• twitter
  • instagram
SEARCH

LIFE STYLE- ライフスタイル -

2019.07.06

アーバンリサーチ柳堀佑太さんに聞いた!心のマイベストTシャツ3選

思い入れがあり、ずっと大切にしているTシャツ。そんな心のマイベストTシャツを、〈アーバンリサーチ〉のプレス柳堀佑太さんに取材した。Tシャツ1枚1枚に込められたストーリーは見逃し厳禁! コレを読めばキミもずっと大切にしたいTシャツを見つけたいと思うはず。さぁ一緒にその中身に潜入していこう!

PROFILE

柳堀佑太さん
物腰が柔らかく、丁寧な応対に定評のある柳堀さん。10代のころは保育士を目指して大学に進学。就活で迷った結果、好きだった服の道を選択し、アーバンリサーチでプレスを担当。それではそんな柳堀さんの心のマイベストTシャツを見ていこう!

01
ナスングワムのプリントTシャツは
大学生時代に通いつめていたお店の逸品です

「ナスングワムのTシャツは大学生時代、月に1回は欠かさず通っていた個人経営のセレクトショップで購入。約8000円だったと思います。当時、『Tシャツにしては少し高いな』と思ったものの、ヘンプ混素材やフロッキープリントのデザインに惹かれました。そうとう着込んだことで生地が柔らかくなり、着心地がとてもいいので10年経った今でもたまに袖を通しています。はじめてTシャツにある程度お金をかけたことや、好きだったショップのことを思い出すので、捨てられず大事にしています」

02
ダニエラ マリベルの刺しゅうTは
世界に1枚だけ!

「このTシャツは、少し離れた親戚の刺しゅうアーティスト、ダニエラ マリベルさんが東京で個展を行っていた際、無地Tに刺しゅうを施してもらいました。Tシャツの右サイドにデザインを施してほしいというイメージだけお伝えしましたね。完成したTシャツを見たらイメージ通りの仕上がりで、気持ちが高揚したのを思えています。世界に1枚だけの特別感のあるTシャツなのですごく気に入っています! それに、周囲と被らないというのもポイントです」

03
藍染めで復活させた
かぐれのリメイクT

「最後はかぐれのリメイクTの話です。すごく好きで着倒していた白Tが汚れてしまい、なんとかしてまた着たいと考えていたんです。捨てられないほど気に入っていたんですよ。そんなとき、かぐれが藍染め体験イベントを行っていて『コレだ!』とひらめきました。藍染めすれば汚れが目立ちませんからね。すぐにお店に入って自分で染めて復活させました。色に少しムラがあるのですが、それも‟アジ”ってことで(笑)。大好きなTシャツこそ、リメイクしてでも何年も着ていたいんです」

お気に入りのTシャツこそ、何年も大事に着たい。そんな柳堀さんの想いがひしひしと伝わってきた。Tシャツをリメイクして特別感のある1枚に仕上げるのも、おもしろいかもしれない!

そのほかのオシャレ業界の私物Tシャツ記事がこちら!
ビームス前田太志さんに聞いた!10年以上大事にしているTシャツ×3
オーシャントーキョー高木琢也さんが溺愛しているTシャツ独占スクープ!
ディーゼル桑野宏一郎さんの私物Tシャツがオシャレすぎる件

●撮影/田中利幸
※掲載ブランド、価格は自己申告によるものです。ブランドへの問い合わせはご遠慮ください

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。
PR

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作
男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。

そろそろ秋に向けて着こなしをアップデートしたい——。ならまずは、毎日身につける腕時計から新鮮さを足してみない? 〈ディーゼル ウォッチ〉の新作「グリフド コレクション」は武骨なディテールはもちろん服に負けない存在感も魅力。男心くすぐるこの”新顔”は絶対見逃せない! さらに、今回はこの「グリフド コレクション」の4モデルを各1名様にプレゼント。秋冬ファッションを彩る1本をぜひゲットして!

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02ロゴバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02
ロゴバッグ

シンプルなアイテムを着ていると、その反動なのかちょっと主張できるものが欲しくなるもの。それはバッグも同じ。とはいえ、主張しすぎるデザインは毎日のコーディネートに合わせるのはちょっと難しい。そんなバッグ選びの悩みに終止符を打てるのが、この〈ディーゼル〉のロゴバッグ。過度に見えないシンプルな書体、だけど地味にならない絶妙なバランス感が最高! 見逃すのはもったいない!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29

ページトップへ