• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.07.02

イケてるヘアを作る美容師ってどんな人? vol.14美容師名鑑<fifth(フィフス)・堀 雄大さん>

ヘアスタイル連載「人気美容師に聞く!モテ髪理論」と連動して、勢いのある美容師にインタビューする「イケてるヘアを作る人ってどんな人?美容師名鑑」。第14回目は、原宿の人気店・fifth(フィフス)から堀 雄大さんが登場。FINEBOYSの別冊ヘアカタログにもスタイルが掲載されるなど、今注目のスタイリスト。加えて男から見ても憧れてしまうスタイリッシュな佇まいときた。おしゃれなヘアスタイルはおしゃれな美容師さんにおまかせしたい!ということで、今回は彼の人となりにクローズアップ。

■fifth(フィフス)・堀 雄大さん
FINEBOYSヘアカタログでもおなじみ、原宿の人気サロン・フィフスのスタイリスト。ニュアンスのあるパーマやトレンドのセンターパートなど、雰囲気のあるヘアスタイルをナチュラルに落とし込むのが得意。趣味は山登りをはじめとするアウトドア。富士山にも6回登頂経験があるとか!

■このヘアを作った人!

人気美容師に聞く!モテ理論」では、センターパートをベースに、ナチュラルなクセ毛風スタイルを提案。ほどよいラフさと品のよさが融合したハンサムなショートヘアは、女子からの好感度もバッチリ!

■人気美容師・堀 雄大さんにインタビュー
100%ではなく120%の満足度を目指す

―――原宿の人気サロン・フィフスに在籍する堀さん。美容師を志したきっかけは、中学時代に遡る。

「中学1年のころ、地元の美容院に初めて行ったときに”あ、僕将来美容師になるな”って直感で思ったんです。最初のインパクトがすごく大きくて。ヘアスタイルやファッションには、当時からずっと興味を持っていました。高校生のころは、厳しい校則に抗いながら髪で遊んだりもしてましたね(笑)。そのころは雑誌文化が盛んだったこともあり、誌面からオシャレについていろいろ勉強していました。もちろんFINEBOYSさんも読んでいましたよ」

―――初めての美容院で受けた直感を信じ、専門学校へと進学。晴れて美容師に。

「美容学生のときは、夜間部だったので夕方から学校に行って、夜勤のバイトに入って、朝方家に帰って寝て……っていう昼夜逆転の生活をしていました。でもそれが大変だったかというとそうでもなくて、困ったのは美容師1年目。朝早い生活に慣れるまでが一苦労でした。日中はずっと眠かったです(笑)。美容学生時代は学校に友達がたくさんいたので、勉強や実践練習は苦ではなかったですね。同じ志を持つ仲間の存在は大きかったです」

―――インタビュー中も自然体な堀さんは、施術中の姿勢もフラットに見える。フィフスに活動の場を変えてから、まだ1年目というから驚きだ。

「店長がもともと知り合いで、前のサロンにいたときに一緒にやらないかと誘ってもらったのがきっかけです。オーナーが僕らの意見を聞いてくれる人で、チャレンジさせてもらえる環境に惹かれました。例えばこのトリートメントがいいから導入したい、とか、この撮影を受けさせてほしい、とか。FINEBOYSさんのヘアカタログにスタイルを掲載していただいたのも、入って1カ月目くらいのことだったと思います(笑)。まだフィフスにきて1年目ですが、”堀さんに任せてよかった”と言ってもらえたり、ずっと美容院を転々としていた方が、”初めて通いたいと思った”と言ってくれたときはとてもうれしいですね。たくさんの美容室があって、そこからさらにたくさんの美容師がいる中で、やはり有り難いことだと思います」

―――日々のサロンワークでは、どんなことを心がけているのだろう?

「お客さまの意見をないがしろにせず、自分の意見を押し付けないこと。お客さまの要望や意見をまずは受け入れて、そこにプラスαで提案することを心がけています。お客さまからの”こうしたいんです”に100%ではなく、希望以上の120%で返すことができたらいいなと。限られた時間の中ではありますが、その中でお客さまとしっかり相談しあって、納得してもらえるヘアを一緒に作っていきたいと思っています」 

好きなブランドはマルジェラ、ギャルソン、パタゴニアなど。キレイめ、モード、アウトドアが好きなんです。今日は、美容師っぽくラフな感じ。THE・アウトドアな日もあったり、いろいろなテイストを楽しむようにしています。ファッションの情報源はインスタグラムなどのSNSと、あとはレディースの雑誌も参考になるので読んでいます。

マックパックのリュックが休みの日の相棒。アウトドアが趣味で、月1くらいで山登りや自然の中でのアクティビティをしています。日本は山の宝庫なので、行きたいところがどんどん出てくるんです。

 

―――得意な施術はパーマだという堀さん。さらにもう1つ、推しているヘアがあるそうだ。

「僕のお客さまは20歳から30歳くらいの男性が主なのですが、パーマヘアをリクエストしてくれる方が多いですね。あと、最近はセンターパートを推しています。僕自身の髪型もずっとそうなので、身をもってオススメしやすいんです(笑)。センターパートはスタイリングも簡単で、楽にキマりますよ!」

―――FINEBOYS読者とも世代が近い彼に、連載にちなんで独自の”モテ理論”を聞いてみた。

「ヘアスタイルだったら、ややフェミニンで中性的なヘアがモテるのではと思います。最近はコスメ男子もどんどん多くなってきて、男子も自分でメイクすることが普通になってきているので。ヘアスタイルにも、そういったジェンダーレスな流れがきているなと思っています。内面は……え〜なんだろうな……優しさと、あとはちょっとズルいやつがモテる気がします! 具体的には……女の子に求められていることを、サラッと言えちゃうお喋り上手な男子とか。僕のまわりではそういう人がモテている気がしますね(笑)」
「フィフスの魅力は、お客さまが自然体で過ごせる空気感。お客さまからも”緊張しない”という声をよくいただきます。美容院選びに悩んでいる方は、ぜひ一度髪を切りにきてください!」

ーーーーーーーー
■堀 雄大さんが考案したモテ髪はコチラ


INFORMATION

fifth(フィフス)
東京都渋谷区神宮前6-15-14 ガーデンスクエア原宿3F

営:11:00~20:00(火・木)、11:00〜21:00(水)、10:00〜20:00(土)、10:00〜20:00(土)、10:00〜19:00(日・祝)
休:月曜

TEL:03-5766-0552
URL:fifth-5.com

「人気美容師に聞く!モテ髪理論」過去回はこちら!

撮影/榎本洋輔 モデル/田島桜太

存在感のある手元は〈ディーゼル ウォッチ〉の新作で半ソデコーデに"映える" 個性派デジタル、登場!
PR

存在感のある手元は〈ディーゼル ウォッチ〉の新作で
半ソデコーデに"映える" 個性派デジタル、登場!

身に纏うアイテムが減る夏は、小物に気合いを入れたいところ。〈ディーゼル ウォッチ〉の’90s スポーツコレクションは、ベルトのビンテージロゴとメカニックなデジタル顔が特徴。半ソデから伸びる手元を、3 針時計にはないインパクトで大胆&軽快に彩ってくれる!

存在感のある手元は〈ディーゼル ウォッチ〉の新作で半ソデコーデに"映える" 個性派デジタル、登場!
PR

存在感のある手元は〈ディーゼル ウォッチ〉の新作で
半ソデコーデに"映える" 個性派デジタル、登場!

身に纏うアイテムが減る夏は、小物に気合いを入れたいところ。〈ディーゼル ウォッチ〉の’90s スポーツコレクションは、ベルトのビンテージロゴとメカニックなデジタル顔が特徴。半ソデから伸びる手元を、3 針時計にはないインパクトで大胆&軽快に彩ってくれる!

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2018春夏

ページトップへ