• twitter
  • instagram
SEARCH

BEAUTY- ビューティ -

2018.08.16

人気美容師に聞く!モテ髪理論 vol.6grico(グリコ)・宮永えいと/媚びない色気のアップバングヘア

人気美容師が、独自の観点から考案した”モテ髪”を紹介する本連載。第6回目は、原宿の有名店grico(グリコ)にて勤務する宮永えいとさんが登場。自然にゆれる前髪がセクシーなアップバングヘアなら、"セットしてます感"がニガテなナチュラル志向女子からの「イイね♥」も叶うはず!

grico(グリコ)・宮永えいとさん考案
【媚びない色気のアップバングヘア】

 

自然体な色気を表現したマッシュベースのアップバングヘア。毛流れやツヤ感をあえて作り込まないことで、ヌケ感のあるスタイルに仕上げている。

<side1>

<back>

<side2>

 
ベースは刈り上げ甘めのマッシュスタイル。
上げた前髪は下ろすとシャープなマッシュバングに変化する2wayスタイルで、
気分やシチュエーションによって簡単にヘアチェンジが楽しめるのもうれしい。

【ヘアデータ】
髪質:軟らかい、硬い 髪量:多い、少ない
クセ:あり、なし 顔型:逆三角形、面長、ベース、丸

■ここがグリコ流!
モテ髪POINT

その1:顔まわりの毛束やセミウエットな質感がセクシーさを演出
その2:ストリートからモードまで、幅広いファッションにマッチ
その3:つくり込みすぎず、かといって手抜きでもない絶妙なオシャレ感

スタイリング方法

■使用するスタイリング剤

ナカノ  モデニカ ナチュラルJ
ゼリーのようなみずみずしいジェルで、うるおいのある質感を表現。ウェットすぎずナチュラルなツヤを作り出す。

 

使うスタイリング剤の量は、親指の第一関節を目安に

その1:ドライヤーで前髪の根元に風を当て、アップバングに

その2:スタイリング剤を全体に散らし、揉み込んでいく

その3:揉み込んだ際にできた毛束の固まりを指で割く

 

■動画でもっとわかりやすく!


このモテ髪を作ってくれた
グリコ・宮永さんってこんな人

姉妹店トラ バイ グリコの店長を経て、現在はグリコのマネージャーを務める。サロンワークに限らず、ヘアショーからセミナー、美容業界紙からファッション誌まで、さまざまな方面で活躍中。
●Instagram @tora_eito
●HOT PEPPER Beauty https://beauty.hotpepper.jp/slnH000167654/stylist/T000095294/

■読者プレゼント
FINEBOYS Onlineの記事を見たと伝えた新規の方10%OFF
(他クーポンとの併用不可)

INFORMATION

grico(グリコ)
東京都渋谷区神宮前6-14-12 モード・エス 2F
営:11:00~21:00(日10:00〜20:00
休:なし
TEL:03-6427-9062
URL:http://grico-h.com/


撮影/榎本洋輔 モデル/夏目三五

専属モデル、杉野遥亮とニュースなディーゼルロゴバッグ
PR

専属モデル、杉野遥亮とニュースなディーゼル
ロゴバッグ

専属モデルの杉野遥亮がディーゼルのアイコニックなアイテムを着こなす、この連載。今回登場するのはバッグ。〈ディーゼル〉ならブランドロゴを大胆に使用したシリーズがかなりオススメだ。リュック、ウエストポーチなどさまざまなバリエーションがそろってる!

汗対策にはアベイルの好印象Tシャツが効く!美意識高い男子が実践すべきさわやかコーデ!
PR

汗対策にはアベイルの好印象Tシャツが効く!
美意識高い男子が実践すべきさわやかコーデ!

電車のホームを小走りすると汗ばむ陽気。暑い日が訪れるようになりTシャツの出番は夏を待っていられない。Tシャツといえばデザインはもちろんだけど、清潔感が大事なボクらにとっては、汗染みも気になったりするもの。そこで、そんなボクらにうってつけのTシャツをアベイルで見つけた。デザイン、機能、プライス、3拍子そろったコスパの高い美意識高めのアイテムで、汗ばむ春夏を涼しげなコーデで回避しよう!

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2018春夏
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.13

ページトップへ