• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2018.09.20

イケてるヘアを作る美容師ってどんな人? vol.6美容師名鑑<grico(グリコ)・宮永えいとさん>

ヘア連載「人気美容師に聞く!モテ髪理論」と連動して、気になる人気美容師にインタビューするこの企画。第6回目は、原宿の有名店grico(グリコ)から宮永えいとさんが登場。サロンワークはもちろん雑誌撮影からヘアショー、セミナーまで多方面で活躍中の彼は、いったいどんな人なのだろう?

■grico(グリコ)・宮永えいとさん
姉妹店TORA by grico(トラ バイ グリコ)の店長を経て、現在はグリコのマネージャー。サロンワークに限らず、ヘアショーからセミナー、美容業界紙からファッション誌まで、さまざまな方面で活躍。現在は美容学生向けオンラインサロン"マルチバーススクール"も手がける。

■このヘアを作った人!
連載「モテ髪理論」では、ゆれる前髪がセクシーなアップバングヘアを提案。
つくり込みすぎないヌケ感のあるスタイルで、自然体な色気を表現した。
人気美容師に聞く!モテ髪理論vol.6を読む

■人気美容師・宮永さんにインタビュー

お客さまは十人十色
だからこそ自分がカメレオンに

―――学生時代はファッション誌やストリートスナップのモデルとしても活躍していた宮永さん。美容師を志したきっかけとは?

「中学・高校時代は進学校に通って勉強ばかりしていました。当たり前のようにいい大学に行こうとしていたのですが、将来を考えたときに、ものを作る仕事がしたいと思ったんです。母親は出版関係、親父はグラフィック関係の仕事をしていたので、少なからず影響を受けたのかもしれません。そこで美大に入ろうと思ったのですが、美大もまずは予備校に通わないといけない。中学も高校も受験して、さすがにそれはもう嫌だなと思ってしまって」

―――机上の学習ばかりの毎日から脱したい。そんなとき、彼を美容師へと導いたのはインターネットだった。

「僕はもともとネットの住人で、今でいう2chみたいな掲示板にたくさん友達がいました。そこで中学3年くらいからファッションについてアレコレ語り合うようになって。そこで美容師さんに出会ったんです。美容業界のリアルな話を聞いていくうちに自然と影響を受けて、高校2年の頃には美容師になろうと思っていました。グリコには専門学校を卒業したあとすぐに入社して、今年で9年目です」

―――新店舗であるトラ バイ グリコの店長を経験し、現在はグリコのマネージャーに。有名店の人気美容師として注目される彼は、ある俳優から得たヒントをサロンワークで生かしていた。

「僕が一番かっこいいと思う人ってキムタク(木村拓哉)なんです。だけどあの完璧なキムタクでも、10人のうち2人くらいは"そんなに……"という人がいる。でもその2人に聞いてみたら、"ドラマのヒーローのときはあんまりだけど、プライドのときは好きかも"って、役によって好き嫌いが変わることもあるって気づいたんです。人によって、相手に好感を持つポイントがそれぞれ違うんだなと。なので僕の接客の仕方は、10人に対して10通り、自分の色を変えていくカメレオンのようなスタイル。僕、1分くらいあればお客さまにフィットするキャラがわかるんです。なので、人によって笑い方や声のトーンを変えて接客しています。ちなみに今は、インタビュー用の声のトーンです(笑)」

「仕事中はスキニーパンツをはくことが多いです。モデルハントのときに第一印象をいかによくするかで試行錯誤した経験から、今でもファッションは少し中性的なスタイルをすることが多いです」

「お店には自転車通勤。かれこれもう3台くらい盗まれてしまっていて、これは4台目になります(笑)」

―――そんな宮永さんが、仕事を通して感じるやりがいや喜びとは?

「お客さまが、自分の大事な人を僕に紹介してくれることが一番うれしいです。本気でお客さまと向き合うと、その人の恋人や家族といった本当に大事な人を紹介してくれるんです。紹介ってされる方ももちろんですが、する方も勇気がいるじゃないですか。紹介して、もし僕が失敗したらお客さん同士の信頼関係にも関わってきますし。それでも自分のお客さまが大切な人をサロンに連れて来てくれたときは、本当にうれしいですね」

―――最後に、自身が考える"モテ"に大事なことについて聞いてみた。

「エロさですね。僕はメンズをカットするとき、誰に対しても外さない共通のテーマがこれなんです。男の人が一番、"あ、俺イケてるな"と感じる瞬間って、お風呂から出たときだと思うんですよね。いわゆる濡れ髪、乱れ髪というやつです。そのときの"俺、イケてるな"という気持ちを鏡の前でも引き出してあげられるように、カットでも色気はとくに意識しています」


「グリコは"家族"がテーマ。僕がグリコに入ったきっかけも、この言葉に惹かれたからなんです。お客さまって、血の繋がった家族よりも会う頻度が高かったりするんですよね。なので、実の家族以上に顔を合わせている人は、もう家族じゃん!というのがこのサロンの考え方。僕らにとってお客さまは大切な家族なんです」

ーーーーーーーー
■宮永さんが考案したモテ髪はコチラ

INFORMATION

grico(グリコ)
東京都渋谷区神宮前6-14-12 モード・エス 2F
営:11:00~21:00(日10:00〜20:00
休:なし
TEL:03-6427-9062
URL:http://grico-h.com/

撮影/榎本洋輔 モデル/夏目三五