーカラーです! 改めて5人のカラーってどんな役割があるのか気になりますよね?? まずはじめはカイとリョウガだよ。

BULLET TRAIN No.2 KAI
BLUE

【Blue/ブルー
ガガーリンが「地球は青かった」と語るように、青い海、青い空、大自然を連想させるのが「ブルー」。安心・信頼・誠実・知性など好印象なイメージがあることからも、よく企業のロゴやマークの色に使われることが多い。世界的に見ても人気が高いカラーで、ファッションアイテムで取り入れても好感度は抜群にイイ。さわやかさや清潔感などをアピールしたいときは、「ブルー」に頼るのが手っ取り早い!

■KAI Coordinate
ブルーのパーカ姿がなんとも神々しいぃぃぃッ! カジュアルな服のはずなのに、上品な色の効果×カイの神秘的な雰囲気がケミストリーすると、こんなにも美しいんですねぇ~。「素敵です……♥」あぶね、あぶね、思わず告るとこやったわ。

 

■KAI Interview
──メンバーカラーを意識してファッションに取り入れることってある?
「仕事スイッチが入っちゃうから、プライベートで着ることはあまりないかもしれません。メンバーカラーだから買うって事もないし……逆にメンバーカラーだからこそ、ブルーの服は私服では避けているかも(笑)。僕が唯一着る”ブルー”と言ったら、デニムくらいですね!」

──ブルーはカイにとってお仕事カラーなんだね(笑)
「そうですね。でも名前がKAIだし、海の色ってイメージがあるからぴったりな気がします。あとは、さわやかで好感度が高い印象だから、ファッションにも取り入れやすいと思う。ちなみに、メンバーカラーを決めるとき、いきなりユーキから”オレンジとブルーならどっちがいい?”って連絡が来たんですよ。自分がオレンジのイメージが湧かなかったから”じゃあブルーで”って。もしかしたらオレンジになっていた未来もあったかも(笑)」

──ちなみに、カイがこの冬に注目しているカラーはある?
「白です! どうしても冬ってコーディネートが暗くなりますよね。黒以外のアウターを着ればいいんですけど、僕は個人的に、ベージュやキャメルの服ってもっと歳を重ねてからのほうがカッコよく着こなせる気がしていて。なのでどうしても黒を選びがちなんですよね。大学生くらいの男子も、つい黒を選んでしまうって人は多いと思う。だから、そんなときはアウターからチラッと見えるインナーを白にして、明るさを足すのが気分です。毎年そうだけど、冬はとくに明るい色を取り入れたくなりますね」

NEXT

2/2PAGE

リョウガの紫

 

BULLET TRAIN No.3 RYOGA
PURPLE 

【PURPLE/パープル
高級感があって華麗な印象がある「紫」は、ジュエリーや高級化粧品などの広告に使われることが多く、美意識の高さを打ち出せる色。しかし、一方で赤と青が共存していることから、高貴と下品、神秘と不安など二面性を持つ色でもある。つまり、ファッションアイテムで取り入れるときは、自分に似合う「紫」を探すことが大事。「紫」は、好き嫌いがはっきり分かれる色ではあるけれど、一度この魅力にハマると"沼"になるぞ!

■RYOGA Coordinate
リョウガの言動はいつもどことなく気品があって、それが全然嫌みじゃなくて憧れなんです。つまり何が言いたいかというと、メンバーカラーの「紫」がすっごく合ってるなーって。しかも「紫」ってけっこう難しいカラーだけど、リョウガは超得意だもんね。

 

■RYOGA Interview
──普段、買い物するときはメンバーカラーを意識してる? 
「慣れ親しんだ色なので、見つけたらつい手に取っちゃうってことはやっぱりあるかもしれません! 無意識にパープルのアイテムが集まっていますね。それこそ、8号車のみんなからいただくプレゼントでも、パープルのグッズが多いです。話が逸れちゃうけど、ガリガリ担当ってことでガイコツのアイテムをもらうことも多いんですよ(笑)」 

──パープルを身につけるときはどんな風に取り入れているの? 
「ソックスでさりげなく差し色にするのが好きです。あっ!忘れていたけど、今日はパンツがパープルでした(笑)」 

──今日のパーカーが主役のムラサキコーデはどう? 
「パープルのものって案外少ないんですよ。例えば衣装で、メンバーカラーのシューズを用意するって事になって探していただいても、パープルだけ見つからなかったり。なので、気に入ったパープルのアイテムがあるとテンション上がっちゃいますね。パーカーって上級者なイメージがあるアイテムじゃないと思うけど、これに関しては袖がレイヤードしているようなインパクトのあるデザインでおもしろい! あったかいし動きやすいし、パーフェクト! 白や黒などのベーシックな色ならまたイメージが違ったと思うけど、大人っぽくて落ち着いてるのに印象が強いパープルだから、単なるカジュアルで終わらないコーデになったかな?と思います!」 

超特急FASHION DICTIONARY vol.78は2月28日(月)! 乞うご期待!

INFORMATION

■今までの連載記事はコチラ!
超特急FASHION DICTIONARY

■超特急プロフィール
カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシの5人からなるメインダンサー&バックボーカルグループ。ニューアルバム『Dance Dance Dance』が発売中! また、2022年4月より、デビュー10周年を記念した全国ホールツアー「BULLET TRAIN 10th Anniversary Tour 2022『Progress』」を開催予定!

■超特急10周年特設サイト bullettrain.jp/10th-Anniversary/

■超特急オフィシャルサイト bullettrain.jp/

■衣装クレジット
カイ/ニューバランスのパーカ8250円(ニューバランス ジャパンお客様相談室)、その他スタイリスト私物
リョウガ/ディジェンダーのパーカ2万6400円(シアン PR)、その他スタイリスト私物

●文/渡辺 愛 撮影/杉江拓哉(TRON) スタイリング/小島竜太 ヘア&メイク/菅井彩佳、スギノトモユキ(NICOLASHKA)

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ