• twitter
  • instagram
SEARCH

LIFE STYLE- ライフスタイル -

2019.07.05

ディーゼル桑野宏一郎さんの私物Tシャツがオシャレすぎる件

夏のコーデと聞いて真っ先に思い浮かべるのが、Tシャツを使ったスタイルだと思う。完全に夏コーデとして定着しているアイテムだけに、オシャレ業界人はどんなTシャツを選んでいるのだろう? ということで、人気ブランド<ディーゼル>のプレス桑野宏一郎さんに、お気に入りのTシャツを聞いてきた。早速チェックしていこう!

PROFILE

桑野宏一郎さん
エッジーでデザイン性豊かなアイテムがそろうイタリア発の人気ブランド・ディーゼルの敏腕プレス。Tシャツはグラフィックものがメインだが、無地ならプロクラブを買い足し愛用中とのこと。それではそんな桑野さんのお気に入りのTシャツ3枚を見ていこう。

01
インソムニアのプリントTは
友人が始めたブランドの希少アイテムです

「10年来の友人がこのデザインを起こしているところから話は聞いていて、出来上がったときにいただきました。ブランド名のインソムニアは直訳すると〝不眠症〞。ブルース・リーの映画『死亡遊戯』からインスピレーションを受けて〝不眠遊戯〞。寝ないで遊ぶから、バックのプリントはブルース・リーの目が充血しているんです。気に入っているポイントは、やはりバックのグラフィックですね。僕的にかなりハマったので、大切に着ています。1枚で着ることもあるし、ロンTに重ねたりもします。グラフィックは鮮やかで印象的だけど、思いのほか汎用性も高くて〝使える〞ところもいいんですよね。でも、普段使いっていうよりはスペシャルな夜遊び仕様って感じです(笑)」

「映画『死亡遊戯』からインスピレーションを得て〝不眠遊戯〞。寝ないで遊んで、だから目が充血しているんです(笑)」

02
デジタル・アンダーグラウンドのプリントTは
海外で見つけた好きなアーティストの逸品

「7〜8年前にニューヨークに遊びに行ったときに、ブルックリンの日用品を売っている大きなお店で見つけたTシャツです。ヒップホップグループなんですけど、ファンク色が強く、その音楽性のファンだったデジタル・アンダーグラウンドの『ThisIs an Ep』のジャケットをそのままプリントしたデザインにひと目ぼれしました。しかもすごく安かったんです。3000円しないくらいで購入しました。見たことのないデザインだったし、偽物感満載だったことも気に入ったポイントですね(笑)。クタクタになるまで着倒そうと思っているTシャツです。この夏は、太めのスラックスに合わせて、タックインして、あえてキレイに着ると、グラフィックとの差が出ていいかなと思っています」

03
思い出に浸れる
ディーゼル×ビッグビーチのコラボT

「超人気DJのファットボーイ・スリムもプレイした2011年ビッグビーチフェスティバル(幕張海浜公園で開催)とディーゼルがコラボしたTシャツ。当時27歳でした。ディーゼルで働き始めて3年目くらいだったと思います。まだショップで働いていました。当時の先輩に後日いただいたんですけど、背中の部分にさりげなくディーゼルの音楽プロジェクト、ディーゼルユーミュージックとビッグビーチフェスティバルのロゴが入っているので、その当時を思い出すTシャツですね。フロントにあるファットボーイ・スリムのロゴにも心躍ります(笑)。着るというよりは思い出として持っていたいというか、Tシャツを整理したときに『懐かしいな』って、写真を見返すような感覚に近い1枚ですね」

「首元後ろにはビッグビーチフェスティバルとディーゼルユーミュージックの懐かしいロゴが入っています」

桑野さんのハイセンスなTシャツ選びをお手本にしたい! 遊び心があって、ずっと大事にしたといえるTシャツを今から探してみよう。

そのほかのオシャレ業界人の私物Tシャツ記事がこちら!
ビームス前田太志さんに聞いた!10年以上大事にしているTシャツ×3
オーシャントーキョー高木琢也さんが溺愛しているTシャツ独占スクープ!

●撮影/伊藤恵一
※掲載ブランド、価格は自己申告によるものです。ブランドへの問い合わせはご遠慮ください

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04ナイロンバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04
ナイロンバッグ

大学の通学用にしろ、友達と遊ぶ用にしろ、使い勝手や合わせやすさを考えると黒などのシンプルなバッグが正解。だけど、その中にもこだわりを持ってバッグを選びたい人も多い。そこでオススメなのが〈ディーゼル〉のナイロンバッグ。高級感のあるツヤッとした質感に、ミリタリーを思わせるディテールが何とも男らしい。シワになりにくく汚れもつきにくい、さらに軽くて丈夫とあって文句のつけどころがない!

<ディーゼル オン> meets 中川大志ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ
PR

<ディーゼル オン> meets 中川大志
ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ

ディーゼルの時計は、一目でそのブランドだとわかるユニークかつファッショナブルなデザインが特徴。今回の新作「AXIAL SMARTWATCH(アクシアル スマートウォッチ)」も、例に漏れずディーゼルらしさが随所に表現された注目モデルだ。タッチスクリーン式のアニメーションダイヤルやファッショナブルなデザインは、まさに”次世代”を感じさせる佇まい。数多くの話題作に出演し、同じく”次世代”を担う俳優として活躍を見せる中川大志がつけこなす。

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ