• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2018.08.18

FINEBOYS9月号「古着特集」動画つき連動企画 vol.3デニムの見分け方。

FINEBOYS9月号で特集した「古着が難しいと感じる10の理由とそれを解決するための10の秘策」。この企画で紹介したなかでも、古着を着るうえで難しいと感じる項目をさらに徹底的に解説する。動画つきでかなりわかりやすいから、これを見れば古着デビューも目前だ! 今回でラストとなるvol.3では、古着の定番アイテムであるデニムパンツの選び方について。

[古着が難しいと感じる理由]
デニムの数が多すぎて選べない
初心者でも古着と言えばデニムを連想するだろう。どこのお店でもズラーッとラックにかけられている絵が思い浮かんでくる。これでは買い物に行ったときに迷ってしまうのは確実。どの1本が正解なのか、しっかりと見極めるポイントを押さえておきたい。ここではそんな悩みを抱える古着初心者へ、古着のデニム選びで失敗しない2つのポイントをレクチャー!

カルバン・クライン ジーンズの1本。色落ちも少なく、古着の風合いをさらっと醸す。古着のデニムパンツ7500円(ベランダ青山)

■初心者でも失敗しないデニム選びのポイントとは?
デニム選びで注意すべき点は2つ! 1つ目はパンツのサイズ感が自分の足に合うかということ。もう1つは、色落ちの状態がコーデに取り入れやすい塩梅かどうかということ。この2つのポイントを押さえることが鍵となる! そこで、古着のプロに動画でわかりやすく説明してもらったから、チェックしてみて!

[教えてくれるのはこの人!]

アイビー、ワーク、ミリタリーという王道古着が充実。さらに、ヨーロッパの古着でもほかの店では焦点の当たっていないマニアックなセレクトまでを仕入れるベランダ青山。同店でバイヤーとして活躍する岡本さんにデニムの選び方について教えてもらった。


デニム選びのポイント
①パンツのサイズ感
古着のデニムパンツは、同じサイズ表記でも年代やブランドによってサイズ感がまったく違う。なので、試着は必ずしておくことをオススメする。それに裾上げをしてしまうのは古着のデニムパンツではナンセンス。古着特有の裾のアタリ(擦れた跡)が取れてしまう。

②色落ち具合
極度の色落ちやダメージが強すぎるものは、コーデに入れたときを想像して、避けておくのが得策。それに着こなしの中でも浮かない適度な色落ちの1本なら、長くはき続けられる状態のよいデニムだと言える!

■状態のよいデニムパンツをしっかりと見つけ出そう!
デニム選びで注意する2つのポイントは確実に抑えてもらいたい。そこをしっかりと見極めながら、数多くあるデニムの中から自分に合うものを見つけ出そう。そうして掘り出した1本なら自然と愛着も湧いてくる!
 

細みのシルエットが美しい。古着のデニムパンツ5700円(サンタモニカ渋谷店)

腿まわりの色落ちがキレイに出ている。古着のデニムパンツ7800円(シブヤ"T")

男らしいワーク感が漂う。古着のデニムパンツ1万2800円(ベルベルジン)

状態もコスパもよいこの1本はリーバイスの501。古着のデニムパンツ3900円(スラット本店)

 

初心者でも失敗しない古着のデニムパンツの選び方は理解できた? 古着のなかでも定番アイテムであるがゆえ、間違いない1本を選び抜いてもらいたい。そして、vol.1~3にわたってお届けしてきた動画連動の古着初心者企画もこれにて終了。この全3回の連載をしっかりと押さえるだけでも古着デビューはとても近くなる!

INFORMATION

※掲載されている商品はすでに売れてしまっている可能性がございます。

●サンタモニカ渋谷店
TEL:03-3462-1984

●シブヤ″T″
TEL:03-3464-5177

●スラット本店
TEL:03-5913-8470

●ベランダ青山
TEL:03-6450-6572

●ベルベルジン
TEL:03-3401-4666

●撮影/榎本洋輔 スタイリング/金井尚也

専属モデル、杉野遥亮とニュースなディーゼルロゴバッグ
PR

専属モデル、杉野遥亮とニュースなディーゼル
ロゴバッグ

専属モデルの杉野遥亮がディーゼルのアイコニックなアイテムを着こなす、この連載。今回登場するのはバッグ。〈ディーゼル〉ならブランドロゴを大胆に使用したシリーズがかなりオススメだ。リュック、ウエストポーチなどさまざまなバリエーションがそろってる!

汗対策にはアベイルの好印象Tシャツが効く!美意識高い男子が実践すべきさわやかコーデ!
PR

汗対策にはアベイルの好印象Tシャツが効く!
美意識高い男子が実践すべきさわやかコーデ!

電車のホームを小走りすると汗ばむ陽気。暑い日が訪れるようになりTシャツの出番は夏を待っていられない。Tシャツといえばデザインはもちろんだけど、清潔感が大事なボクらにとっては、汗染みも気になったりするもの。そこで、そんなボクらにうってつけのTシャツをアベイルで見つけた。デザイン、機能、プライス、3拍子そろったコスパの高い美意識高めのアイテムで、汗ばむ春夏を涼しげなコーデで回避しよう!

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2018春夏
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.13

ページトップへ